Rock My World!!

( ゚∀゚)o彡°FFTCG!FFTCG!

よもやま!

年の瀬。いかがお過ごし?

自分のことを思いつくままに書いていきます。



今年も、なんもなかった・・・はずだった。

昨今の事情もあって、各種ライブは中止。FFTCGは一時休止状態に。
大会も開かれず、新弾の発売も延期。正直飽きてしまったところに


出会ってしまった。




「 ご 注 文 は う さ ぎ で す か ? 」




当時は「アイドルマスター ミリオンライブ!」に熱くなっていたこともあって、
ミリオンライブだけで 6,7個はヴァイスシュバルツのデッキを組んでいた。


しかし、”ごちうさ” である。当然、アニメは一度も観たことはない。

ひょんなことから火が付き。アニメも観ないまま、ヴァイスのデッキを2個組んでしまった。
うぅ・・・ ももこ シャロ・・・


そして、町田は空前のヴァイスブーム到来。今年組んだだけでも10は下らない。
地道にカードを集め、デッキを組む楽しみ。対戦し、回しながら試行錯誤する楽しみ。
TCGの楽しさを思い出させてくれた、そんなヴァイスシュバルツ。
機会があれば、ここでも少しデッキを紹介したいですね(*´ω`*)

幸い、11月からはFFTCGが復活し、熱が再燃したのでヴァイスからは離れていたが
もういくつか、組みたいデッキが残っているのでまだ遊びます(´∀`*)ウフフ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【グランブルーファンタジー】


来年で3年目。寝ても覚めてもグラブル。
こうなることは、始める前から分かっていた・・・(´Д`)ハァ…

日課はマルチバトルを一通りやること。もうランクは210を超えてしまった。
十天衆からは6人を最終解放、十賢者は3人を取得。
かなりメンツも揃ったので、もうしばらくガシャはいいかなー。

コツコツやるのは結構性に合っているので、まだ続けます。
Twitterで見かけたら救援入ってね(*´σー`)エヘヘ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【アイドルマスター】


昨年のバンナムフェスから、中村 繪里子にハマる。かわいい!うぅ・・・えりこ・・・
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』も視聴し、765熱が強まったばかりに
ヴァイスの765デッキを2個も組んだ(*´ω`*)

しかし、ライブ中止もあってイマイチ熱は上がらなかった。
シンデレラガールズもミリオンライブ!も、最低限自分が定めたラインまでイベントを走る。
熱くならずに、細く長く。課金も抑えられた一年だった。

でもね。


二年連続で大神環がハロウィン限定くるんはおかしいと思うの(´・ω・`)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【バンドリ! ガールズバンドパーティ!】


3周年のCMをTVで観て「お、新しい音ゲー?面白そうじゃん!」と軽率にインストール。
歴史もあるゲームとは知らず、誰一人キャラクターも分からないまま始めたゲームだが
ニコニコ動画の懐かしい曲や東方の曲など、知っている曲がカバーされてて嬉しい!

推しユニットはパッション溢れる「ハロー、ハッピーワールド!」。うぅ・・・はぐみ・・・
「うぃーきゃん☆フレフレっ!」でハマり、おジャ魔女どれみコラボで覚醒した。
好きすぎて、ヴァイスシュバルツでもデッキを3個組みました(*´ω`*)

これも、好きなところまで好きなだけ叩く。熱くなり過ぎない程度に遊びます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【ザ・リーサルウェポンズ】


きっかけは友人に見せてもらったYouTubeの動画から。
歌詞はともかくメロディが最高に素晴らしい!一気にのめり込む。
来年のライブも念願のチケット当選!生の音を聞いてくる!
今回は中止してくれるなよ!!m9っ`Д´) ビシッ!!

