【その1】はこちらから
http://blog.livedoor.jp/runart/archives/1067907868.html

ランナート代表木村です。

そろそろタイトルの内容に入っていきましょう。

以前、

サブスリーランナーが初心者用シューズでフルマラソンをガチ走りしたらどうなるのか?

http://blog.livedoor.jp/runart/archives/1028305870.html

というこの記事↑がさりげなく人気だったんですけど、


今回は


元サブスリーランナーが1年間ほぼ走らずにフルマラソンをガチ走りしたらどうなるのか?


となっております。



サブスリーランナー


ではなく


「元」サブスリーランナー。



バッチリ過去形です。


というのも、

私がサブスリーを出したのは一度きりで、


2014年1月の勝田全国マラソンです。


ということは、

もう4年近く前ですよね。


あれからあんなこともこんなこともあったなあ、、、


ということで、

サブスリーという実績は完全に過去。


はい、

ではこの実験結果をシェアするにあたり、


まずは前提条件を整理しておきたいと思います。



「元サブスリーランナー」


というのはよいとして、



「1年間ほぼ走らずに」


の部分です。



これは厳密には、

ちょっと違ってきます。


実際には


「約3年間、レース以外の練習はほぼせずに」


が正しいです。


レースには出ているので走ってないわけでは、ない。


でも、

レースだけしか走ってない。


しかもレースも川内選手のように毎月のようにバシバシ出ているわけではなく
一般的な、年に2〜3回ですから。

なので、走ってるのか、走ってないのか、、、微妙なところです。

まあマラソンは練習が全てですから、走ってない感覚です自分としては。

では、

まずは近年の出場レースから。


一番最近から、さかのぼっていきましょう。
タイムは右に記載。


【2017年】フル1本

2017年10月 松本マラソン(長野/フルマラソン)タイム:???

(10月横浜マラソン/11月神戸マラソン/翌年2月東京マラソンを予定)

2016-05-07-23-47-54
【2016年】フル2本/超ウルトラ1本

2016年5月 SAHARA RACE(ナミビア/ナミブ砂漠7日間250km)

2016年2月 北九州マラソン(福岡/フルマラソン)3:50

2016年1月 勝田全国マラソン(茨城/フルマラソン)4:36

2017-10-12-09-19-52
【2015年】フル3本

2015年11月 瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会(香川/フルマラソン)3:29

2015年5月 黒部名水マラソン(富山/フルマラソン)3:21

2015年1月 別府大分毎日マラソン(大分/フルマラソン)3:12

2017-10-12-09-19-58
【2014年】フル3本/ハーフ1本/100km1本

2014年12月 ホノルルマラソン(ハワイ/フルマラソン)3:17

2014年11月 戸田マラソンin彩湖(埼玉/ハーフマラソン)1:23

2014年4月 チャレンジ富士五湖100kmの部(山梨/100km)12:45

2014年2月 東京マラソン(東京/フルマラソン)3:03

2014年1月 勝田全国マラソン(茨城/フルマラソン)2:57

image
【2013年】フル1本/ハーフ1本/100km1本

2013年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(北海道/100km)12:47

2013年4月 山中湖ロードレース(ハーフ)DNS

2013年1月 勝田全国マラソン(茨城/フルマラソン)3:11

o0800059812616195528
【2012年】フル1本(初フルマラソン)

2012年12月 NAHAマラソン(沖縄/フルマラソン)3:14


【2011年】30km1本

2011年2月 青梅マラソン(東京/30km)



10kmや駅伝などは省略していますが、私の出場レース全履歴です。



ポイントをまとめると、



・最近は砂漠250kmレース完走後、約1年半にわたりレース出場なし


ですね。


まあここは、実はそんなに重要ではありません。



重要なのは



練習量!



