めざせ50代からサブ3、そしてその向こうへ

単身赴任生活を機に52歳からメタボ対策でマラソンに挑戦。 2年5ヶ月でサブ3、さらに1年後サブ55を達成。 59歳の今、忍び寄る老化と闘いながら、どこまで行くのか...

レース記録

第14回日立さくらロードレース

昨日ちょっと書いたように、第14回日立さくらロードレースに参加してきた。

4月20日のかすみがうらマラソンに向けた調整レースという位置付けだ。

「さくらロードレース」と銘打っているのは日立市のさくら祭りの行事のひとつとして開催されるからで、
折しも日立駅前の平和通りのさくらが満開。

IMG_0824R


仙台からは高速バスでいわき経由で。
いわきと言えば、昨年2月、30年ぶりのフルデビューを飾った想い出の地だが、
今年は何と大雪で中止、ハワイアンの大露天風呂にだけ入ってきたという
ちょっと曰く因縁のある場所だ。


それはさて置き、日立では前泊。日立駅の真ん前の東横インだ。
スタート、ゴールとも駅前なのでこんな便利なことはない。

スタート前は肌寒く小雨もぱらついたが、スタート40分前までホテルの部屋で着替えを済ませ待機。
30分前にチェックアウト、荷物をフロントに預けて歩いて2分でスタート地点へ。

スタート地点近くの側道で軽くアップをしているうちに15分前の10kmがスタート。
道路が空いて、やおらハーフの選手たちが並び始めると、何と前から数列目に陣取ることが出来てしまった。

一応予想タイムの看板が出ているものの1時間30分以内というかなり雑なスタート管理。
ちょっと前過ぎたかな?とは思ったものの、何もズルをしている訳ではない
と自分に言い聞かせているうちにスタート時間が。

スタート十秒ほど前にスターター(日立市長?)が間違って号砲を鳴らすというハプニングがあったものの、
幸い誰もフライイングを犯すことなく再度の号砲で桜のトンネルを一斉にスタート。


数百メートルの桜並木を一旦山側に向かい、2度目の交差点左折を経て
日立の市街地を海側へ向かって緩やかに下っていく。

日立の工場を右に見ながら、海のすぐ手前2km地点を右折して海岸沿いの南下コースへ。

あくまで「かすみがうら」の調整レースなので4分15秒/kmを基準に、
とややセーブしたつもりだったが、ここまで4'11" - 3'57" とややハイペース。

ここからの南下コースはアップダウンが結構あると事前に調べてはいたが、
片道4kmほどのうちに高低差20mほどの坂の上り下りを3回×2。

実際、上り下りが連続するのは結構キツイ。

最初の折り返し少し手前の5kmのラップは20'36"。
ここまでそんなに無理はしていないつもりだったが、まだちょっと早過ぎか。


折り返して同じ道路を今度は北上。
さすがに登りではかなり息が上がってややペースも落ち着いてきた。

日立バイパスに出る手前の10km地点までの5kmは21'01"。
まあいいペースだ。

さあ、ここからは海上を行く日立バイパス。

IMG_0240

心配していた海風も弱い向かい風が吹く程度。
ほぼフラットな海の上の直線コースをひたすら北上していく。

4'13"~15"のペースを維持しながら、海上コースは再び陸地へ。
15km手前でバイパスから一旦外れて日立市の中央卸売市場の敷地内周回コースへと入っていく。

市場への進入道路はちょっとした上り下りがあって、市場内の周回コースもイマイチ気分が乗らない。
自分的にはこの辺が一番キツかった。

市場内の15km地点での5kmラップは21'08"。

再びバイパスに出て、一旦北に向って数百メートルの緩い坂を上り切ると2度目の折り返し。

さあ、あとはゴールに向かって帰るだけ。
海の上に出るまでの緩い下りも相俟って俄然元気が戻ってきた。

IMG_0244

海上コースでは軽い追い風で脚も軽く感じるようになって、4'06"前後までペースが上がった。

気持ちよく前を行くランナーを捕らえては抜いていく。


再び陸上に戻る直前、20kmまでの5kmのラップは20'39"。

そして最後の400mからは上り坂。

最後はちょっとキツかったものの、少し余力を残してのゴール。


グロス 1:28'05"、ネット1:27'59。
平均ペースは4'10"。

12月の足立フレンドリーマラソンより1分ほど遅かったものの、
2月のいわきの中止もあって1月下旬の東京30K以来
約2ヶ月半ぶりの調整レースとしては上々の結果。


これで2週間後の「かすみがうら」の目標ペース、4'20"~25"の目処はほぼ立ったかなという感じ。

4'20"ペースで最後まで粘り切れれば3時間3分弱。
30km過ぎからの落ち込みを4'30"程度までで我慢出来れば3時間5分程度、という計算だ。


そう計算どおりには行かないだろうが、少なくとも今回は収穫の多い日立遠征だった。




【本日の走行距離】
  0km (休足日)

【今月の走行距離】
  46.2km






かすみがうら 速報

かすみがうら、ゴールしました。

ネット3:04'50"

PBを4分半ほど更新、目標タイム達成です。


ただ課題というか、反省多し。
初志貫徹できずオーバーペース、最後はバタバタでした。

やっぱりサブ3は遠し。

今晩、じっくり振り返ります。

かすみがうら 振り返り 1

かすみがうらが終わった。


今シーズン、つくばで大幅にPBを更新し、サブ3.1達成。

2月のいわきが大雪でキャン¥セルになり、期せずしてシーズン2度目のフル。
そしてシーズン最後の勝負レースでもあったこの大会。


昨日まで、4'20"~25"で初志貫徹、サブ3は狙わないと繰り返し宣言したにもかかわらず、いざ走り出してみると実に快調。自分としてはセーブしているつもりでも軽く4分10秒台前半が出てしまう。


(以下、EPSON SF-710のネット計時)

 1.00 km  0:04'20"  0:04'20"            
 2.00 km  0:08'27"  0:04'06"          
 3.00 km  0:12'43"  0:04'16"      
 4.00 km  0:16'55"  0:04'11"          
 5.00 km  0:21'11"  0:04'15"  

Aブロックからのスタートは、約20秒のロスで、スタートライン通過後もしばらくは遅いランナーに進路を塞がれながら。スタート直ぐの常磐線のガードをスイスイ越えて、3km手前の長い上り坂も難なくクリア。

この辺で、ちょっと早いかなと思いながらも、ン?何か楽だな?これだったらサブ3ペース(4'15")でもひょっとしたらイケるかも?との悪魔の誘惑が...

今日の天気は、スタート時の気温が8度前後。曇りで風も弱く4月下旬としては絶好のコンディション。
こんな好条件はそうザラにないんだし、快調だからちょっと頑張ってみようか、とあっさりとレースプランを変更。

サブ3ペースの4'15"ペースでしばらく行ってみようということになってしまった。
         
 6.00 km  0:25'23"  0:04'12"           
 7.00 km  0:29'39"  0:04'15"
 8.00 km  0:33'49"  0:04'10"
 9.00 km  0:38'05"  0:04'15"
 10.00 km 0:42'17"  0:04'12" 

7km付近の2回目の常磐線ガードも再び楽々通過。すこぶる快調で、ついつい4'10"切りまでペースが上がってしまうのをむしろやや抑え気味で進む。


 11.00 km 0:46'29"  0:04'11"
 12.00 km 0:50'44"  0:04'15"
 13.00 km 0:54'58"  0:04'13" 
 14.00 km 0:59'11"  0:04'12"
 15.00 km 1:03'20"  0:04'09"  

15km付近で初めての長い下り坂。
ここまで僅かずつながらサブ3の貯金を作りながらのペース。
14km地点で全体のほぼ1/3を通過。グロスでも若干貯金が出来始めたかな?などと頭で計算しながら通過。


 16.00 km 1:07'41"  0:04'20"
 17.00 km 1:11'58"  0:04'16"
 18.00 km 1:16'13"  0:04'14"
 19.00 km 1:20'28"  0:04'14"
 20.00 km 1:24'44"  0:04'15" 

15km付近から、このコース2度目の長いダラダラの上り坂。
ここで初めてサブ3ペースをオーバー。

この辺りから4'15"ペースの維持が若干負担に感じ始めた。
それでも、2週前の日立でのハーフの時に比べればだいぶ余裕があるので、まだまだ大丈夫という感じ。

 
 21.00 km 1:28'58"  0:04'13"
 22.00 km 1:33'04"  0:04'05"
 23.00 km 1:37'13"  0:04'09"
 24.00 km 1:41'28"  0:04'14" 
 25.00 km 1:45'38"  0:04'10"

公式ハーフ地点の通過が手元のウォッチ(ネット)で1:29'40"前後。グロスでほぼきっかりサブ3ペースだ。
手許のGPSウォッチとの誤差が広がりつつあり公式距離表示は30秒強ほどプラス。

ハーフを過ぎた辺りから今日2度目の長い下り坂。そして22km付近で折り返しだ。
折り返し前後で、サブ3ペースの維持を確実なものにしようともう一度気合を入れ直す。

折り返してからは霞ヶ浦の湖岸に並行したフラットなコースが続く。
道も細くなり、小さなカーブも結構多くなる。


 26.00 km 1:49'55"  0:04'17"
 27.00 km 1:54'06"  0:04'10"
 28.00 km 1:58'19"  0:04'12"
 29.00 km 2:02'41"  0:04'21"
 30.00 km 2:07'02"  0:04'20" 