布教用のCDも購入したので、聞きたい方はDM下さい(*´σー`)エヘヘ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【プリンセスコネクト!Re:Dive】


箱庭ゲームが好きなので、今でも続いている。
アリーナ(対人戦)で、環境と流行を読んでパーティーを組み、勝ち上がる以外に
正直楽しさはないんだけど・・・(;・∀・)

ヴァイスシュバルツはちょっとやろうと思ってます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【Fate/Grand Order】


夏に登場した、まさかの水着殺生院キアラ。生放送で見たときは、その美しさに
思わず「ボーダーブレイク」プレイ中にも関わらずコントローラーを投げ捨てたほど。
引けてほんとよかったε-(´∀`*)ホッ

しかし、ゲームシステムがもう現代に合っていないと思われる。
前述のプリコネみたいに、一気にゲーム(バトル)を進めさせて、プレイヤーの好きなときに
ストーリーを読ませたらいいんじゃない?
ストーリーの合間に戦わされたり、箱を掘らされるの、正直ダルいわ(´Д`)ハァ…


ヴァイスは1個組みました。


???「熱い展開デース! もう止まりまセーン!」


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


こんな感じ。

充実していた、といえば充実していたような。不思議な気分。


本年は大変お世話になりました。
来年も宜しくお願いいたします。(*´ω`*)

SHOP MASTERS 2020 in Suwa

先日行ってきました(*´σー`)エヘヘ

本当は翌日に上げるはずだったんだけど、マスターズスクウェアの大会もあるし
上げるの取っておこうかなぁ(小心者)

しかし、昨今の事情もあって大会は中止。
諏訪での対戦が、今年最後となってしまった。残念(´・ω・`)
というわけで、思い出して書いています。


場所は諏訪市プラネッツ。”東京から来た4人” が小旅行も兼ねての参加。
現地には岐阜勢や長野勢がいらっしゃったのかな?
参加者10名、俺は風水雷バッツ&ボコで参戦。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


1戦目
風土雷FF4

デッキには【9-077L】リディアや【9-094L】フースーヤ、【11-054R】謎の男、
【5-086L】セシルといったFF4の面々に加え、【12-110L】ネオエクスデスを主軸に
足回りを風土雷にした感じ。

早めに場に出した【12-109L】レナに【9-094L】フースーヤを当てられ、
【11-054R】謎の男でアクティブに。
返しに、溜めた手札から【12-052H】バッツ&【12-053C】ボコ、
【12-087H】ミド・プリヴィアから【12-080H】シド・プリヴィアと一気に展開して
ダメージを与えつつ2体を処理するも、当然のように降ってくる【1-107L】シャントット。
辛うじて【12-038H】アルテアで【12-052H】バッツを手札に戻す。

【12-110L】ネオエクスデスを出されるが、シド&ミドと【12-085R】フリオニールで
頑張って倒し。バッツ&ボコで6点まで押し込むが、最後にめくれる【1-124R】オーディン!
しかし抵抗はここまで。【3-054C】黒チョコボがゲームを決めて勝利。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


2戦目
風土スカリー

ダメージレースで先行している中盤。こちらがバックアップを置いて【12-109L】レナの上に
3個目のカウンターを載せるところにスタックで【1-198S】ヴァルファーレを召喚される。
第一メインフェイズだったのでバッツ&ボコを場に出せたが、焦って手札の【3-054C】黒チョコボを
コストとして切ってしまい、場に出せばヘイストでアタックできたものを・・・
ここで6点までしか詰め切れず。

ここでのミスで集中が切れてしまったのか、相手が置いた【5-090R】ヒルギガースに対し
そのままレナを起動してしまう凡ミス。さらに、スタックで【12-047C】チョコボを
使っていれば回避できた・・・後で気付く二重のミス。

数々のプレイミスが響き、スカリーが並んでヘイスト2点。【10-127H】シトラと
【1-062L】ヴァルファーレで無限にループされ、頼みの【5-068L】ヤ・シュトラは
ダメージゾーンに飛んでしまい、涙の逆転負け。・゚・(ノД`)・゚・。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


