RUNART代表木村です。

さて、いよいよ明後日、
黒部名水マラソン2015でフルマラソンを走ってきます。

2月1日の別府大分マラソン以来、3ヶ月半以上ぶりのレースです。
別府大分マラソン時の記事はこちら

さて、僕はいつもレースの時に自分自身でいろいろな
「検証」をするのが好きなのですが、

今回はどでかいやつをいってみようと思います。

ずばり、


サブスリーランナーがGT-2000 NEWYORK3でフルを走ったらどうなんの?!?!
image
です。

よくありますよね。

「これはサブ4を目指すひとにおすすめのシューズです」
「これはフルマラソン完走が目標のひと向けのモデルです」
「このシューズはサブ3.5以上くらいの走力がある方じゃないとちょっと厳しいです」


…………。

それ、ほんとなんすか??


専門的なことはまた別の記事で書きますが、

まあ、たとえばターサーとか、薄くてサポート性の低いシューズは、
初心者におすすめじゃあない。これは、わかる。その通り。
(薄いほうがいいっていうひともいるけど、あまり鵜呑みにしないほうがいいです)
image
ターサージール3(スリム)と最高の5本指ソックスFOOTMAX

でも、いわゆる「初心者用シューズ」、
クッションとサポートがしっかりとしていて、重いシューズ。

速いランナーがこれで走ったら、どうなるのか?
ほんとに、薄くて軽いシューズのほうがいいのか??

てか、それ試したことあるひといなくね?!

ってことで、僕の出番です。
試しましょう。

まあ練習とかでは明らかに速く走りづらいわけですけど、
とにかく本番の42.195kmで試してみないことには
”本当のところは”わからないですからね。


あいにく僕はフルマラソンの自己ベストタイムが2時間57分と、
かなりギリギリのサブスリーランナーです。
しかもサブスリーは一度しか達成してないのでマグレの可能性ありです。

木村の記録はこちらから。

まったくエリートランナーではなく、なんだか申し訳ないですごめんなさい。

ちなみに僕のこれまでのレースシューズは

アシックスのターサージールという、
いわゆるサブスリーレベルのランナーがみんな履く定番シューズです。




GT-2000 NEWYORK3と比べるととんでもなく軽いし薄い。

まっっっっったく履き心地は違います。
走り心地も違います。

GT-2000ニューヨークとターサーの間のモデルでは
アシックスでいうと
DSトレーナー


ゲルフェザーグライド


などがあるので、

普通はターサーから一段階レベルを落としてサポートを厚くするには
上記2つくらいを選ぶわけです。
サブ4レベルのシューズ、みたいなやつね。

サブスリーやサブ3.5くらいのランナーで
GT-2000ニューヨークを履いてるひとは、

まずいません。

ということで、
とりあえず、

(一応)サブスリーランナーが、GT-2000 NEWYORK3でガチのフルマラソン走ってきます!!
IMG_4399
といっても、サブスリーは1年4ヶ月前、練習量は当時の2分の1以下なので
現在の実力的にはよいとこサブ3.15~3.5だと思いますが。
っていうのは内緒ですよ。


昨年12月のモデルチェンジ時に購入して以来、
かなり消耗していたので、良い検証結果を得るために
レース用の新品を買いました。

6ヶ月間でこれくらいにはなります。
練習用であったとしても、交換時期ですね。
ご参考までに。
image

image
image

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

ちなみに、2015年11月発売のGT-2000 NEWYORK最新モデル、
GT-2000 NEWYORK4はこちら。
さらにフィット感増しましたね。


もちろん、シューズに入れるインソールは、
フォームソティックスのラン・デュアル一択です。
こいつがあれば本当に安心。

ちなみに、フルマラソン前は準備が超重要です。
これをやるだけで10分や20分は平気で変わると思いますよ。 

マラソン大会前に必ずやるべき6つの調整法【レース直前の食事法など】

レース前のウォーミングアップには、このストレッチがオススメ。