27~28km辺りで、おそらくサブ3ギリだと自覚しているであろう数人~10人程度の集団が形成された。
この集団に何とかついて行こうと頭では分かっているのだが、だんだんと足が重くなり、息も徐々に上がり始めた。

数km地点から前後しながらずっとほぼ一緒に走ってきたランナー達だ。
数メートル先を越されたと思ったら、ジリジリと差が開き始めた。

そしていよいよ30kmを通過。
GPSとの誤差が1分ほどに広がり、公式30kmでは手許のウォッチ(ネット)でちょうど2:08'00"。
この時点で、4'16"ペース、つまりサブ3ギリのペースだと、苦しさで思考力が低下し始めていた頭の中で自覚した。


 31.00 km 2:11'16"  0:04'14"
 32.00 km 2:15'44"  0:04'28"
 33.00 km 2:20'10"  0:04'25"
 34.00 km 2:24'42"  0:04'31"
 35.00 km 2:29'19"  0:04'36" 

何とか頑張ろうと頭では分かっているのだが、なかなか足が前に出ない。
31km過ぎの給水地点で、ポケットに入れていたアミノ酸サプリの小袋を取り出そうとして手間取っているうちに何とか後をついて行こうとしていたサブ3ギリ集団から一気に離されてしまった。

この時点で今日のレースは終わってしまった。
見る見るペースが落ちていく。

何とか当初の計算内の4'30"で留めようとするが、もう一杯一杯だ。


 36.00 km 2:33'57"  0:04'38"
 37.00 km 2:38'36"  0:04'38"
 38.00 km 2:43'28"  0:04'51"
 39.00 km 2:48'22"  0:04'54"
 40.00 km 2:53'15"  0:04'52" 

35km辺りからはもう限界だ、という意識とともに、まだまだペースが落ちそうだという危機感から朦朧とし始めている頭の中で、ゴールタイムの計算が始まった。

1km当たりサブ3ペースから30秒遅れとして3時間3分前後、5分近くまで落ちれば3時間5分前後か?という計算が頭の中をグルグル回る。

同時に、何で初志貫徹でもっと抑えておかなかった、という後悔の念も。

そして何とか40km地点(公式)まで辿りついた時には2時間54分を過ぎていた。
残りキロ5分としても何とか目標の範囲内だ、と気持ちを奮い立たせるが、どうにも足が前に出ない。

 
41.00 km 2:58'10"  0:04'55"
 42.00 km 3:03'04"  0:04'53"
 42.37 km 3:04'50"  0:01'46

40kmを過ぎてからの2.195kmがなんと長かったことか。
これまで過去3回のフルでは、多少の落ち込みはあったにしてもほぼイーブンペースで最後まで押し切ってきた。
最後の数キロはどんどん気持ちよく前を行くランナーを抜き去ってゴールしてきたのだが、今回は完全に抜き去られる側に廻ってしまった。

周りのランナーの多くは私と同じようにサブ3を狙って最後に力尽きたとおぼしき人達がほとんどだったが、その中でも取分け遅い部類で本当に惨めだった。


そして最後はホントにバタバタで何とかゴール。

ネットタイムでギリギリ目標の3:05'を切ることが出来、つくばでのPBを4分半近く詰めることができたのだが、サブ3がの壁はやはり厚いということを再認識させられる本当に情けないレースとなってしまった。


次回、頭を冷やしてじっくりとレースの分析をしてみようと思う。




【本日の走行距離】
  42.195km

【タイム】
  3:04'50"

【平均ペース】
  4'23"/km

【今月の走行距離】
  189.9km



かすみがうら 振り返り 2

かすみがうら での終盤の大失速。


30km過ぎまでは快調にサブ3ペースながら、そこからズルズルと遅れ始め、最後はバタバタで何とかゴール。

レース前日にわざわざ4'20"~25"のレースプランを再確認したにも関わらず、サブ3挑戦への衝動を抑え切れず、結果はPBを4分半近く更新も32km過ぎから見事に撃沈。

あ~、やってしまった、何と意思が弱いのか...

と落ち込んで横浜まで常磐線鈍行に揺られ戻ってきたのだが、一晩頭を冷やして、いや決して今回のチャレンジはムダではなかったのだ、と思い直した


仮に4'20"~25"で走っていたとしたら、おそらく今回のような無残な失速はなかったかもしれない。
終盤の多少の落ち込みがあったにせよ4'30"以内のペースを維持してゴールしていればおそらく実際の結果と同じか、やや早いタイムでゴール出来ていただろうとは思うものの、あくまでタラレバであって、その通りになった保証は全くない。


一方、プランどおりに3時間3分台で余裕残しでゴールしていたとしよう。

たぶん、メッチャ悔しいだろうに違いない。
なんでサブ3を狙わなかったのか、と。



その意味で、果たしてどっちが良かったのか、と考えてみる。


今回の実際の結果はメッチャ悔しい。


自分の実力はそんなものだ、と走る前から頭の中では分かってはいたものの、いざ大失速をやらかしてみると、如何に自分が甘かったのかが痛いほど身体に沁みて惨めな気持ちにさえなった。そして次のつくばではこの悔しさをバネに絶対にリベンジしてやろうと、いう想いで一杯だ。


他方、仮に抑えたペースで前後半イーブンで3:03'でゴールしていたとしよう。
おそらく、完璧なレース運びだっただろう。
ゴール前数キロでは、サブ3狙いで刀折れ矢の尽きた連中を次々と気持ち良く抜き去っていたに違いない。
そして次のつくばでは絶対にサブ3達成だ、と確信しただろう。

でも、その結果に果たして満足出来るのか?


結局のところ、サブ3達成が大目標である限り、それが達成できなかったという現実がある以上は、そのプロセス(過程)がどうであれ満足など出来る筈がないのだ。


今回走る前には、サブ3はどう考えても今の自分の実力では無理なので、来シーズン達成への自信をつけて終わりたい、という考えだった。
それはそれで来シーズンに向けての堅実な戦略だ、ということは間違いないのだが、今の自分自身にとっての課題は何か、というよりは、このまま順調に頑張ればいずれはサブ3だ、とある種の慢心を抱かせる結果になっていたかもしれない。


次へのアプローチとしては180度違う。


別の表現で言えば、目標未達であることには何の違いも無いのだが、「まだまだ」と見るか「もうすぐ」と見るかの違いだ。


今回の結果のどちらが果たして正解だったのか、なんてことは誰にも分かりはしない。
済んだことの結果はともかく、この先起きるであろう将来の結果なんて神のみぞ知る世界だ。


重要なのはその時どきの気の持ちようであって、少なくとも今回の結果は、次に向けてのモチベーションという意味では明らかな違いがある。(これも人によって違うかも知れないが)


次のつくばに向けての課題は、今回のレースで明確になった。

要はサブ3ペースで42kmを走り抜く持久力がまだまだ不足しているのだ。
一方、スピードの方はほぼ目処が立ったと言って差し支えないだろう。


11月下旬のつくばまでの約半年、参加レースはある程度心に決めている。

 5月  仙台国際ハーフ(確定)
 6月  いわて銀河チャレンジ100km(確定)
 7月  AOMORI(ハーフ・未定)
 8月  未定(おそらくなし)
 9月  田沢湖(フル・未定)
 10月 松島ハーフ(未定)
 11月 前沢(30k・未定)

特に夏場のレースに関しては、それぞれ漠然とモチベーション維持ということを第一目的と考えていたが、今回、モチベーションという意味では一切気にする必要がなくなった。
それぞれのレースで目的、課題を決めて、前後のトレーニング、はたまた休養も含めて心して取り組まなければと思っている。


ここまで書けば「結論」(あくまで今時点の気持ちに過ぎないが)は明らかだ。


とにかく、サブ3達成が最大目標である以上、やっぱりサブ3に果敢にチャレンジして正解だったのだ。

前を向いて何が何でも頑張ろうという強い気持ちを確たるものにした、という意味で。





【本日の走行距離】
  0.0km (休足)

【今月の走行距離】
  189.9km




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

仙台国際ハーフマラソン速報

仙台国際ハーフマラソンの速報!


レースを終えて、明日東京で仕事があるため、今日の報告は東北新幹線の車中から。



結果は、1時間27分台半ば(ネット)。



昨年暮れの足立フレンドリーのPBには30秒ほど及ばなかったものの、今回のヒザ痛の経緯などを考えれば上出来。


やや抑え気味で入り、途中4km過ぎで一瞬右ヒザ外側がグキッとなってヒヤリとしたものの、全く痛みはなく何ともなかったのでそのままで。しかし、オーバーペースには気を付けながらほんの気持ち控え目でレースを続け、最後までほぼイーブンペースでゴール。

ゴール後、多少ヒザ痛はあるが、この程度は想定の範囲内で数日中には収まりそうだ。


image




詳しいレポートは次回に。




【本日の走行距離】
21.1km

【平均ペース】
4'09"/km

【今月の走行距離】
111.4km




ご来訪ありがとうございます。
 ↓宜しければクリっと応援お願いします。

 
にほんブログ村

仙台国際ハーフマラソンを振り返る~メンタルの重要性を痛感

2度目の仙台ハーフ。


去年は結構肌寒かったけど、今年は一転暑い中でのレースに。
暑いとは言っても、仙台の最高気温は11時過ぎの21.5度だったので、思ったほど大したことはなかったようだ。