結果 αβοοη..._φ(゚∀゚ )アヒャ


優勝はどーしー。



相変わらずイカれたデッキやねん(褒め


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


以下、旅の記録。


談合坂といえば ”談合坂あんぱん” 。
お昼は観光地「おぎのや」で ”峠の釜めし” を食した。




天然温泉「縄文の湯」へ。




サービスエリアで食べた、SUKIYAKI&ほうとうセット。




長野小旅行、楽しかったー!!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

(_´Д`)ノ~~オツカレー

SHOP MASTERS 2020 in Hachiouji

昨日行ってきました(*´σー`)エヘヘ


先週、自慢のボコ&バッツデッキが火単侍デッキにこてんぱんにされたのを思い出す。
氷風のバラライも流行っているらしく、全体除去が強い環境らしい。
つまり、小手先のダメージに強いカードを積んだデッキを使えばいいんだ!( ´∀`)


という幻覚から生まれた、火土tミンウ(謎)で参戦。
フルコンプ八王子には久しぶりに来たが、席と席の間が板で仕切られていて、
対戦相手との間にも透明な仕切りがあって、感染対策はバッチリ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


1戦目
氷風バラライ ○


開幕【10-068C】クーシーを切って【12-061L】クルルを出すという、最悪のスタート(;´Д`)
相手は→【11-056R】フィオナ→【10-057C】バッツ→【12-037L】アーシェで1ドロー。強い!

しかし、お互い微妙な感じ。相手は終始【12-037L】アーシェ以外のフォワードを見なかった。
こちらは【11-017H】マーシュ&【11-063L】リッツで一気に打点を叩き、
相手の【10-061C】モーグリ−8組−から放たれる渾身の【1-107L】シャントットを
【12-002H】アマテラスで封じ、勝負あり。

お互い消化不良だったため、フリープレイで遊んだものの
【1-171H】ミンウで完封できました(*´σー`)エヘヘ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


2戦目
火単侍デッキ ○

脳内で100回シミュレートしてきた(*´Д`)ハァハァ


2バックから【11-077C】魔獣使い→【1-171H】ミンウと展開するきれいなムーヴ。
そしてコスト軽減された【11-017H】マーシュからの【11-063L】リッツで鮮やかに先制!
【2-002C】イフリートや【12-016C】ブレイズがめくれるも完全に回避。
相手は【1-030R】レブロ以外全て「侍」が並ぶ。

中盤はひたすら【11-140S】カダージュで小突く。相手のターンに盤面にいないから
かなり生存率高いよね。自分も使われると腹立つ(;・∀・)

【10-132S】ティナに対して打たれた【12-002H】アマテラスは【9-068H】ドラゴンで
無効にして守りつつ、【11-003R】カイエンのサーチを【12-002H】アマテラスで討ち取り
【12-005C】イフリートで【12-012L】テンゼンを差す。

終盤、【12-017H】マギサに【12-009C】侍を使い、出てきた【11-003R】カイエン→
【8-138S】ヒエンと展開。アタックを許し、ついに更地にされてしまうも
温存していた【11-017H】マーシュで【11-063L】リッツが復活、最後の1点を押し込んで勝ち。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


3戦目
風土クルル ×

今回の優勝者。


開幕【11-072R】デシ、相手のデッキが分からないため【8-136L】常闇のヴェリアスを
サーチする、非常に重いスタート。相手は【5-067R】ミューヌ、【12-066C】バイガリ、
【8-069R】アプルルなど実質軽いバックアップで展開。

相手が【12-117R】イリス、【12-116L】ロックと展開。苦しい状況から、渋々
【10-002H】イフリートで前者を、【8-136L】常闇のヴェリアスで後者をそれぞれ倒すも
相手も負けじと【8-136L】常闇のヴェリアス、被害だけが大きくなる。

【12-068H】フェンリルを召喚して【8-136L】常闇のヴェリアスと【11-072R】デシを
割ったが、虎の子の【11-140S】カダージュに対し【12-061L】クルルでこちらの
【12-068H】フェンリルを召喚され、全く同じことをやり返されて完敗。。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


4戦目
土水バラライギード ○

噂の【12-114R】バラライ +【3-131H】ギードで無限にダメージを与えてくるデッキ。


またも開幕事故、渋々【12-018H】ラニを置いて敵軍デッキトップを一枚奪取する。
(中身は【3-123R】暗黒の雲ファムフリート)
相手の展開も遅いので、早々と【11-017H】マーシュ→【11-063L】リッツで攻勢に出る。
6点まで一気に通り、ダメージレースでは優勢。

