RKヒール記事

2011年01月20日

どうもzaifirです。
最近はよくGRDでエネドワイの繰り返しクエをやっています。セット装備が欲しくてw



さて、今回の記事はBGロック3でのヒールRKの特性は何がいいのか、についてです。*(私個人の考えに基づいてますので、実違ってると思ってもご了承ください。)




まず画像でお見せします。
BGlock3
*クリックすると大きくなります。


ロック3ではどうやってパワー消費を抑えるかが課題となります。
その条件でLinnod of Peace.pngLinnod of PeaceLinnod of Subtlety-icon.png Linnod of Subtletyを使うのは良くないと思っています。つけていると使いたくなりますが、使うとパワーを消費してしまうため、私は外させてもらいました、今ではロック3ではまったく使ってません。それにRKに求められるのはヒールというよりも緊急用のバリアとかGRDの受けられるヒールを強化するとかだと思っています。もちろんヒールも手を抜いちゃいけませんけどねw




では画像の順番で解説していきます。


まずAuthor of Exaltation-icon.png Author of Exaltation、これは絶対です。何があっても付けてください、緊急のバリアは成功率を大幅に上げてくれます。(特性を簡単に手にいれる方法は下に書いてあります。)


Master of Allusion-icon.png Master of Allusion、これはすべてのスキルのパワー消費と脅威を5%下げてくれるありがたい特性なので絶対につけて置いてください、DPSでも付けた方がいいでしょ。



Memorable Prose-icon.png Memorable Prose、メインのヒールスキルの気力消費を5%下げくれて、ターゲットの最大HPを500ぐらい上げてくれます。HPはどうでもいいのですが、気力消費を押させてくれるため、絶対付けなくてはいけない特性の一つです。上の特性と一緒につけていると10%も抑えられます。(普通のインスでは私はつけてませんがw)



Writ of Well-being-icon.png Writ of Well-being、この特性はWrit of Health-icon.png Writ of Healthの3段階強化を時間が過ぎても1段階落ちるだけにしてくれます。(普通は時間が過ぎると消えます。)なので最大1分半持ってくれます。このスキルのベストな使い方は3段階目から2段階目に落ちた時に入れることです。
なぜなら1段階落ちる時、この特性のおかげで3段階目の最後のHoTと2段階目の最初のHoTが同時に出るからです。(1段階目間で落ちるの待ってもいいでしょ)*このスキルは絶対ではありませんが助かることは確かです。



Rune of Endurance-icon.png Rune of Endurance、RKの唯一の普通のグループ・ヒール スキルを強化してくれる特性です。石が出てなくても強化されます。(ヒール記事を修正しました。)*このスキルは絶対ではありませんがグループが大いに助かります。



Overflowing Confidence-icon.png Overflowing Confidence、この特性はRKの気力回復スキルであるSelf-motivation-icon.png Self-motivationを使った時に、すべてのスキル気力消費を20%抑えてくれるバフを30秒間付くようにしてくれます、そのバフが付いてる間に色々付けってもいいでしょう。*この特性は絶対ではありません。



最後は何を付けようとかまいませんが、もしコラプション消しの2番手になった場合
Master of Connotation-icon.png Master of Connotationを付けるといいでしょ、レジがすごいですからねタクティカル・スキルは。








Author of Exaltation-icon.png Author of Exaltationを簡単に手に入れる方法。

かなり簡単です。まずめちゃくちゃ弱いMOBを探します。(レベル1でも構いません)
そのMOBにFinal Words-icon.png Final Wordsを使います。するとMOBが攻撃し始めます。その間にヒールスキルを自分に何発か入れて、その後はずっとバリアを入れます。一日に出来る回数が制限されていますので、それを見ながらやってください。多分1時間もしないで制限までの達成が可能だと思います。

runekeeper at 18:45 

2011年01月05日

RKのlegaciesについて記事書いて欲しいという要望があったので書いて見ます。あくまでも私個人の考えに基づいて書きますので、ご了承ください。




まず最初はヒールのlegaciesについて。(武器)