日差しが強かったが、適度に風も吹いて湿度が低くカラッとしていたのでコンディションとしてはそんなに悪くなかったと思う。


B-Dブロックは、スタート1時間前に待機場所で一旦整列してスタート地点へ移動開始。

地元開催ということもあって緊張感無くついついのんびりと出掛けたものだから、待機場所に着いたのは整列誘導開始の10分ほど前。整列を促すアナウンスを聴き慌ててウィンドブレーカーなどを脱ぎ、急いで荷物を預けて整列(汗;)。
速攻で急いだ甲斐があって結果的にはBブロックの前から7-8列目に陣取ることが出来た。

スタート15分ほど前になって、Bブロック最前列にやおら猫ひろし登場。
カンボジア代表は陸連登録出来ないってことのようだが、伴走カメラが密着して、明らかに特別扱い。
まあ、それは全然構わないのだが、フル2時間半で走れるくらい早いんだし、どうせなら招待選手か何かでAブロックの前の方から走らせてあげればいいのに。


そうこうしているうちに10時5分スタート。


(以下、1kmラップはEpson SF-710S、5kmラップは主催者速報値)

【0~5kmラップ】
      - 0 km    0'22"   
        1 km    4'21"
        2 km    4'05"
        3 km    3'58"
        4 km    4'10"
        5 km    4'00" 
      (5kmラップ  20'48")


スタートロスは22秒。

仙台ハーフのAブロックは公認記録フル3時間40分、ハーフ1時間40分の制限があるので、スタートラインを越えるとさすがに流れは良い。

最初の1kmだけは多少前が詰まることもあって4'21"掛かったが、そこから先はばらけてマイペースで走れるようになった。


仙台ハーフ・コースマップ


仙台のコースは前半の定禅寺通り市役所前7.7kmの折り返しまでが上り、そして2度目の折り返し17.6kmまでが下り。最大高低差が38.8mあるが、前半は上りと言っても本当にきついのは仙台城跡の高低差10mの坂だけ。あとはダラダラでまだ元気なうちなのでほとんど問題ない。

むしろ後半に10kmにわたって下り基調が続くので、15kmと20kmの陸橋の往復を除けば結構スピードが出せるコース設定だ。



流れが良くなって坂を登りきった2km手前付近からは一時平坦になるため、無意識にペースが上がりキロ3分台に。

ちょっと不味いかなと自重しながら仙台の街を南北に貫く東二番町通りへ。
片道4車線の大通りは、ほとんど気がつかない程だが緩やかに上っている。

ここで一旦4'10"に落ち着いたが、青葉通りを左折して若葉の葉陰が心地よいケヤキ並木に入ったと思った矢先に、道路のちょっとした凹凸にステップが流れたのか右ヒザ外側が一瞬グキッとなった。

ほとんど気になるほどの「グキ」ではないのだが、ちょっとヒヤリとした。直後にほんの少しだけ引っ掛かるような感覚があったが、特に痛みが出た訳でもなく、直ぐに何ともなくなったのでそのままのペースで先へ。


広瀬川に架かる大橋へ向かって300mほどの下りがあるが、何も無ければここで一気にペースが上がるところだが、やや自重して歩幅をあまり広げずにピッチだけ早めて下り切った。

最初の5kmのラップは20'48"。

スタート直後の混雑と上り坂を考えればキロ4'10"のペースは上出来だ。



【5~10kmラップ】
        6 km    4'10" 
        7 km    4'12"
        8 km    4'00" 
        9 km    4'01" 
      10 km    4'08" 
     (5kmラップ  20'43")


広瀬川を渡って青葉城跡の坂に差し掛かった。
高低差は約10mほどだが、まだ元気なのでさほどペースを落とすことなく一気に駆け上がる。

6kmポイントまで一旦平坦になるが、仙台二高前を右折、広瀬通りに。
ここから再度広瀬川を渡る仲之瀬橋は西公園に向かって緩やかな上り。

仙台二高から西公園に掛けてはホームコースの一部で何百回と走り慣れたコースなのだが、広々とした車道を走るのは何とも不思議な気分だ。


西公園から定禅寺通りへと入っていくのが7km地点。
このコースの最高点だ。

上り基調のこの2kmを4'10"程度でまとめ、いよいよ仙台ハーフで最も盛り上がる定禅寺通りへ。


別名「杜の都ハーフ」を象徴する片道約700mのケヤキ並木。
4列のケヤキの大木が並び、まだ芽吹いて間もないすがすがしい若葉のトンネルだ。

中央分離帯のプロムナードでは、仙台すずめ踊り、青森ねぶた、秋田竿灯などのお囃子がランナーを盛り上げる。沿道の人出も多く、葉陰の涼しさもあって自然と元気が湧いてくる。

7.7km地点の仙台市役所前で折り返し、定禅寺通りを引き返していくこの2kmは、 4'00"、4'01"とペースが上がった。 


そして、ここから10kmかけてダラダラと38mを下る。

当然普通であれば、さあ、ここからペースを上げるぞ、と自然に意欲が湧いてくるところだが、初めから気持ちが守りに入っているからか身体の方がイマイチ動こうとしない。いくら下りとは言っても4分少々のペースなのでそれなりに負荷はある訳で、まだ先もあるし少し楽に下って体力を温存しよう、という気持ちになってしまったようだ。

こうなると普通なら何ともない息苦しさも苦痛になる。
前のランナーに絶対に離されないぞ、とか抜かれたランナーに何とか食いついて行こう、といつもは思うのだが、今回は、「お先にどうぞ」という気持ちが先に立ってしまう。

この気持ちの差が如実に数字に表れてしまった。


【10~15kmラップ】
        11 km    4'12" 
        12 km    4'11"
        13 km    4'02" 
        14 km    4'03" 
        15 km    4'02" 
     (5kmラップ  20'42")


コンスタントにダラダラと下りが始まるのは9km付近から。
ラップで言えば10kmのラップからがこれに当たるが、何と逆に遅くなっているではないか!

定禅寺通りの4'00"前後から4'08"~4'12"へと10秒前後も落ち込んでいる。

10km地点ではQちゃんのハイタッチがあったりで、普通なら3分台に上がっても不思議ではないのに、何と上りの時よりも遅い!


12~13kmにはっきりと分かる下りがあるので、さすがにここでは4'02"に上がっている。

そしてスタート、ゴール地点の陸上競技場の周回道路に入った辺りから、さすがに楽をし過ぎたからか前のランナーが遅く感じ始めた。よし、あと8kmだしそろそろギアを上げるか、と思ったのがこの辺だ。

数字にもこの気持ちの変化がはっきりと表れて、ここから4分ひと桁前半がしばらく続くことになる。


【15~20kmラップ】
        16 km    4'07" 
        17 km    4'02"
        18 km    4'04" 
        19 km    4'10" 
        20 km    4'13" 
     (5kmラップ  20'48")

15km過ぎの陸橋の上りを除いて、18km手前の2度目の折り返しまでほぼこのペースがずっと維持されている。

因みに、東の海側に向かって走るこの区間、コンスタントに爽やかな海風をほぼ正面から受けながら走っているのだが、ペースはほとんど落ちていない。15kmの陸橋を過ぎて以降は下りはほぼ終わって平坦なコースなのだが...


そして再度折り返して最後の3km。

風は追い風に変わり、いよいよペースが上がっておかしくないのだが、ここでゴールタイムを計算してしまったのが良くなかったようだ。

18km地点で、残り3kmと97.5m。時計を見て頭の中で4分×3=12分、残り12分30秒程度と計算してみたらどう見てもPBを30秒ほどオーバーしているではないか。

この時点でさあ、あと3km頑張ろう、という気持ちがスっと引いてしまったようだ。


こうなると気持ちが後ろ向きになって、苦しいことばかりが頭に浮かんでくる。
20km付近の陸橋のことが気になって、体力を温存しようという気持ちが働く。

さすがに陸橋を越えて残り1kmとなった辺りからは俄然元気になり、前のランナーをスイスイ抜いて、最後の1.1kmの上がりは4'24"。


ゴールではさすがに苦しかったが、まあ、若干の余力残しではあった。
ヒザの方も終わって若干の違和感は感じたが、この程度はどうってことないレベルだ。




最後に、全体の総括。

終わってから、Runnet のランナーズアップデートで5kmごとのラップを見て驚いた。


20'48" → 20'43" → 20'42" → 20'48"


何と最大で6秒しか違わない。ほぼ完全なイーブンペース!!


そしてエプソンのGPSデータをアップロードして1kmごとのラップを確認すると、既に書いたように下りや追い風の方が遅い。


「気の持ちよう」が実に如実に表れたレース結果だった。


ヒザ痛で無理をするまい、という気持ちが必要以上に下り坂や追い風の場面で勝ってしまったようだ。

また最後の上がり3kmで、余力残しにもかかわらずPB更新という目標を失った瞬間からペースが落ちてしまっている。



今回は、ヒザ痛を抱えて臨んだだけに、結果自体には充分満足している。

そして、マラソンレースにメンタルが占める割合が如何に大きいか、またそのコントロールが如何に大切かを痛感した、実際のタイム以上に収穫の多いレースだったように思う。



最後に、写真を一枚。


Qちゃん

Qちゃん、9500人とのハイタッチ、そして最後の最後のランナーのゴールまで付き合って、ホントにご苦労さまでした。


(おまけ)
 猫ひろし  1時間14分05秒   速っ!!