終盤に現れた【12-114R】バラライ、そして【3-131H】ギードの動きがイマイチ分からず
通してしまい、水1CPだけで綺麗に処理されてしまう。
とはいえ、ダメージ差は 1 - 6 。相手は【3-144L】レナ、【9-115R】ポロムと並べるが
ヘイストと【11-063L】リッツを警戒してかアタックしてこない。
こちらは悠々とバックアップを展開、しっかり【1-171H】ミンウまで並べて体制を整える。

【12-002H】アマテラスや【10-002H】イフリートで【2-126R】ギースを除去したりと
ひたすら邪魔をする。消耗戦の末、相手の【1-107L】シャントットを【12-002H】アマテラスで
無効にして勝ち。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


結果 3勝1敗

αβοοη..._φ(゚∀゚ )アヒャ


優勝はあい氏。


侍デッキは会場に4,5人いたらしい。そしてバラライデッキは最低でも2人見ている。
焼き環境なのは間違いない。チョコボには辛いな・・・(´・ω:;.:...



持ち込んだデッキは、不安定さを抱えながらも回ったときはしっかり完封してくれた。

FullSizeRender

【1-171H】ミンウを割るにはそれなりにコストもかかる上に、下手に
【1-117R】ヘカトンケイルを入れようものなら、相手の【12-061L】クルルにも
怯えないといけない。読みはなかなかに的中していたと思う。

我ながらいいデッキになった・・・かもしれない。
もうちょっと触ってみようかな(´∀`*)ウフフ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!


(_´Д`)ノ~~オツカレー

SHOP MASTERS 2020 in Machida

ご無沙汰しております(*´σー`)エヘヘ


昨今のコロナ事情で、いろいろあって・・・

ライブも中止。各イベントも中止。FFTCGも当然中止。
でも仕事は一切の中止なく、リモートワークもならず。

なぜ自分は感染の危険を冒しながら、仕事を続けなくてはならないのか・・・

そんなストレスを抱えていたら、そりゃ太るよね(´・ω・`)

休止期間中もTwitterではいろいろ呟いてはいたけど、その辺の諸々はまたの機会に。
ようやくFFTCGも新弾が発売し、小生も再始動!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


そして始まるショップマスターズ。

俺は当然、バッツ&ボコを主軸にした風水雷FF5。当初は風水だったが、
八王子マスターズスクウェアの湯浅氏に「突破力なくね?」という
助言を得て、急遽雷を合わせてシナジーを強化した。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


1戦目
火単侍デッキ

噂の侍デッキである。

対戦相手はデッキを使い慣れておらず、テンゼンのターン終了時アビリティをたまに忘れている。
その幸運を活かせず、こちらの動きが鈍い間に相手はカイエンを並べ、
テンゼンとのパーティアタックで5000×2のダメージが飛んで自軍が壊滅、負け。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


2戦目
雷単

新弾で全コスト帯が大幅強化となった雷単。

たまたまHジタンでハンデスしたバックアップの2弾黒魔道士が響いたようで、
相手はバックアップの後続がない。
グラウカ、メイアの攻撃後に新弾ビビが立つが、返しにバッツ&ボコ、ミド&シドを展開。
パーティーアタックによるオートアビリティでビビを除去しつつ、白魔道師を展開、
1点&2ドローと爆発的アドバンテージを稼いだ後は、ダメ押しの暗闇の雲で盤面に
しっかり蓋をする。8弾アルバで寝かされて6点まで受けるも勝ち。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


3戦目
水単

2種類の除去召喚獣ファムフリートが入り、ネオエクスデスと侍を強くメタったと思われる。
よほどひどいゲームを強いられたのだろうか(´・ω・`)

バッツ&ボコからケット・シーを展開、ギルガメッシュ [XI]をダルにしつつ1点と2ドロー、
続けてヤ・シュトラ、暗闇の雲と展開して、−10000をぶつけてギルガメッシュを粉砕する。
6コストのファムフリートはヤ・シュトラで防ぐが、新弾ストラゴスでバッツがバウンスされ
そこからレイラ→バイキングと展開。

しかし、時すでに遅し。
盤面とダメージ差で圧倒している自軍は、そのまま相手を飲み込み勝利した。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


結果 2勝1敗


優勝は町田の猛者、しど氏。


お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!