絶対に必要なヒールlegacies


healing
こちらはすべてのヒールスキルを強化してくれるので大いに助かります。


healing over time
こちらはHoTを強化します。RKはHoTが命なので絶対ついてた方がいいでしょう。


healing attuned skill power cost
11月のUPDで気力コストが大幅に上がったので絶対付いてた方がいいです。



あった方がいいleagacies

glorious foreshadowing duration
これは
Image:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowingを30秒から1分に伸ばしてくれます、待機時間は2分。あんまり使わない方は入れなくてもいいと思いますが、弱体化された今ではありがたいlegacieです。


steady attuned skill power cost
ヒールする時はDPSの時よりも傷・毒バリアとかをよくいれると思います。そのパワー・コストを減らしてくれますのであってもいいと思います。







ヒールのlegaciesについて。(バック)
ヒールではバックが一番重要です。


絶対必要なlegacies


mending verse healing
こちらはImage:Mending Verse-icon.png Mending Verseを強化するlegacie、RKはこのスキルを一番使いますので、絶対必要です。


word of exaltation cooldown

こちらはImage:Word of Exaltation-icon.png Word of Exaltationの待機時間を1分半から1分にしてくれます。このスキルはかなり重要なスキルですので絶対必要です。


self motivation power return
Image:Self-motivation-icon.png Self-motivationの回復気力を上げてくれます。気力コストが高い今ではもの凄くありがたいleagacieです。



あった方がいいlegacies

pulses prelude to hope
Image:Prelude_to_Hope-icon.png Prelude to HopeのHoTの数を増やします。つまり持続時間を増やすわけですね、30秒から1分になります。(合計+6のHoTができます)


あってもいいleagacies
一つしかないんですけどね。


epic for the ages healing
こちらはRKの最大ヒール・スキルImage:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Agesを強化してくれますが、詠唱時間が長く、traitsを入れても1回目は相変わらず遅いので、ほとんどのRKは使っていません。なので付いたらラッキー、付いてなくても全然気にしない感じでOKです。


これだけで1記事分、書いた感じがする。なので他の属性は今後の記事で書きます。


runekeeper at 19:05コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月23日

こんばんは、メンテナンスということで記事を書かないとね。
GRDも60になり、あとはモリアセット装備を手に入れれば満足だw

特性について、前にも色々書いたけれど、全部の特性についてではなかったですし、スキルに付くのを説明していたので、ここで完全に全部の特性を書こうと思います。



ヒール特性、最初はこちら


Image:Linnod of Peace.pngLinnod of Peace、こちらはImage:Calming Verse-icon.png Calming Verseを瞬時に発動できるようにしてくれて、ヒール脅威をさらに-10%にして、さらに+10%のヒールをくれます。





Image:The Prophetic Word-icon.pngThe Prophetic Word、こちらは中立アイトゥンのいくつかのスキルの待機時間を-20%にしてくれます。スキル一覧はこちらです。
image:Fall to Storm-icon.png Fall to Storm
image:Do Not Fall to Storm-icon.png Do Not Fall to Storm
image:The Blade will not Wound-icon.png The Blade will not Wound
image:The Fang will not Poison-icon.png The Fang will not Poison
image:Do Not Fall This Day-icon.png Do Not Fall This Day





Image:Rune of Endurance-icon.pngRune of Endurance、こちらはRKの唯一のグルヒル・スキルであるRousing Words-icon.png Rousing Wordsを30%強化してくれてImage:Rune of Restoration-icon.png Rune of Restorationの最大HPを30%増加してくれます。(MOBを引き付ける時間が長くなるわけです。)






Image:Author of Exaltation-icon.pngAuthor of Exaltation、こちらはImage:Word of Exaltation-icon.png Word of Exaltationの持続時間を+5秒延ばし、ダメージ軽減を更に-10%にしてくれます。





Image:Terse Narrative-icon.pngTerse Narrative、こちらはImage:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Agesの待機時間を0秒にし、詠唱時間を-0.5秒縮めます。