【本日の走行距離】
  0.0km 
  
【今月の走行距離】
  111.4km




ご来訪ありがとうございます。
 ↓宜しければクリっと応援お願いします。

 
にほんブログ村

速報 いわて銀河100kmチャレンジマラソン

いわて銀河100kmチャレンジマラソン、ゴールしました。

image


完走でアーリーエントリー2000円キャッシュバックも。

サブ10への挑戦は70kmで終わってしまいましたが、何とか完走。
100kmの厳しさを嫌という程味わいましたが、故障持ちにもかかわらず無事いいところまで走れたことには、そして何より完走出来たことは大満足です。

これでまた新しい目標も出来ました。

詳しくは改めて振り返ります。


どうも応援ありがとうございました。

これから鶯宿温泉に入りに行きます。








【本日の走行距離】
  100.0km 

【タイム】
  10:49'

【平均ペース】
  6'30"/km 

【今月の走行距離】
  140.9km







ご来訪ありがとうございます。

↓宜しければクリっと応援お願いします。




にほんブログ村

いわて銀河100km 振り返り1

いわて銀河100kmを終えて、今日は東京出張のあと横浜の自宅。

それにしても、こんな筋肉痛は2年ほど前に走り始めて最初に5km走った後より酷い、恐らく生涯で最大のダメージじゃないかと思う。

何とか歩けるものの、トボトボと脚の悪い婆さん並み。階段の上り下りは手摺が無いとかなりキツく、椅子に座るのにも手で支えないと、という状況。

腰から下の筋肉という筋肉が全てカチカチで、よくぞこんな状態になるまで走り続けられたものだと自分でも呆れるほど。


ただ、今のところ致命的に傷めたようなところはなさそうで、これまでも疲労が蓄積していた右臀部と右ヒザ裏が一番シコってはいるものの、しっかり休めば何とかなるだろうという感じ。

レース後、ゴール会場で500円で整体師にマッサージしてもらったが、一番痛みがあった臀部は中臀筋とのこと。
ランナーにはよくある筋肉痛で何か特に問題になるようなものでは無いと聞いてひと安心。

とにかく、これから2週間ほどはランオフにして回復に専念するつもり。

と言っても、少なくとも3〜4日は走るどころではないけれど・・・




さて、今日から3〜4回程度に分けていわて銀河100kmを振り返ってみる。


まず、前夜祭からスタートまで。



前日の午後2時半過ぎに新幹線で北上に到着。
どっとランナーとおぼしき人達が降り立った。


駅近くのホテルにチェックイン、荷物だけ置いてすぐ近くの受付、前夜祭会場へ。


受付でゼッケンやパンフを受け取り、すぐ隣の体育館で始まった前夜祭へ。


image


弁当や缶ビールなどが配られ雑然とした雰囲気の中で、大会委員長やらの挨拶が始まっていた。
普通のマラソン大会の前夜祭ともちょっと違う独特の雰囲気だ。


image


さすが東北らしく岩手の銘酒がずらり。
これも普通のマラソン大会らしくないが、これもギリギリ仕上げてスタート早々から目一杯で臨むフルマラソンあたりとは相当違う雰囲気だ。


そうこうしていると、東日本大震災以来恒例になっているらしいが、ダイスケ花子と若手の吉本芸人たちが登場。

image


吉本の若手芸人たちは同時開催の100kmリレーに出走するとのこと。


雑然とした雰囲気のまま、1時間半ほどで前夜祭は終了。

北上駅のキオスクで、前夜祭では足りなかった夕食と翌早朝の朝食を調達。

ホテルに戻って、ゼッケンのセットや、66.5kmのレストステーション行きの補充食などを用意。

夜8時過ぎに床に就いた。


眠れるか心配だったが、このところの「時差調整」が功を奏してすぐに眠ることが出来た。


と思ったら10時過ぎに一旦目が覚めてしまった。


これは不味い、このまま眠れなくなるのかと一瞬焦ってしまったが、幸い、トイレに寄ってベッドに戻ったらすぐに眠ることが出来、事なきを得た。


そして午前1時に起床。

睡眠時間は5時間。これならまずまずだ。


ウェアは長袖のコンプレッションを着るべきか最後まで迷ったが、最後はホテルの窓を開けて体感で決定。小雨がパラついてややヒンヤリとしていたので、500m超の山越えのことも考慮して、長袖を着ることにした。


なお、結果的にだが、長袖の選択はそれなりに正解。
勿論ランシャツ一枚の人も少なくなかったが、結構な数のランナーが雨が止んだ後も穴を開けたビニール袋をかぶったままのランナーが結構いた。

全レースを通して寒すぎず暑すぎすで、午前中の峠まで雨模様、峠を越えてからは曇空。気温はずっと安定していたので、どちらでも好みでOKだったという感じだろうか。


北上駅前から出るシャトルバスで北上総合運動公園へ。


image


到着時はまだ真っ暗だったが、バスを降り立ったランナー達が続々と。


image


競技場内はランナーでごった返しでいたが、みんな結構和気あいあいで、これもフルのちょっとピリっとした感じとはだいぶ違った雰囲気だった。

なお、これ以降の写真はスマホを雨対策の透明のビニール袋に入れたままで撮っているので、かなり不鮮明だが、どうかご容赦を。


スタート30分前頃から少しずつ空が白みはじめてきた。


image


スタート15分ほど前にスタート地点に集合。
すんなりと前から10mほどの位置へ。

ダイスケ花子が再び登場。緊張する暇もないままにスタート時間が迫ってきた。


スターターは、達増岩手県知事。

image


すっかり明るくなり始めた午前4時、スタートの号砲が鳴った。


早くも前置きだけで随分長くなってしまったが、100kmの本編は次回以降で。







【本日の走行距離】
  0.0km 

【今月の走行距離】
  140.9km






ご来訪ありがとうございます。

↓宜しければクリっと応援お願いします。




にほんブログ村



いわて銀河100km 振り返り2

いわて銀河100kmから2日。

まだ酷い筋肉痛が続いている。
駅の階段は手摺りがないと辛いし、一旦椅子に座って関節が固まってしまうと、立ち上がる時に力が入らず、肘掛けなどに手をつかないと立ち上がれない。

今晩も東京出張で横浜の自宅だが、ほんの少しはましになっては来たものの、まだまだ動きはポンコツロボットのようだ。




さて、いわて銀河100kmの振り返り その2。




午前4時に北上総合運動公園のトラックをスタート。
最初の約4km、ランナーがバラけるまでは運動公園内の周回コースを走る。


スタートとほぼ同時にパラパラと雨が降り始めたので、ウエストポーチに用意していたビニール袋を頭から被る。
1km走ってペースは5'26"。少し早いので、回りを先に行かせる。

ちょうど2kmほど走ったところで、細心の注意を払って走っていたはずなのに、いつもの右ヒザ裏外側にピーンと軽い痛みが走った。


エ~ッ!もう来てしまったか?!


直後にGPSウォッチが5'17"/kmを計時。

しまった、まだ速過ぎたか!

と焦ったが、幸い軽い刺激程度だったので、ウォームアップが足りていなかったのだろうと気を取り直し、もう一度ペースを落として様子を見た。

その後は、タイツの膝の内側が常に当たるように意識してやや内股気味になるように心がけたところ、その後幸いにもいつもの「局所的な痛み」はぶり返すことはなかった。


約4kmで運動公園に別れを告げて田畑の中を走る一本道の田舎道へ。雨も小降りになったのでビニール袋を脱ぎ、ウエストポーチのベルトに挟んでその後しばらく走った。

距離  スプリット  5kmラップ (1km平均ラップ)
5km   27'28"    27'28"   (5'30"/km) 

10km  55'29"    28'01"   (5'36"/km) 


10km過ぎまではひたすら西に向かってほぼ平坦で単調な道が続いたか、そこから先、一旦下って川を渡った12km付近からは進路を徐々に北に変えながら上りに。

4~5kmで100mあまり上るちょっとした峠道に入るが、まだ元気なうちなのでそれほどペースを落とすことなく上り切った。
この辺りで、少し右脚と右臀部が少し重いような感覚が出始めたが、そんなに気になる程ではない。

15km  1:23'35"   28'06"   (5'37"/km)


この後、20km過ぎまでは、上った分の約100mを一気に下る。

この時点ではまだ右足にさほど違和感がある訳では無かったが、下りでは無意識に脚送りが慎重になる。
どんどんと後続に抜かれていくが、敢えて無理せず5分台半ばから前半程度で抑えて走る。

20km  1:50'42"  27'07"   (5'25"/km)



20km付近で、北上から横手に向かう国道107号線を横切る。
ここが100kmのコースで唯一、信号ストップがある場所だが、幸いタイミング良くほんの2,3秒のストップでGO。


再びごく緩い上り基調になるが、ほとんど気になるほどではない。
そして28km付近から再び緩い下り基調に。

12km~20km過ぎの上り下りと同様、上りで前のランナーを抜いて、下りで抜かれていくパターン。


35kmから先の峠道、「銀河なめとこライン」は以前の鉛温泉下見RUNで大体イメージが分かっていたので、逆にそこまでの道のりが実際の距離以上に長く感じられた。


25km  2:18'31"  27'49"  (5'34"/km)

30km  2:46'45"  28'14"  (5'39"/km)

35km  3:14'27"  27'42"  (5'32"/km)



そして、ようやく35.4km地点、「銀河なめとこライン」の入り口へ。

image



ここから57.5kmまで、いわて銀河100kmチャレンジマラソンの最大の難所、標高差450mの上りが始まる。

この時点でまだ全行程の1/3強。しかもこれからが本当の難所というのに、徐々に徐々に右脚と右臀部が重くなり始めている。

果たして峠を無事越えられるだろうか、と不安を抱きつつ、35.4kmのエイドで若干長めにストップ。
しっかりとシャリ玉、バナナ、梅干でエネルギーを補給し、意を決してなめとこラインの上り坂に向けて走り出した。


まだこの先、最低2回に分けないとゴールにたどり着けそうもないが、懲りずにお付き合いを。



今日のところはここまでにして、強張った筋肉のマッサージ。

明日は仙台に戻る予定だが、果たしてどの程度まで筋肉痛が収まることやら。







【本日の走行距離】
  0.0km 

【今月の走行距離】
  140.9km







ご来訪ありがとうございます。

↓宜しければクリっと応援お願いします。




にほんブログ村

いわて銀河100km 振り返り3

100km完走から3日。


ようやく平坦なら人並みのスピードで歩けるようになったが、まだ歩きがぎこちない。
相変わらず、階段や椅子はまだ苦痛が伴う。

やはり右ヒザ裏が一番痛むが、両脚ともヒザから下全体がむくんだようにパンパンの状態。マッサージはやっているものの張りが広範囲なので全然足りていない感じ。
家族の手前、そればっかりやっている訳にもいかないので。

今日午後には仙台に戻るので、一人になれば思う存分専念出来るが...