11弾環境までは ”スーパーロボット大戦” だったが、
12弾環境は "マリオカート" だ、というのが小生の感想(´・ω・`)

ショートカットを走るやつ。要所でサンダーを打ってくるやつ。
かと思えば、開幕パワフルダッシュキノコで異次元のゲームを押し付けてくるやつ。
FFTCGは自由なのだ。

今回は自分のプレミもあったが、カイエンの一手を一度でも防ぐことができれば
まだ見込みはあったと思うので、次への糧とする。


(_´Д`)ノ~~オツカレー

7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!

もう2週間前の話・・・?嘘ぉ・・・:(;゙゚'ω゚'):


遅くなったけど、先日は大阪公演をLVで観てきた(*´σー`)エヘヘ


前回11月末の名古屋公演「Funky Dancing!」は、直後に超多忙になって書けなかったけど
今回は上から演奏順にかいつまんで書いていきます(*´ω`*)


1日目



2日目



大阪公演の目玉といえば生バンド!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
作曲者による演奏は、画面越しにも迫力が伝わってくる!

出演者や時期もあって、なかなか歌われなかった初披露の曲が多かったね。
黒埼ちとせ、白雪千夜、佐城雪美、夢見りあむが初登場。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【共通】
ガールズ・イン・ザ・フロンティア
UnLock Starbeat


デレステ3周年記念曲と、当時直近のイベント曲。
これ以降、盛り上がる馴染みの曲はブロックの序盤で消化する、という流れが
3公演を通してここでも継続した。
全員がステージで歌い、盛り上がる準備ができた!って感じ。



【1日目】
Spring Screaming

本田未央以外は、可惜夜月の3名が隣りで歌った。

俺が最初で最後、デレステのイベントで2000位内に入った思い出の曲が、ここで初披露である。
2018年4月で初登場、2020年2月にようやく歌われたわけだが・・・


なぜここに、薫ちゃんがいない・・・


つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



嬉しさ半分辛さ半分という気持ちで聞いていたが、いい曲はいい曲だ。
春という縛りに限らず、どこかで薫ちゃんが歌ってくれることを信じてる。

( ゚∀゚)o彡°パリラパッション!!



【両日】
OωOver!
2日目はHeart Beat Version。ギターソロ、カモン!!m9っ`Д´) ビシッ!!

イントロから痺れるセッション!ああ!かっこいい!!
もうだいぶ聞き慣れた曲だけど、やっぱり好きだなぁ(*´σー`)エヘヘ



【両日】
オウムアムアに幸運を
義勇任侠花吹雪


どちらも初披露。前者はちとせと奈緒のみ、後者は可惜夜月の3名が揃う。
オウムアムア〜は予習不足であまり聞き馴染みがなかったけど、ちとせ可愛かったね(´∀`*)ウフフ

義勇任侠花吹雪は、まず背景に目を奪われた。
燃える草原、切られる障子。そして鮮やかな夜月。素晴らしい演出だった。

2019年1月でイベント曲として初登場からおよそ1年。みんな待ってた(´;ω;`)



【両日】
Gaze and Gaze

川島瑞樹と村上巴によるユニット「フォーリンシーサイド」の新曲。うぅ・・・みじゅき・・・

記事投稿当時、絶賛イベント中のこの曲だが、ゲーム内でも、この2人を歌わせた時のみ
ラストのシーンでグータッチする演出を再現!
青と赤に分かれたステージはとてもきれいだった・・・



