2010年02月04日

こんばんわzaifirです。
この前は攻撃について書くといいましたが、色々考えたらヒールはもっと色々あるので、第2弾を書くことにしました。


今回は他のスキルについてと、気づいたこと。


最初はImage:Writ of Health-icon.png Writ of Health です。これは入れれば入れるほど強力になる段階スキルです。全部で3段階あります。
このスキルは特性なしですと、3段階目にしても時間が来ると消えますし、スキルのディレイ永いです。特性ありですと、3段階にすれば時間が着ても1段に落ちてまた時間がリセットされます。
簡単に説明すると1段階100回復、2段階200回復、3段階300回復。3回入れると3段階目のヒールになります。時間は10秒だとします。(多分あってる)特性なしだと時間が来るとどんな段階でも消えます。特性入れてると10秒過ぎても第2段階になります。また10秒が過ぎても第1段階に入ります。全部で30秒も回復してくれますが、あくまでも他のスキルの補助だと思った方がいいです。理由は回復が4秒に1回だからです。回復量も500も行きません。あくまでも他のスキルの補助です。


そして申し訳ありません、この前の記事ではあるスキルについて書くの忘れたものがあります。
Image:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Ages についてです。このスキルは時間掛かるからあんまり使ってないのですが、特性入れますと1500~2500回復と、なんとImage:Prelude_to_Hope-icon.png Prelude to Hope もつきます。私もこれは最近気づきました。


次はImage:All Fates Entwined-icon.png All Fates Entwined です。
このスキルはFSのダメージをRKに転送するというスキルです。転送するダメージの量は10%です。誰かが1000ダメ食らったとして、それが900になります。そしてRKには100はいるはずですが、RKにはもう一ついいものが付きます、それは転送されたダメの10%が減少されるということ。つまり転送された100ダメは90になるわけです。
しかし、このスキルは使い勝手が悪く理由は、RKのアイトゥンレベルが最大じゃないと使えないからです。 そしてRKはよく傷防御、毒防御、属性防御、自分専用バリア、よく使いそれがすべて中立アイトゥンだからです。中立の場合、自分が使ってるヒールアイトゥン、攻撃アイトゥンが下がっていき、使えるスキルが少なくなっていきます。なのに最大レベルじゃないと使えないのでよく途切れて入れ直さなくちゃ行けなくなりますので、やはり使い勝って悪いです(⌒-⌒)

このスキルでもう一ついいものを発見しました。多分闇の森以降追加されたと思われます。それはこのスキル起動時は詠唱妨害をまったく受けないことです。いくらMOBに殴られてもスキル詠唱バーが進みます。(MNSが嫉妬しそうな効果だw)

*このスキルに対する特性はありません。



最後はImage:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowing です。これはすごくありがたいスキルです。特性なしだとFSの一人に+5%のヒールをくれますが、そこまで使える感じではありません。しかし特性入れるとすごいです。なんとFS全体の人に+5%をくれます、そして自分にも+5%のヒール力をくれますので、合計10%+になります。持続は普通は30秒、伝説武器で強化すると1分もちます。ディレイは2分ですが、切れた後1分待つだけでまた使えると考えればかなりいいスキルだと思います。(戦いの半分も+10%でヒールできるって事なんですよね。)
*レイド全体には効きません。




*(アイトゥンとはRKの熱狂みたいなものです。アイトゥンは常に中立を保っており、攻撃するとそれが段々攻撃のアイトゥンに変わります。反対にヒールするとヒールのアイトゥン変わっていきます。それぞれ9段階あります。)





次は自分のヒールの仕方いや、RKヒールでよかったところを書いてみようと思います。

runekeeper at 18:48コメント(0)トラックバック(0) 
RKヒール記事 

2010年02月03日

こんにちわ、lotroでルーンキーパーをやってるzaifirです。
ブログを始めた理由はルーンキーパーについての認識が少ないことと
ルーンキーパーのブログが少ないからです。(俺が知らないだけかもしれないけど

まずみんな知っての通りルーンキーパーは攻撃とヒールが両方できます。
しかし同時にはできない。そしてtraitを選ばないとちゃんと役割が
こなせません。もちろん弱いインスタンスであればいけますけど、
同レベルのインスタンスでは無理です。

ヒールの時は本当にtraitをちゃんとしてないとかなり迷惑をかけますが、
攻撃の時はまだいけます。しかし攻撃traitにすることにこっしたことはありません。

まずヒールについて書きます。
解釈は色々あると思いますが、まずわかって欲しいのはhotヒールが主なルーンキーパーのヒールだということです。
一気に回復はしませんが、最終的な数値だとミンスとあんまり変わりません。
しかし一気に回復は普通しません。
ルーンキーパーが主に使うスキルはImage:Mending Verse-icon.png Mending Verse というスキルです。traitを入れると詠唱時間が2秒になります。伝説武器でもっと強くなります。
これは大体1000回復します。
ただし最初が350回復でその後160を4回か5回出ます。
なのでさっき言ったように即座回復のスキルではありません。

即座スキルとしてはImage:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Ages があります。
回復量は一番大きくtraitを入れればディレイなしにできます。
しかし詠唱時間はかなり長いのであんまり使えません。

他にもスキルは色々ありますが、全部説明すると時間掛かるので
いくつか飛ばします。

次のスキルはImage:Word of Exaltation-icon.png Word of Exaltation です。
これはバリアみたいなものです。3秒間40%のダメをを軽減します。
traitを入れれば8秒間50%軽減になりますので、絶対つけておきたいtraitと言えます。そして、ヒールアイトゥン3レベル毎に+2秒の持続時間が得られます。

スキルはここまでだとして、次はグルヒルです。
ルーンキーパーは一番苦手なのがグルヒルです。
まず致命傷なのがグルヒルのスキルが少ないことです。
これはどうしようもありません
しかし、少ない分強力です。(一つを除いては)
最高のグルヒルのスキルが2つと普通のが1つです。
これだけでルーンキーパーはがんばってます、笑っちゃいますよね(⌒-⌒)

強力な方はみんなも体験済みだと思います。
一つはバリア+HOTヒールです。(300ぐらいだったかな)
もう一つはtrait入れて使えるようになるImage:That Which Does Not Kill Us-icon.png
That Which Does Not Kill Us です。こちらは発動してもすぐヒールはしてくれませんが戦闘中の
体力回復を3000にしてくれます。そして攻撃食らった瞬間に300から400回復を2秒ごとに出してくれます。かなり助かります。
ミンスよりいいところはこの二つのスキルは10分で甦ります。
(ミンスの伝説スキルは確か30分だったはず)

そして普通のグルヒルのスキルです。こいつがかなり厄介なんです。
スキルはImage:Rousing Words-icon.png Rousing Words です。
このスキルの嫌なところは詠唱と反対で青いバーが段々減っていって、その間にdotを出しますが、攻撃されると一気に減り、10回hotを出してくれる所を4回から3回だけ出します。もちろん2回攻撃されたら終わりです。そしてこのスキルのディレイは20秒です。
なのでグルヒルはミンスが一番です。(もちろん普通の回復もミンスだと
思ってます。)

*すべてのスキルにリンクを入れましたので見ることができますが、trait入れてない状態のものとなりますので回復量は最低表示になってます。

次の記事は攻撃について、かなり複雑なんで時間掛かるかも

runekeeper at 16:28コメント(5)トラックバック(0) 
RKヒール記事