さて、いわて銀河100kmの続き。

今日は35.4km地点から。


既に一度試走した銀河なめとこラインの前半部分に入り、勝手が分かっていることもあって、未知のコースのこれまでと違って順調に距離が積み上がっていく。

この坂がどこまで続くのか見当もつかない、ということが無いだけで、随分と気持ちに余裕が出る。



9kmあまりダラダラと上って、先日の鉛温泉藤三旅館前を通過。

image


雨が降ったり止んだりなので、ビニール袋越しの画像で不鮮明だが、この辺まで来るとランナーもばらけて、かなり間隔も開いてくる。


 距離   スプリット  5kmラップ (1km平均ラップ)
40km   3:43'45"    29'18"    (5'52"/km) 

45km   4:13'30"    29'45"    (5'57"/km)

さすがに上りが続いて、エイドでのストップも徐々に時間が掛かるようになり5kmラップが30分に近づいてきたが、ここまででサブ10ペースのキロ6からは「貯金」を積 み増して16分半のマージン。

ほぼ予定していたとおりの貯金が積み上がった。

ここからすぐ先、新鉛温泉前のエイドを過ぎてからは、完全な山道になり、坂も一気に急になるので徐々にこの貯金を食い潰していくことになる。

本来なら最低でも20分以上の貯金を積んで少しでも後半への余裕を残したかったところだが、今回は5'40"ペースで行くと決めた以上、この数字で良しとしなければなるまい。


なめとこラインに入ってここまで約100mの上りだが、ここから豊沢ダムまで2kmあまりで一気に70m上る。

image


朝霧に静かに佇む美しいダム湖を左に見ながらしばらく坂が緩くなりホッとするのも束の間、中間点手前、49.6kmのエイド手前にとんでもない急坂が待ち構えていた。

殆ど全てのランナーが歩いている。

そんなに長い坂ではなかったので何とか頑張って歩かず上り切ったが、ハッキリ言って歩くのと大差ないスピードだ。


image


そしてようやく49.6kmのエイド。


このエイドの先、コースを伴走?している家族、友人らしき車が多数駐車していて、個人エイドないしチームエイド?を受けているランナーを見かけた。
これは、事前に配られた注意事項で禁止行為とされ失格と明記されている。

多くの私設エイドの存在など、ウルトラ特有の「ゆるさ」があることは認めるにしても、公正な競技であることには変わりない。
特定の者だけをサポートする行為がルール違反であることはちょっと考えれば分かると思うのだが、ごく一部とは言えコースがあまりに広大で主催者側の目が届かないのをいいことに、こんな行為が公然と行われていることはとても残念だ。


 50km   4:45'16   31'46"   (6'21"/km)

ここで初めて5kmラップが30分を超えた。エイドストップも1分前後に。
豊沢ダム手前とエイド直前の急坂を考えると仕方あるまい。



そして、52km付近から、このコース最大の難所が始まる。

豊沢ダムのダム湖を過ぎた辺りから、峠のトンネルを抜けるまで、約5kmで200mあまりを一気に上る。

その坂道は、普通の山道と違ってほぼ直線的で同じ傾斜が延々と続く。
1kmくらい先まで延々と急坂が続いているのが見通せるので、走っても走っても進んでいる感じがしない。
ようやく緩いカーブまで辿り着いたらまたも延々と続く直線状の急坂。

いつになったらトンネルが現れるのか、と心が折れそうになりながら走る。

この急坂の付近で一時的に雨脚が強まり、急坂の路面を雨水が勢いよく流れていて、シューズの中がグチョグチョになってしまった。
実はこれが、後々の急な下り坂で足により大きなダメージを与える一因にもなったように思っている。

 55km   5:18'35"  33'19"   (6'40"/km) 

1kmごとのラップを確認すると、この急坂ではキロ7分前後掛かってしまった。  


そしてようやくトンネルに辿り着いた。

image


トンネルが3つ連続する。
写真のトンネルは最初のもので、見てのとおり短いが、2本目、3本目はとても暗くて長い。
しかも、これまでほど急坂ではないがダラダラと上りが続く。


トンネル内は殆ど真っ暗で、たまに通り過ぎる車のヘッドライト以外は、トンネル内の左端に走路確保のために並べられたパイロンで点滅する豆電球だけが頼り。


これまでの急坂で脚に疲れが相当来ているのに加え、ダラダラとは言え上りが続いている中で、走っても走っても出口は見えてこないし、自分がどれぐらいのスピードで走っているのかも殆ど分からない。

まさに夢遊病者が暗闇のなかでもがいているような感覚だ。

1.7km近くある3つ目のトンネルでは、後続に足音が聞こえ、時折後ろから通り過ぎる車のヘッドライトに2人の影が浮かび上がる。


残り500mを切った辺りから、ようやく出口が見え始めた。
最後の力を振り絞って、何とかトンネルを出たところがこのコースの最高地点、そして57.5kmのエイドだ。


エイドに辿り着いたところで、後続の足音の主から声を掛けられた。

「ナイスラン! 引っ張ってもらって助かった」



57.5kmの最高点エイドまで辿り着いて、エイドに立ち止まったランナー達は一様に疲労困憊しているものの、みんな明るい表情だ。
ランナー同士、ボランティアのおばさん達との会話が弾む。

地元テレビ局のカメラも取材に来ていて、ランナーにインタビューしていた。


このエイドを含む1kmのラップは8'39"/km。

トンネル内でのラップが7'00"/km前後だったので、エイドストップは1分30秒超だったことになる。


さて、ここから一気に西和賀町沢内に向かって坂を駆け下りる。

高低差は約200m。


 60km   5:53'31"   34'56"  (6'59"/km)


この時点でのサブ10への「貯金」は6分30秒足らず。

銀河なめとこラインの後半の上り坂で一気に10分も貯金を吐き出してしまった。


この標高差200mの下り坂で再び「貯金」を積み増したいところだが、かなりの急坂で、これまでのダメージで重くなった右ヒザと右臀部が痛むため、思うようにスピードが上がらない。

1kmあたりのラップは最速でも5'40"/kmどまり。


この下り坂のダメージだろうか、右臀部がだんだんと我慢できないほどの痛みになってきた。
また、これまで大して気にならなかったウェストポーチの影響か、ウェストポーチに接している腰椎部分も痛むようになってきた。


峠のエイドにいて後から走り出した女性ランナーにスイスイと抜かれていく。

急坂がようやく終わって坂が緩くなるとその女性ランナーとほぼペースが同じになり、途中、所どころで上り坂になると、その女性ランナーは歩き始めて私が追い抜いていく。


そんなことを3回ほど繰り返しているうちに、坂を下り切り、西和賀町を雫石に向かって北上する県道1号線に合流する。


 65km   6:23'17"   29'46"  (5'57"/km)


結局、峠からの下りではほとんど貯金を回復する事は出来なかった。

65km地点で「貯金」は6'43"。

ここから80kmまでは、再びダラダラとゆるい坂を上っていく。


そして66.5km。

レストステーションに到着だ。


あの女性ランナーとほぼ同時に到着。

「あ~、15××さんだ。抜いても抜いてもコンスタントに走って坂で抜き返されちゃって...」
「そちらこそ下りがホント早いですね。あっという間に置いて行かれてしまって...」

そんな会話をしながら、シャリ玉、味噌汁などをかき込む。



レースの2/3を終え、レストステーションでは予め預けておいた荷物を受け取ることができる。

ウェストポーチの荷物が少し多すぎたので、最低限のエネルギージェルなどに絞って少しでも身軽にすることにした。

また、臀部の痛みが我慢の限界になって来たので、予め用意していた鎮痛剤ロキソニンを呑んだ。



タオルで顔や頭の汗を拭ったりしてから、受け取った荷物を再び預けて、レストステーションをあとに、一路雫石へ。

そんなに長い時間を掛けたつもりはなかったが、レストステーションを含むこの1kmのラップが11'14"も掛かってしまった。

この時点で貯金は2分弱。

80km地点から下り坂になるとは言え、かなり厳しい数字だ。



鎮痛剤が直ぐに効き始め、少しは脚が出易くなってきたが、それでも緩やかな上り基調のため5'50"/km程度が目一杯だ。


 70km  6:58'19"   35'02"  (7'00"/km)