です。



ずばり、



・ここ2年半、まともに練習してない



コレです。



2014年内、ギリギリ2015年の別府大分マラソンまでは、

ある程度、練習もできていました。

月間走行距離でいうと、150〜200km前後ですかね。


サブスリー達成当時、人生最大の練習量のときも200-250kmしか走っていなかったので、

私にとっては「かなり練習やってる」感じです。


でもタイムを見てもわかるように、

練習してもタイムは上がりませんでした。逆に落ちてましたね。



その背景にあるのが、




家庭


仕事



この両輪のビッグイベントです。


2014年8月に起業し、

2014年10月に第一子が誕生。



ここが、私のマラソン人生における

ターニングポイントとなりました。


(マラソンに限らず人生の、ですね、もちろん)



ここから、

1年のうち「月間走行距離0km」がたぶん半分くらいありましたね。

残りは5km〜20kmくらいです。

その状況になって、私は思いました。

「どうせなら、まったく運動もしないでみよう」

と。

走れなくても筋トレはできたりするのですが、
それで中途半端にカラダを維持するのはこの際、やめようと。

なので、代替トレーニングとかもほぼしてません。
(指導のときに少しだけする程度ですが自分のトレーニングにはまったくもってならない)


結局、マラソンは趣味なわけです。


私にとっては仕事にも影響しますが、


とはいえランナートにとって私自身のマラソンのタイムがすごく重要かというと、

案外そうでもありません。


このブログを読んでいるあなたにはきっと一時期、

「マラソンでの目標達成が一番大事!!」

となる時期はあったかと思いますし、
私にもありましたが、

一歩引いてみると、
他にも重要なことは1253個くらいあります。

(マラソンをきっかけに結婚までして人生が変わった僕でもそう思う)


なのでカンタンにいうと、、、




「仕事と子育て忙しくて、走れませんでした」



という、完全に「よくあるパターン」でしたと。


そういうことですね。



やはり起業というのは、人生賭けてます。


24時間働けますか? の世界です。



実際、はじめの2年間くらいは休日なんていう概念はなく、

だいたい午前9時から午前2時くらいまで当たり前のこととして週7日働いていました。

(スタッフがいる今は、会社自体はちゃんと完全週休2日制です)

当然自分の会社ですから時間勤務じゃないので休み風な日もあるんですが、

なんだかんだ仕事をしてますし、空いた時間があったら即勉強or育児です。


ずっと仕事していて、

勉強か育児の時間のときだけ仕事を止める


こんな感覚です。



しかも、まあ、いろんなこと起こりますから。

なので、


走ってる場合じゃねーわ、、、(やつれ感)


と。

でも、ランナートータルサポートを標榜している以上、
マラソンレース感から離れてはいけないし、
「挑戦するひとの目標達成をサポートする」ためには自分も"ランナーとして"真の挑戦者でなくてはいけない。

なので、砂漠250kmマラソンやその他のレースも、強行出場していました。
2016-05-01-19-00-51


砂漠のときも、

練習は「ほぼ皆無といっていい状態」

で出ました。
サブスリー当時の全盛期なら「上位も狙えるよ!」とも言われていたので、
ちょびっとだけ、悔しかったですけどね。(約230人中83位でした)


ということで今回は、


「走れなかった言い訳」回でした(爆)


次回は、

「でも待てよ、、、この"走れない状況"を誰よりも有効活用して、お客さまへのサービス向上へ繋げることはできないだろうか??」

と考えるにいたり、
このチャレンジに込めた「ランニング指導者」としての真意をお伝えしたいと思います。

それはかなり熱苦しい「お客さま」へのメッセージであると同時に、

「ランニング業界」「指導者」への提言を含むメッセージになる予定なので、

3時間半は時間を空けてから読んでいただくことをオススメします。

ウソです、3分くらいで読めるようにします。


でもこの連載はマラソン快走の役にはまったく立たないので爆、


今すぐ使えるマラソン快走ノウハウが欲しい方は、



◇足の悩みを解決するランナー専門治療院【RUNART足の治療院-駒沢公園-】 
http://foot.runart.jp 

runart_fb_cover4

◇ランナーのためのエクササイズをわかりやすく動画でご紹介【RUNART公式YouTubeチャンネル】
(登録者5867名 総再生回数99万//2017年10月現在) 

https://www.youtube.com/c/RUNARTJP 


◇ケガせずマラソン自己ベスト達成するためのオンラインの学校【マラソン大学】

https://lounge.dmm.com/detail/392/

IMG_3301 2
をご覧ください。



乞うご期待!