アコースティックアレンジ
薄荷

直前のTrust me「火をつける発火!!」からの薄荷である。

生バンドによるアコースティックバージョンの薄荷。より一層透明感を感じる音と、加蓮の歌声。
直前まで熱かった会場の熱を静かに冷ましていく。
空気が澄んだような、そんな気がしたのは俺だけじゃないはず。



in fact

歌われるごとに進化を遂げていく、ありすの「in fact」。

今までの、椅子に座って歌ったありすも素晴らしかったが、冷たい明るさに包まれたステージだった。
自分に期待する両親や大人たちに向けた、子供らしく甘えられない自分の、
反逆の気持ちを込めた悲哀の「in fact」だ。

今回は、温かく穏やかな明るさに包まれたステージ。言葉にするのは難しいが・・・
卒業する好きな人に想いを伝えられないような、そんな明るさを感じた。
ありす、こんな表情でも歌えるんだな・・・



「大好きなのに 何も言えなくなるのは なぜ」








無題いちりん


全身で泣いた。



エヴリデイ・ドリーム → マイ・スウィート・ハネムーン

とても穏やかな曲調で始まった「エヴリデイ・ドリーム」。この長さで2番はだいぶ時間がかかるな、
と思ったところで、急に曲調が変わって「マイ・スウィート・ハネムーン」に。

キュートで一番好きな曲が「エヴリデイ・ドリーム」だから、そのあとに歌われた二曲目で
「恋」から「愛」に変わる瞬間を心で感じた。まゆすき。



夢をのぞいたら
Sun! High! Gold!


雪美とりあむが登場。初登場ながら、2人でよく歌い切った!
初期の白いドレスがよく似合ってて・・・(´;ω;`)ウゥゥ

MCで自己紹介したときに、りあむ節が聞けてよかった!
なにかと炎上させるイラストがTwitterで上がるりあむだけど、それはそれ、これはこれ!だよ!


【両日】
Fascinate
双翼の独奏歌


どちらも初披露。「双翼の独奏歌」は・・・調べたらデレステ初披露は2017年8月21日!?
蘭子と飛鳥、どちらもファンが多く、別のアイドルを歌わせるという妥協は許さなかっただろう。
満を持して登場、そして揃った「ダークイルミネート」。神々しかったなぁ!


【両日】
アンデッド・ダンスロック

すっごい好き!(*´ω`*)

終始カメラ(LV)目線をくれる涼さん!COOL!! 涼さん、さらに綺麗になったね(´;ω;`)
歌詞がない部分が多い曲で、コールする場面も多くないため無言が続くわけだが、
寒々しさ漂う曲風に反しての生バンドの迫力が強く感じられて、密かに感動していた。

余談だが、1日目の打ち上げの時に聞いた「桜咲千依は現在32歳」という
パワーワードのおかげで、2日目はちっさかわいい小梅を凝視していました(・д・)



HOT LOMIT


「HOT LIMIT」のイントロが流れた瞬間、会場の全員が「まさかな・・・」と思いながら
身を乗り出して画面を観たよね(;・∀・)
謎の風がステージ上のしまむーを吹き上げたが、炎が出るんだから風も出るわな、と一人納得。

しまむら的にも!ALL( `д´)b オッケー!


そして、「紅」。

1日目に「PANDEMIC ALONE」、2日目に「毒茸伝説」、そして「Lunatic Show」「∀NSWER」。
持ち歌全部やってるし、やらんだろ・・・と誰もが思っていたあの曲が、
長いギターソロを引っ提げてやってきた。そして会場を埋め尽くす、赤いサイリウムを重ねた「X」。

歌い出しの後のセリフの部分で。口元にカメラが大きく寄って



「くれないだああああああ!!!!」



無題イヤッホウ




この後の「純情Midnight伝説」も霞んでしまうくらい、すごい盛り上がりだった!
噴きあがる炎に照らされる輝子と、全く本家にも引けを取らない生バンド陣!

「絶対特権主張します!」に収録された2014年から・・・およそ6年?
ずっと歌いたかった曲だと思う。おめでとう、輝子ちゃん(´∀`*)ウフフ


楽しい2日間でした。お疲れ様でした(´∀`*)ウフフ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

























































































































































































































カワ(・∀・)イイ!!
プロフィール

ジェイ・ランカード

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