70km地点手前で抜かれたランナーについて行こうとしたが、どうしても追いつけない。
1kmのラップが6'10"掛かってしまい、もうこれ以上どう頑張っても脚が前に出ない。

2分弱の貯金でこのまま残り30kmをキロ6で走り切るなんてとても無理だ、と思った瞬間、緊張の糸が切れてしまった。


サブ10への挑戦が終わった瞬間だった。



残り30km。

実はここからが本当のウルトラだ、ということを、この時点では全く気付いていなかった。


苦痛の30km、そして遂に100km完走の記録は次回に続く。






【本日の走行距離】
  0.0km 

【今月の走行距離】
  140.9km







ご来訪ありがとうございます。

↓宜しければクリっと応援お願いします。




にほんブログ村

いわて銀河100km 振り返り4 〜 70km⇒ゴール

昨日は久々の飲み会でたっぷり飲んだので、「遅寝遅起き」に逆戻り。
更新をサボってしまった。


いわて銀河100kmの完走から5日が経過して、ようやく日常生活レベルでは不自由は少なくなってきたが、まだ右ヒザなどに痛みが残っていて、階段の上り下り、椅子からの立ち上がりなどで結構痛む。

痛みの中心は右ヒザ外側、ふくらはぎの付け根近く。従来のヒザ裏寄り奥の局所的な痛みから、より外側まで痛みの範囲が広がったという感じ。

横断歩道をゆっくり小走りで渡るくらいなら大丈夫だが、やはり最低2週間のランオフは必要不可欠のようだ。


さて、いわて銀河100kmの振り返り。
今回は失速後、70kmからゴールまで。


66.5kmのレストステーションからのダラダラの上りで70kmで力尽きてしまい、一気にキロ7分近いペースまで減速してしまった。

10時間=キロ6分という目標を一旦失ってしまうと、気力が続かないというのもあるが、とにかく右ヒザから臀部にかけてが余りにも重くて痛くて、どう頑張っても脚が出ないのだから仕方がない。

70km手前で追い抜かれたランナーの背中がどんどん遠ざかっていくにつれ、もう無理するのは止めよう、目標を10時間台(11時間以内)に切り替えようという思いが頭の中をグルグル廻る。


ダメだと思ったらそこからは無理をしないで潔く目標を完走に切り替える、というのはこのBLOGでもスタート前に何度も書いてきたことだ。


頭の中でキロ8分で30キロ=4時間、という簡単な計算の結果が出てしまうと、ますます脚が出なくなる。


そして、県道から直角に折れて銀河高原ホテルを折り返すコースに入る。そのすぐ手前で、このレースで初めて歩いてしまった。


折り返しまで1kmほどだが、半分近くは歩いたかもしれない。


折り返して100mほど、銀河高原ホテル前のエイド73.3km地点にようやく辿り着いた。


ここで牛乳ジェリーなどを口にしていると、66.5km地点まで抜きつ抜かれつのデッドヒートをして来た女性ランナーが再び追いついてきた。

ひとしきり会話を交わしてから、ほぼ同じタイミングでエイドをスタート。

緩い下り坂を利して、彼女はどんどん先に進んでいく。


結局、この後彼女に追いつくことは一度もなかった。

まあ、キロ6分ペースから一気に7分半前後まで落ちたのだから仕方がないのだが...



1kmほどの緩い下りを終えてて、再び進路を北に変え、鶯宿温泉へ向う峠を目指してほぼ一直線のダラダラ道に入る。

image


そしてようやく75km地点。

 距離    スプリット   5kmラップ (1km平均ラップ)
 75km   7:39'51"   41'32"    (8'18"/km)   

この5kmはかなり歩きも入ってとてつもなく遠く感じてしまったが、これでキロ8分強。


少しは一時の脚の疲れも落ち着いてゆっくりなら走れるようになってきたので、これなら11時間以内は何とかなりそうだ、というある種の安堵感も生まれてきた。



この辺りから、ごくたまに雲の合間からやわらかな日差しが届くようになり、少し汗ばむようになってきた。
ほとんど民家もない一本道が続くが、途中、何度か私設エイドで立ち止まってコーラなどの炭酸系のドリンクをいただきながら、ゆるゆると進む。


77km過ぎから森の中の緩やかな峠道へと入っていく。


峠道と言ってもそれほどの坂ではなく、78km地点のエイドでは、もう直ぐ下りだから頑張って、とボランティアのおばさん達に励まされた。
「この先、急な下りだから脚に来るので気をつけて」というエイドのおばさんに、「いや、もう終わってるから大丈夫ですよ」


そんな会話を交わして、いよいよ長い上りも大詰め。


image


ついに80kmの峠までやってきた。

トンネルのすぐ手前で、歩きながら写真を撮っていると、またひとり女性ランナーに追い抜かれた。

 80km   8:19'36"   39'45"   (7'57"/km)


鶯宿温泉に向かって、一気に下る。

63km付近の西和賀町沢内から17kmほど走って100m余り上ってきたが、5km足らずで一気に200mほどの急坂を駆け下りる。


最初の1kmあまりが特に急坂だが、情けないほどゆっくりでしか走れない。
一歩一歩のステップで全体重を受け止めながら、エッコラ、エッコラと降りて行く。


上っているうちも少しずつ追い抜かれてはいたが、下りに入ってから次から次へと後続に追い抜かれていく。

故障さえ無ければもう少しは楽に下って行けたのだろうが、下りがこんなにキツイとは本当に情けない。


少し傾斜が緩くなってくると、脚へのショックが少なくなってだんだん足が楽に出るようになってきた。

キロ6分台前半のペースが戻ってきたところで、ようやく86.3kmのエイド。

 85km   8:54'01"   34'25"   (6'53"/km)


エイドの直ぐ手前で9時間が経過。

残り14キロ足らずなので、残りキロ8分でも11時間切り出来ると分かって、気分的にかなり楽になった。
8kmぶりのエイドということもあり、ゆっくり立ち止まって休息。


鶯宿温泉に向かって最後の急坂をやっとの思いで下り切ると、久々に広い2車線道路に。

ここからはしばらくはほぼ平坦な道が続く。


これまで長い間沿道にはほとんど民家がなく、沿道の応援もほぼ皆無に近かったが、久々に沿道の応援に励まされる。


そして90.7kmのエイドへ。

 90km   9:31'46"   37'45"   (7'33"/km)


残り10kmを切って、10時間台を確信したこともあって、またしてもゆっくりとエイドで休む。
「あと2回上り坂があるけど、もう歩いても大丈夫、頑張って」とおばさんに励まされ、エイドを後にする。


道路案内標識にも 雫石の文字が目立つようになる。


93km付近で1つ目の上り坂がやってきた。

image


500mほどで40m上る急坂。
最初から走るのは諦めて歩いて上る。

当然、何人かのランナーに抜かれるが、思ったほど差は開かない。
坂の入口付近で抜かれたランナーとのタイム差は1分ほど。

サブ10狙いならこの坂は死ぬ思いで頑張って走って上っただろうが、目標を失ってしまうと我ながら本当に情けない。

いや、今さら無理をしても仕方がない、完走さえすれば良いのだ、と心に言い聞かせながら、坂の頂上からまたゆっくりと走り始める。


長い坂をゆっくりと下り切ると、右前方に雲に覆われた岩手山の麓が見え始める。

雫石のゴール地点はあの辺かな?と思うと、よくぞここまで走ってきた、あと少しだ!と再び気力が湧いてくる。


 95km   10:11'06"   39'20"   (7'52"/km)  

image


95.8kmの最終エイドに到着。

ここまで来れば、残り全部歩いても10時間台はほぼ確実だ。

エイドのおばさんに最後の上り坂のことを訊く。
「JRの誇線橋だから大したこと無いよ、上ったらすぐゴールだから。」
とのこと。


1分あまりの休息で切り上げてゴールに向けてスタート。

97km過ぎから少し下って雫石川に架かる橋を渡る。

一直線の道路の先に最後の坂が見えた。


そして坂の手前、残り2kmを切ったところにミニエイドがあって全ランナーが立ち止まる。
皆、完走を確信して思わず笑顔が浮かび、エイドのおばさん達との会話もひと際明るい。


