ランナート宮崎です!

さてさて、フィジカル遺伝子分析。
前回は瞬発力や持久力を調べるフィジカル遺伝子を調べました。

前回記事↓
【フィジカル遺伝子分析】マラソンランナー宮崎の場合〜速筋?遅筋?持久力は?〜【DNAランニング】
http://blog.livedoor.jp/runart/archives/1058505149.html

今回は
代謝、肥満に関するリスクの遺伝子です‼

いや~~、本当に痩せてたら早く走れる気がします。
走ったときの肉揺れが
私の走りを邪魔しています。

足が痛くなるのも重いから?
脂肪1kg、たしかにこれだけで重いな~。

20160708_081158429_iOS
説明をしてくれたのは成島管理栄養士

<略歴>
毎年、地元の佐倉朝日健康マラソンに出走している"走る管理栄養士"
食品衛生学・食品学・栄養学・スポーツ栄養学の講師として専門学校で教鞭をとりながら、
クックパッドダイエット・ABC Cooking Studio・FiNCなど
業界屈指のヘルスケア企業においてもパーソナルダイエット指導、特定保健指導、食事指導に携わる。
ダイエット指導実績は3年間で850回以上
セミナー・講座等も多数開催。豊富な指導経験と物腰やわらかなカウンセリングにより、
数多くのダイエッターを楽しく健康に目標達成に導いている。

本人的には、ヒップサイズダウンが目標とのことww

20160625_070034797_iOS



代謝・肥満に関するリスク(太る遺伝子・痩せる遺伝子)

日本人の肥満タイプは大きく3つにわけることができ
タイプ別にそれぞれ特徴が異なります。

運動しても痩せにくい、
カロリーを制限するだけでは痩せにくい、
ファスティングを試みるも体調が悪くなって終わった、

などは、

本来の遺伝子にあわない、
間違ったダイエット方法を行っているからかもしれません。


そして私はといえば
超偏食でまともに食事を摂っていないことは周囲には有名な話。

お菓子が主食の日々。
ご飯に興味がないので、炊飯器を捨ててしまったという・・


結果!


じゃーーーーーん!!!!

20160708_081351962_iOS
20160708_081650084_iOS
BlogPaint


Give Meくびれ‼
くびれ、くれ‼



生活習慣の結果により、糖質摂取リスク型になってしまっていますが
(糖質とりすぎのライフスタイル・・)

本来の遺伝子はエネルギー消費型リスク。

代謝・肥満リスクは全部で3つ。
脂肪に気を付けてね!っていう脂肪摂取リスク型
糖質に気を付けてね!っていう糖質摂取リスク型

これらは「どちらも摂りすぎに注意!」というリスクです。

私のリスク(=エネルギー消費リスク)は

基礎代謝が高いからエネルギーをどんどん消費しちゃうよ!
運動だけしてたんぱく質とらないと、筋肉削っちゃうよ!
そもそも筋肉が少ないから
運動やめたとたん、どんどん太っちゃうよ!!


という、

中年太りになりやすく、
むっちり脂肪がつきやすいタイプ!


いいかえれば、
しっかり筋トレをして
バランスよく食べていれば、痩せやすい体質。

おお~~~~


宮崎
「栄養面で一番気をつけることはなんですか?」

成島
「宮崎さんのエネルギー消費リスクタイプは、
しっかり栄養を摂らないと
体の脂肪を消費するだけではなく
筋肉も消費してしまいます。

そして
空腹時間をなるべく減らしてください。

痩せるために空腹の時間が長いほうがいいと言いますが
宮崎さんの場合は、空腹時間をあまり空けず
こまめに摂ってください。1日5食でもいいくらいです。
くれぐれも1日のトータル量は増やさないでくださいね。

例えば食べる順番。

よく血糖値を急に上げないために
野菜を先に食べるよう言われますが
たんぱく質から食べてください。
野菜などから食べてしまうと
たんぱく質の吸収を妨げてしまう可能性があります」

宮崎
「とりあえず肉をたくさん食べればいいですかね」

成島
肉を食べたからといって、そのまま筋肉にはなりません。
たんぱく質は、分解されて吸収されるのですが
そのためにはビタミンB6が必要です。
ビタミンやミネラルを摂らないと
お肉をたくさん食べても思うような効果が得られません。

あとは、回復力を高めるために
抗酸化作用のある濃い色の野菜を意識して摂ってくださいね。
トマト、ピーマンなどです。
パプリカは1/2個で1日のビタミンCが摂れるのでおすすめですよ」

宮崎
「お酒はどうですか?」

成島
「宮崎さんは基本的に栄養不足です。
その状態でアルコールを摂ることはおすすめできません。
アルコールを分解するために内臓に負担がかかってしまいます。
週に何日かは休肝日を作ってください」

(がーん・・・・・・・)


宮崎
「お菓子はどうですか?」

成島
「本来、お菓子は太るしカラダにもよくありません。
ランニングに必要な栄養素がほとんどないからです。

でも、宮崎さんは
残念ながらお菓子からエネルギーを確保している状態です。

宮崎さんのようなタイプは
ストレス発散のために少量を食べるのはいいですけど
クッキー1箱食いとか、チョコパイ6個食いとかはやめて
コンディションづくりのためにも、ほどほどにしてください。」

(がーん・・・・・・・)


でも、他のリスクがある方よりも
太りにくいのは太りにくい・・んですよね(^O^)


↓この前もサンタさんがランナートに来てお菓子の山を置いていってくれました。お菓子ラブ♡
20160628_062615151_iOS

-----------------------------------------------------
遺伝子は一生変わらないモノ。
一生に一度やればいいようです

店舗に継続的にご来店いただける方には
専門家のサポート・治療・トレーニング等、目的に合わせて計12回受けることができる

【DNAランニング】
http://foot.runart.jp/dna.html



遠方の方でも安心して購入いただくために
メールサポートを付帯したキット単体、


【フィジカル遺伝子分析】

https://peraichi.com/landing_pages/view/physicaldna


興味のある方はぜひ!!

IMG_8550