image
RUNART代表の木村です。
先日、経営指南をいただくために人に会いに、
急遽シンガポールへ行ってきました。
image
そこで今回は、いつもと視点を変えて
シンガポールのランニング・フィットネス事情
についてご紹介していきましょう。
(二泊三日の弾丸旅行だったのでごく一部ですが)


まず初日は、
経営についてのブレインストーミングがメインの仕事だったので、
ついでにメインどころを観光です。
image
ここは植物園。
そもそも、向こうは一年中「夏」みたいなもので
超暑いです。

この日も30℃超え。湿度もめちゃ高いです。
植物園の植物もまさに南国。
image
うしろに見えるのが、
有名な五つ星ホテル、マリーナベイサンズ

なぜか巨大な赤ちゃんが……
image
巨大赤ちゃんのすぐ横の芝生で、
さっそく裸足ラン。

ちなみによく歩くのでシューズは
アシックスGT-2000NEWYORK3ですよ。

image
優雅に寝そべる人々。
THE 南国時間。

image
そんな夕方6時頃、、、
多くのランナーがマリーナベイの横を
通り過ぎていきます!
image
日本の7〜8月級の蒸し暑さの中、
たくさんの人がランニングしていました。
現地は金曜日でしたが、
日本の土日レベルのランナーの多さでしたね。

image
夜景はシンガポールの景気を感じさせます。

シンガポールは中国系のひとが多いため
中国の旧正月がお正月なのですが、
旧正月から一週間ということで、
ライトアップもすごかったです。
image
ん??
なんか騒がしいと思ったら、
高層ビル街のど真ん中で
エアロビクスがはじまっている!!

日本でいうと
丸ビルと新丸ビルの間で
爆音かけてフィットネス!
って感じです。

まあ、ないですよねー。



ここから2日目。
image

朝7時半から、
ランニングクラブの練習会に参加させていただきました。

猛暑のシンガポールにもランニングクラブはあるらしく、
日本人駐在者が主催するクラブに参加。

サハラ砂漠250kmレースに一緒に参加予定であった
シンガポール在住の仲間のご紹介で参加させていただけることに
なったんです。
(ちなみに今年のサハラ砂漠レースは3月8日スタート予定でしたが
開催地ヨルダンの情勢不安により開催中止になりました、残念!)


みんな日中はさすがに暑すぎて無理で、
休日でも早朝か夕方以降に走るとのこと。
image
マジ気持ち良い!!
image
ちなみに紹介してくれた砂漠仲間はちょうど
入れ違いで日本にきていて、10名ほどの全員が初対面!

image
クラブ登録者は100名以上いるらしいです。
image
シンガポールではマラソン大会が年に数回しかないらしく、
「スタンダードチャータードマラソン」
というマラソン大会が有名らしいのですが、
その大会でペーサーを務められていた方が先頭。

3時間45分というハイペースのペーサーなんですって!
マラソン大会のペーサーになるための
かなり厳しい選考と研修のお話はすごかったです。

image
ここからはトレーナー目線で。
フィットネスクラブの見学です。
image
写真はこれしか載せませんが、ハッキリ言って、、、

日本大敗。

あらゆる面で、圧倒的にシンガポールの
フィットネスクラブはすごかったです。
日本、超遅れてます、、、やばいぞ日本!

image
ご飯も。シンガポールといえばのチキンライス。

image

ここからは時間的にぶっとんで翌日の昼前です。
早朝から走るはずだったのですが
連日の経営会議の睡眠不足がたたり寝坊をしてしまいました。

マクリッチという、
シンガポール随一のトレイルランニングスポット
にやってきました。

ランニングチームらしき人たちがトレーニングしていましたね。

image
これ、日本でもたまに公園とかにある
フィットネスのやつなんですけど、
クオリティ高いんですわこれがまた。

image
ちなみにこれはこういう風に背中をストレッチするやつです。
ダーツをしてはいけません。

他にもチェストプレスという胸の筋トレマシンがあったりしました。
日本によくある懸垂の鉄棒だけとかじゃないです。
さすがシンガポール。

image
(気温32℃、湿度バリ高)

image
おさるさん!

image
美女!
image
おさるさーん!!!
image
人工物ゼロの世界。
まさにジャングル。
image
と思いきや、マクリッチ自体がそもそも
人工的な貯水池であるというオチ。

でも、全然人工ってのを感じないです。
100%ジャングル(風)。
image
一周、約12km。

image

はあ、、、ずばり、
熱中症一歩手前くらいまでバテました。
(ほぼ歩いてたのに)

ポカリスエット一本じゃ全然足りなかったのですが
自販機が小銭使えず水難民に。

image
オーチャードまで戻り、なんとか復活。
ちなみにシンガポールでは
この炭酸飲料が、ポカリ的な立ち位置なのだとか。

image
ラスト。
スポーツショップもいろいろチェックしてきました。

アシックスでいうと、こいつ。
GT-3000。

GT-2000ではありません。

GT-3000は海外のみの販売モデルで、
日本では売っていないんですね。

機能的にはGT-2000から大きくは外れていないように
感じました。



以上、
ざらっとシンガポールのランニング・フィットネス事情
のご紹介でした。

旅行にランニングシューズを持って行って
現地でランニングをしたり、
遠方のレースに観光も兼ねて出場することを

「旅ラン」

なんて呼んだりしますが、、、

ずばり!
旅ランは最高です。
 
旅ランは新しい発見の宝庫!
今年は海外の旅ランをたくさんして、
それをこのブログでもシェアしていきたいと思います。

旅ランおすすめ!!