こんにちは、先日のブログで代表からご紹介いただいた

《RUNART 足の治療院-駒沢公園-》
副院長の佐藤耕祐(さとう こうすけ)
です。

代表のブログはいつも長いので、僕は短めでいきたいと思います!なるべく。。(笑)

46
すね毛をじろじろ見ないでください(代表木村談)

初めましての方も多いと思うので、まずは軽く自己紹介をさせてください。

高校卒業後に、アメリカ留学をしてスポーツ医学を勉強しました。
アメリカの準医療資格であるアスレチックトレーニングの資格を取得後、

引き続きアメリカの大学院に進みましたが、
局所的なアプローチを重視する西洋の医療以外に何かないかと思い始め、
その疑問を解消するために世界一周をしながら各地の代替医療を勉強することを決めました。

代表の紹介記事では
メジャーリーグ・サンフランシスコジャイアンツでの
トレーナー時代のことがクローズアップされていましたので、
今回そこは割愛したいと思います。
(話すと長くなる!)

詳しくはこちら

少年野球選手がメジャーリーガーを仲間にした話

世界各地を巡り、
タイ古式マッサージ、中国医療、アーユルヴェーダなどの伝統医療、
筋膜に特化した施術法であるロルフィングなど、
幅広い代替医療を学びさまざまな資格を取得し、日本に帰国しました。

帰国後は、ロルフィングを軸に身体の悩みを持っている方のお手伝いをさせていただいています。
(世界一周で培った経験や出会った人々からもらったものは、今でも大きな力になっています!)
920771_506683542725514_1912178943_o
ブッダが悟りを開いた地、インドの《ブッダガヤ》でヴィパッサナー瞑想終了直後にぱしゃり

代表のブログでもありましたが、
代表の木村とはボランティア活動で知り合ったという、変わった出会いから始まった縁でした。

そしてその後、代表とはプライベート・仕事ともにいろんな会話を重ねていく中で、
ランナートの
《挑戦する人をサポートする》という考えに強く共感し、ジョインすることを決めました。


《挑戦》は私の中でも、大きなキーワードでした。
615359_592519594141908_722399551_o
南アフリカ ケープタウンのテーブルマウンテン

それは私自身の幼少期に不登校という経験をしたことも強く関係があるのかなと思います。
多くの人がしてきた普通の経験をしていないことで、
《何かが足りていないのではないのか?》という欠落感というのか、渇望感というのか、そういうものが常にありました。


その気持ちを埋めるために、挑戦することが当たり前になっていたと思います。
そして、そのことによって自分自身を成長させることができました。


そんな経験から《挑戦》が生み出す大きさを実感しています。

だからこそ、自分が培ってきた技術や経験により、
より多くのひとの悩みを解消し、思いっきり挑戦できるよう応援したい!
そして、楽しく充実した気持ちで最高の人生を過ごしてもらいたい!

そう強く思っています。

カラダもココロも健康に。
思いっきり、ジャンプしたくなるような人生。
そんな人生を送るためには、

思いっきりジャンプしたいと思ったとき、ジャンプができるかカラダ。
思いっきりジャンプしたいと思える、感動。

これが必要だと思います。
RUNARTなら、そのカラダを創るための最適なサービスと、最高の感動を提供できると確信しています。
887050_597086903685177_154482142_o
代表が2016年5月に250kmレースを走る、アフリカのナミブ砂漠。
一足先にジャンプ済み(真ん中が僕です)。


僕がいつも考えていること。

それは、

《挑戦する人を思いっきりサポートしていく為に必要なことは?》

です。

今の答えは、、、、、、、、


「お客さまの気持ちになる」


「お客さまの目標を共有する」



この二つ。


 RUNART 足の治療院-駒沢公園-では、初回治療で必ずやることがあります。


一つ目が、


痛みの原因をしっかりと理解するための足の評価!


お客様の足の痛みや不調の根本原因をしっかり理解するために、
初回治療は足と身体の評価にほとんどの時間を費やします。


本格的な施術は二回目以降。


「えっ、施術してくれないの????」


と思う人もいるでしょう。


しかし、足/身体の評価に時間をかけるには理由があります。


なぜその痛みが出ているのか?根本原因を第一に把握しなければ、改善へ向けた道筋をしっかりと描くことができません。


そして、二つ目が、


お客様とのゴールの共有!


お客様は足の痛みや身体の不調で相談に来てくださるので、痛みの改善は第一。


これは当たり前。

ここまでは、他の治療院と同じですよね。

手前味噌になりますが、RUNART足の治療院-駒沢公園-はここからが違います。


「なんの為に痛みをなくしたいのか?」

「その先には何があるのか?」



目標を明確化し、施術者とゴールを共有する。
そして、そこに向かって一緒に向かっていく。



来院くださる方の目的は多岐に渡ります。


「痛みをなくして、友達と楽しく走りたい!」

「ベストなコンディションで、次の大会に臨みたい!」

「フルマラソンを完走したい!」

「自己ベストを出したい!」

「日本選手権に出たい!」などなど、


しかし、一つだけ共通していることがあります!


それはみんなが《本気》ということ!!



そして、私たちは《本気》の人を全力でサポートします!


僕が主軸に使っている治療技術の《ロルフィング》では、
痛みを取り除く、または怪我を治すという考え方はしません。


というのも、施術家はお客様が本来もつ自己治癒力を高めるお手伝いをすることしかできないから。
これは決して「あきらめ」ではなく、
人間が持っている本来の力を導き出すことが一番大切だと思っているからです。


私たちは目標達成に最適な環境作り、ゴールに向けての道案内をしているにすぎません!

RUNART 足の治療院-駒沢公園-で行っていること,

それは、

「治療をする、痛みをなおす」というだけではなく、

「お客さまを目標達成に導くお手伝い」です。


そんなやりがいを持ちながら、働けていることを幸せだなぁと再認識しながらブログを書いている今。
こんな気持ち。

1496319_616025195124681_1230936790_o
マサイ族の村一番の強者と。
マサイ族では、「一番高く跳べるひと」が一番エライらしく、「おまえ、すごいな!」と褒められる佐藤。

※「え……なにこのヒゲおじさん……」(代表木村)



さて!
これからさらに多くの本気のみなさんとお会いできるのを楽しみにして……

RUNART 足の治療院 -駒沢公園-

http://runart-foot.jp


58
でお待ちしています!!!


やはりこのブログも長くなりました笑 

が、また専門である筋膜リリースやロルフィングのこととか、書きますね。

P1160976
RUNART 足の治療院-駒沢公園- "
副院長  佐藤耕祐より