坂を最初から最後まで歩いて上ったが、今回は一人のランナーにも抜かれなかった。

皆、疲れ切っているのだろう。


雫石の市街地を抜けると、遠くからゴール地点のアナウンスや歓声、さんさ囃子が聞こえ始めた。

そして、野球場の夜間照明塔が視線の先に飛び込んできた。


俄然元気になって、最後の力を振り絞ってペースアップ。

それまでヨタヨタとしか走れなかったのに、意外なほど脚が出る。

最後は5分台までペースが上がった。


前後にランナーはいない。

ゼッケン番号と名前がアナウンスされ、歓声が上がる中、両コブシを上げてガッツポーズでゴール。


遂に100kmを走り切った。

地元の女子高校生が完走メダルを首に懸けてくれた。


タイムは10時間49分01秒。


 100km   10:49'01   38'55"   (7'47"/km)


image


ゴールを振り返ると、次々とランナーが入ってくる。





今回、サブ10は成らなかった。

サブ10への挑戦は70kmで終わり、残り30kmはグダグダの内容に終わってしまった。


足の故障が無かったら、十分な走り込みが出来ていればどうだったか、ということもあるかもしれないが、不思議とタラレバのことを考えようという気が起きてこない。


事実はひとつ。

70kmまでサブ10ペースで走り切れたが、そこから先30kmはとてつもなく長かったということ。


仮に脚が万全だったとしても正直サブ10が達成出来ていたとは思わない。

それぐらい100kmという距離、そしていわて銀河のコースは過酷だった。



今回の結果には何の悔しさも未練もない。

あるのは完走できたという満足感と、来年またチャンスがあれば次は必ずサブ10を、という思いだけだ。




image


レース後、銀河鍋やいわて牛の雫石焼などをゆっくり楽しんでから、無料入浴券で鶯宿温泉へ。


豊かな岩手の自然と人々の暖かさをたっぷりと堪能した1日半だった。



来年も必ずいわて銀河に戻って来ます。









【本日の走行距離】
  0.0km 

【今月の走行距離】
  140.9km







ご来訪ありがとうございます。

↓宜しければクリっと応援お願いします。




にほんブログ村

田沢湖振り返り

今日、飛び石連休の谷間は東京で仕事。



田沢湖の疲れは思ったほどではなかったが、さすがに今日はランオフ。


田沢湖の結果を振り返ってみる。



ゴールタイムは3時間7分と少々。トータルの平均ペースは4'25"/km。


00-05km    4'00   4'19   4'21   4'27   4'33   (21'40)
05-10km    4'27   4'09   4'24   4'20   4'22   (21'42)
10-15km    4'22   4'20   4'24   4'25   4'29   (22'00)
15-20km    4'13   4'17   4'23   4'29   4'25   (21'47)
20-25km    4'18   4'26   4'21   4'26   4'25   (21'56)
25-30km    4'28   4'29   4'31   4'25   4'32   (22'25)
30-35km    4'31   4'27   4'29   4'31   4'36   (22'34)
35-40km    5'02   4'46   4'24   4'22   4'25   (22'59)
40-Goal     4'32   4'17   1'13                       (10'02)


気温は田沢湖のアメダスデータによると18.4度(10時)→21.1度(13時)。風は微風。


田沢湖高低図


アップダウンが連続する前半と、36-7kmの急坂を除き比較的フラットな湖畔周回コースの後半。


実際に走った印象としては、前半の坂で脚を使い過ぎて、湖畔コースの後半でバテるランナーが続出というパターン。

まだシーズン序盤で走り込みが足りていないランナーが多いという要素もあるだろうが、なかなかペース配分が難しいコースだ。


上り坂ではっきりと急坂と言えるのはハーフ過ぎの湖畔に向かって登る坂と、36-7kmの急な上り下り。

それ以外は、ほとんどがダラダラとした坂で、今ひとつ適正ペースを掴みにくい。


最初の湖畔近くのスタートから一気に下る坂をややオーバーペースで入り、以降ダラダラの下りでは4'15-20前後、ダラダラの上りでは4'25-30あたりでペースはほぼ落ち着いた。


結果的にはあと5秒ずつ遅いぐらいで後半の湖畔コースに入っていれば、ほぼイーブンで押し切って最後の急坂以降、もう少し上げることも出来たかもしれないが、結果的には現状の持久力を測る「ものさし」としてはいいペースだったように思う。



今回の収穫は、何より最後まで目標ペースの4'30"をほぼ維持して粘り切れたこと。

前半のアップダウンが後半にジワリと効いてペースを落とすランナーが続出する中、終盤10kmで抜いて行かれたのはたぶん2人だけだった思う。

それだけタフなコースだったということだと思うので、現時点でのフルマラソンとしてはほぼ満足のいく結果だと思う。


課題があるとすれば、ハーフ過ぎの湖畔への急坂を勢い良く登って脚を使い過ぎたこともあるが、やはり30kmを超えたあたりからほとんど余裕が無くなってしまったこと。


30km過ぎに、私より少し年配と思しきランナーに、後ろから

「さあ、あと10kmちょっと。まだ最後のきつい坂があるけど頑張ろう!」

と声を掛けられて抜き去られたのだが、そのランナーにはじわじわと離されながらも何とか最後まで視界の届く範囲で付いて行った。

このことが無ければ、果たして粘り切れたかどうか。


ともかく、あと2ヶ月で30km超の持久力をもう1段階上げるのと、これからは3週間後の松島ハーフに向けてスピードを上げて、本番のレースペースへの対応力を鍛えていかなければならない。



レースから1日経ってそこそこ筋肉痛はあるが、思ったほどのダメージはないので明日あたりから軽い疲労抜きジョグで再始動してみようと思う。





【本日の走行距離】
  0.0km 

【今月の走行距離】
  260.2km





ご来訪ありがとうございます。
↓宜しければクリっと応援お願いします。



にほんブログ村

松島ハーフマラソン【速報】PB更新

松島ハーフマラソン、PBを大幅に更新。


2014-10-12-13-08-02



目標は4’05”/kmで1時間25分台なら、というものだったが、昨年の足立フレンドリーでの1時間26分台後半を一気に2分以上縮めての24分台半ば。

ペースはほぼ4’00”/km。


昨日も書いたように坂が多く、とてもタフなコースだったが、失速することなく、むしろ後半ペースを上げてのゴール。


当初のノルマ達成にとどまらず、ほぼキロ4ペースでハーフを走り切れたのは、今後のサブ3達成に向けて大きな前進だ。


詳しくは、次回で。





【本日の走行距離】
  21.0975km 

【タイム】
  1:24'xx"

【平均ペース】
  4'00"/km 

【今月の走行距離】
  134.1km





ご来訪ありがとうございます。
↓宜しければクリっと応援お願いします。


にほんブログ村


松島ハーフマラソン 振り返り

【ゴメンナサイ、雨でヒマだったので長文ですorz】


昨日の松島ハーフマラソン。


松島ハーフマラソン2014


思いもよらない好タイムでPBを更新。

25分台と大口をたたいたものの、撃沈して27、8分だったらどうしよう、と不安だったのだが...



当日の天候は晴れ、気温は17~18度前後。風は殆ど気にならない程度という絶好のコンディション。


松島では、いきなりスタートラインに整列せず、スタート脇の町民グラウンドにタイム順に一旦整列。

スタート45分ほど前、整列開始のアナウンスがあったので、5分刻みのプラカード前へ。

90分過ぎのプラカード前には既に数十人の列が出来ていたが、私の並んだ80~85分にはまだ1人。
お隣の85分~90分もまだ数人しかいない。


30分前にスタート地点へ移動する時点では85-90分ブロックも10人ぐらいにはなっていたが、もっと速い方のブロックは全部でたかだか20人ほど。


前の週の山形まるごとマラソン(ハーフ)や、同日の北上マラソンに速いランナーが流れたのだろうか。



一旦スタートラインのだいぶ手前で整列。
先にスタートした10kmのゴールが終わるのを待つ。

その時点で何と前から2列目。
周りは見るからに速そうなランナーばかりでちょっと落ち着かない。


スタート直前にスタートライン前まで移動。
移動中に前へ前へとはやるランナーや、招待選手が加わって、結局前から4列目だ。

すぐ目の前に招待選手、そして気がつくと同じ列にこの大会の前回優勝ランナーがいた。




そしてスタート。



タイムロス3秒ほどで一気に猛ペースで走り出す。



【1~5km】      3'58"    4'00"    4'07"    4'11"    3'56"    (20'11")



オーバーペースにならないように気をつけて先を譲るが、それでも3分40秒台の速いペース。


スタートから700mほどから最初の上り坂だ。

まだ速過ぎるので意識的にセーブをして、同じペースのランナーを探す。


坂の半ばでようやくペースが落ち着き、坂の頂上がちょうど1km。

上りで3'58"はどう考えてもオーバーペース。


坂の下りを意識的にさらに緩めてペースを落ち着かせる。

下り切ったところで3'55"前後のペース、そして2度目の坂の手前、2km地点でようやく4'00"に落ち着いた。


そして2つ目の坂越えへ。
この坂越えは、このコース最大の25mの高低差。


この坂を上って下りた地点が3km。
上りで4'20"前後まで落ちたペースを4'07"まで戻したところで3kmのラップ。


さらに休む間もなく3つ目の坂へ。

2つ目の坂ほどではないがそこそこの上りが続く坂を上り切って4kmのラップは4'11"。


だいぶ息が上がってきたが、ここから暫くは緩い下りが続くので一息入れながら。


この辺まで来ると、かなりランナーがばらけて、前のランナーは30mほど前方。
後ろは振り返らなかったが、足音が聞こえなかったのでたぶん20m以上は開いていたと思う。

無理して前を追いかけることをせず、あくまで息が荒くならないギリギリの自分のペースを維持する。



5km地点のラップは緩い下りもあって3'56"。

最初の5kmラップが20'11"。

やや想定より速いが、息はそれほど弾んでいないので、まあいいペースだろうということで、このペースを維持することに。




【5~10km】  3'55"    4'21"    4'09"    4'05"    4'07"    (20'37")


5kmを過ぎて、大きな坂はないが小さな上り下りを越えて、コース中一番松島らしい景色が見えるシーサイドコースを走る。


6kmのラップは、前のラップの下りの勢いが続いたからか、思いの外速めの3'55"。

ただ、この辺りから次第にGPSとコースの距離表示にずれが出始めた。


だんだんと1kmごとの距離表示をGPS計測より手前で通過するようになってきた。



そして、往路だけ一旦脇道に入って200mあまりを往復する変則的な折り返しを通過。

過去2回より少し奥まで、少し坂を上ったところが折り返し。


この折り返しでさらにGPS表示がおかしくなった。

体感的にはそんなに極端にペースは落ちていないのに、4'20"台のペース表示。


折り返しの脇道から本線に戻ってすぐにまた上り坂。

10mほどの坂を上り切ったところが7km地点。


7kmのラップは2度の上りがあったとは言え4'21"。
GPSがおかしいのか、それともコースの距離表示がおかしいのか??

いずれにしてもGPS上で4'21"も掛かったのはちょっとまずい。
早くもバテ始めたのかと少し心配になってきた。



7kmを過ぎて一旦坂を下り、また直ぐに上り坂に。
坂の入り口付近で内陸に付け替え工事が進んでいるJR仙石線の高架下をくぐる。

去年のレースではまだ何も出来ていなかったので、遅いながらも復興工事が進んでいるのが実感できる。


この坂が往路では最後の大きな坂だ。

ここさえ上り切れば、しばらくは一息入れられる。


そう言い聞かせながら、依然として20mほど前方を行くランナーに食いついて行こうと頑張って坂を上った。


何とか坂を乗り切って、今度は一気に下る。

坂を下り切ったところで8kmのラップは4'09"。


たぶんこのラップが今日のレースで一番きつかったかもしれない。




そして、津波の大きな被害を受けた東名地区に入る。

津波で廃線になった旧仙石線のガード越えの短い坂を越えると、東名地区の住民のみなさんが揃って声援を送ってくれた。

ポツリ、ポツリと住宅が残っているが、ほとんどは更地になってしまっている。



ここから暫く、折り返しを挟んでの5kmほどの区間は、ほぼ平坦だ。

ここで何とか4'05"ペースを維持しようと、もう一度気合を入れ直した。



ちょうどこの辺で、元気なランナーに抜かれたが、以降、このランナーに離されずに付いて行こうと決めて、若干離されはしたが、置いて行かれないように意識して走った。


そして9km、10kmのラップは4'05"、4'07"。
ようやく当初の目標ペース、4'05"前後で落ち着いてきた。

10km地点での5kmラップは20'37"。

7km地点でのおかしなラップを除けばまずまずだ。




【10~15km】    4'02"    4'04"    4'05"    4'09"    3'57"    (20'17")


10kmを過ぎて、決して楽ではないが息もなんとか落ち着いている。

脚の方も、そんなに余裕がある訳ではないが、まだ疲れているという程でもない。


11km手前で折り返し。

去年より少し手前で折り返しのようだ。
たぶん、その分だけ往路の変則折り返しの距離を伸ばしたのだろう。

折り返し付近から、一度追い抜かれたランナーを含めて4人の集団になった。


そして11kmのラップは4'02"。

やはりいいペースのランナーと併走するとタイムが良くなる。
離されずに付いていけば良いだけなので気分的にも楽だ。


このまま12km、13kmは、4'04"、4'05"。


そして13km過ぎから再びアップダウンが始まる。

まず、旧仙石線のガードを越えてから直ぐに一気に15mの坂を上る。


この辺りから、4人がばらけ始め、何とか一番速いランナーに付いて行く。

坂の頂上を少し越えた14kmのラップは4'09"。
キツかった割にはそれほど落ちていない。


ほぼ2/3を走り切って時計は57分あまり。

このペースを残り7km維持できれば25分台は大丈夫そうだ、と頭の中で計算する。

15km付近までしばらく下りベースなこともあって、急に元気が湧いてきた。


と同時に、背後からこれまでとは違う息遣いの激しいランナーの気配を感じた。

その後しばらく、ピッタリと後ろに付いてくるが決して横には並んでこない。


そして15kmのラップは3'57"。

ここに来ての3分台は想定外だったが、それほどキツく感じない。


15km地点の5kmラップは20'17"。

これも上出来だ。


残り6kmあまり。

これなら最後の2度の坂越えも失速せずに乗り切れるだろうという前向きな気持ちが湧き上がってきた。



【15~20km】    3'57"    4'08"    3'55"    4'04"    4'01"    (20'06")


よし、これならキロ4ペースで行ける、と確信して4人の集団になって以降、ずっといいペースで引っ張ってくれているランナーの数m後方にピッタリと付いていった。

相変わらず、背後の息遣いもピタリと付いてくる。


小さな上り下りを越えた16kmのラップは3'57"。
いいペースだ。


そして、ここからしばらく、緩い上りが続く。

全く同じ隊形を維持したまま17kmへ。


17kmのラップは4'08"。

さすがに少し掛かったが、そんなに悪くない。


17km過ぎから一気に下る。

ここで荒い息遣いの主が一気にスパート。


大柄な若いランナーだ。

一気に置いて行かれたが、代わりにこれまで引っ張ってくれたランナーに並びかけ、抜いていった。


18kmのラップは前半下りだったので3'55"。


そして残り3km。

いよいよ問題の坂越え2連発だ。


坂の手前で、一旦抜いたランナーが抜き返して再び数メートル前方へ。

息の荒いランナーは一気に50mぐらい前方まで離れてしまった。


25mの急坂を上る。

さすがにキツいが、まだ脚には来ていない。

何とか4'20"ほどのペースで上り切って一気に下り。


坂を下り切った先が19km。

19kmのラップ4'04"、そしてスプリットが1:17'09"。

残り2km少々で8分あまりとすれば1時間25分のノルマ達成は間違いない。


そして数百メートル走るといよいよ最後の坂越え。

だんだんとキツくなってはきたが、まだ脚は大丈夫だ。


最後の力を振り絞ってほぼ上り切ったところが20km。

ラップは4'01"。

上り坂なのによく頑張った。

15~20kmの5kmラップは20'06"。ここに来て5kmの最速ラップ。




あとは一気に下ってゴールまで。


坂を下る途中で、ずっと引っ張ってくれたランナーを再び抜き返す。

そしてゴールまでの数百メートルの平坦区間でどんどん先行のランナーを抜いていく。


そして最終のカーブを曲がって200mほどの最後の直線。


一旦置いて行かれた息の荒い若いランナーのすぐ後方まで追付いてゴール。


ゴールタイムは1:24'30"あまり。

レース終盤、思っていたタイムより1分近く速い。


GPSを見ると、距離表示は20.92km。


【20~20.92km】  3'21" (3'38"/km)  

ラスト920mのペースは3'38"/kmと表示されている。


GPSの誤差はマイナス190mほど。

いつもは実際より多少長めに計測されることが多いだけに、今ひとつ釈然としない感はあるが、とにかく公式タイムは思いもよらぬ24分台だ。


この松島ハーフのコース、津波以降、コース変更があったりしたせいか今年は陸連公認が得られていないので真実の程は定かではないが、ここは素直に大幅なPB更新を喜びたい。


因みにこの190mの誤差というのは、1%弱。
経験上、SF-710Sの誤差としてはやや多めで、いつもは長めに出る傾向があるがまあ一応許容範囲だと思う。



さて、長くなってしまったが、主催者計測のネットタイムから計算すると、
平均ラップは4'00"/km (GPSでは4'02")。

どちらにしろ思った以上の好ペースだった。

この松島ハーフは、レース回顧を読んでいただければ分かるとおり坂だらけのタフなコース設定で、自分的には+05"/km程度と思っていたので、もの凄く価値がある。




これで、田沢湖、松島ハーフと3週刻みのつくばに向けた第1、第2関門をクリア。


残すは、3週間後の11月2日、スポニチ奥州前沢マラソン(30km)。

ここで30kmを4'10"ペースで余裕残しで走り切れれば、つくばのサブ3はかなり現実味を帯びてくる。


油断することなく、故障だけには細心の注意を払っていけば視界は開けてくるに違いない。

とにかく今月一杯、オーバーワークだけには気をつけて、今までのペースで淡々とトレーニングをこなして行こうと思う。



----------

今朝は、雨が降り始める前に軽く疲労抜きJOG。


7.1kmをキロ6分半で。





【本日の走行距離】
  7.1km 

【タイム】
  46'24"

【平均ペース】
  6'31"/km 

【今月の走行距離】
  141.2km





ご来訪ありがとうございます。
↓宜しければクリっと応援お願いします。


にほんブログ村

奥州前沢マラソン(30km)速報

奥州前沢マラソン(30km)を走ってきた。




前沢記録証


目標ペースの4'10"/km (3:05'00")を無事にクリアして、

平均ペース4分8秒、タイム2時間3分台後半でゴール。



明け方までの雨が上がり、天気予報では懸念された気温上昇も、結局最後まで雲が晴れることなく終始14~15度、ほぼ無風という絶好といって良いコンディションに恵まれた。



これで、つくばに向けた最終ステップレースを無事にクリア。

現在のところ、レースの疲れも大したことはないので、つくばでのサブ3がかなり視野にに入って来たと言って間違いないだろう。



あとは3週間の調整さえ失敗しなければ...

さあ、本番が楽しみになってきた。



レースの振り返りはまた明日。



今晩ははゆっくり休みます。





【本日の走行距離】
  30.0km 

【タイム】
  2'03'xx"

【平均ペース】
  4'08"/km 

【今月の走行距離】
  37.7km




ご来訪ありがとうございます。
↓宜しければクリっと応援お願いします。


にほんブログ村
プロフィール

KJ

ギャラリー
  • もうボストンどころじゃ ~しばらく不定期更新?へ
  • アメリカで感染拡大も、モチベーションは維持!
  • アメリカで感染拡大も、モチベーションは維持!
  • 東京マラソン、アルファフライは? ~20km PR
  • 東京マラソン、アルファフライは? ~20km PR
  • 2月振り返り ~まもなく還暦
  • 「返金なし」の曲がり角?  〜30km JOG
  • 「返金なし」の曲がり角?  〜30km JOG
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