Image:Memorable Prose-icon.pngMemorable Prose、こちらはImage:Mending Verse-icon.png Mending Verseの気力コストを軽減し、回復した相手の最大HPを上昇させます。





Image:Writ of Well-being-icon.pngWrit of Well-being、こちらはImage:Writ of Health-icon.png Writ of Healthの3段階になっていて、時間が来ても1段階しか下がらないようにしてくれます。そしてスキル待機時間を減少してくれます。





Image:Master of Allusion-icon.pngMaster of Allusion、こちらはヒール・スキルの気力コストとヒールから発生する脅威を-5%下げてくれます。





Image:Wondrous Foreshadowing-icon.png Wondrous Foreshadowing、こちらは伝説特性です。
これを入れますと、Image:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious ForeshadowingがFS全体に効くようになり、自分のヒール力を+5%にしてくれます。




ScreenShot00252

runekeeper at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月06日

こんにちわ、zaifirです。
今回は私のお気に入りの特性とスキルです。
そして発動順番。


まずはImage:Author of Exaltation-icon.pngAuthor of Exaltation 、これは簡単にバリアの時間が長くなり、そして10%のダメージ減が付いて、合計8秒間-50%のダメージになります。グルヒルのバリアにも付きますので、私の中では絶対につけなきゃいけない特性になってます。




次はImage:Rune of Endurance-icon.pngRune of Endurance 、これをつけていると、ルーン石を出している時に、その範囲にいる仲間はRKからもらえるヒールが+20%から30%になります。(どっちか忘れちゃった)なのでこれも絶対つけたい特性です。




次はImage:Memorable Prose-icon.pngMemorable Prose 、これをつけているとImage:Mending Verse-icon.png Mending Verse で最大士気が+500与えてそして気力コストがかなり減少しますので、気力コストの減少のおかげで、私はほぼ永久的Image:Mending Verse-icon.png Mending Verseが使えるようになてます、RKには絶対つけないとダメな特性だと思います。



次はImage:Writ of Well-being-icon.pngWrit of Well-being 、これはImage:Writ of Health-icon.png Writ of Healthの3段階を時間が来ても1段階に下がるだけにしてくれます。そして待機時間を減少します。これは絶対ではないのですが、私は気に入ってます。




最後はImage:Terse Narrative-icon.pngTerse Narrative、これはImage:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Agesの詠唱時間をを短くし、ディレイ時間を0にしてくれますが、使わない人にはまったく無意味なので、入れない人も多いかもしれません。

変わりにImage:Master of Allusion-icon.pngMaster of Allusionを入れる人が多いかもしれません。これは気力コスト-5%の脅威-5%をつけてくれる特性です。



私はいつもヒールしている時はこの特性をつけてます。そして一番使うのはImage:Mending Verse-icon.png Mending Verseです。これを2~3回入れたあとにImage:Writ of Health-icon.png Writ of Healthを入れてます。これを3回繰り返せば3段階目に入ってくれるのでDOT多くなり、安定感が出てきます。たまに石も入れると消えずに常に+20~30%のヒールができます。変わりにImage:Prelude_to_Hope-icon.png Prelude to Hopeをあんまり入れないことをお勧めします。なぜならスキルとスキルの間に少しの間、少しだけ硬直するからです。0.5秒かもしれませんがそれでもでかいと思います。

最後にもっと安定を望む人はImage:All Fates Entwined-icon.png All Fates Entwinedを入れることをお勧めします。こちらに来るダメージは差ほどでかくありませんし(もちろんBGのボスは別次元ですので、自己判断でお願いします)ルーン石とグルヒルだけで自分を回復できます。

*このスキルを発動してる間は気力消費がかなり早くなくなるので、自分の気力にも目を配ってください。



もっと安定したい!!という方はImage:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowingをできるだけ入れてください、もちろんこれには伝説特性とlegacieを入れないと思ったほどの効果は現れないと思います。




さて次はいよいよ攻撃についての記事かな!!



ScreenShot00247

runekeeper at 12:53コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月04日

こんばんわzaifirです。
この前は攻撃について書くといいましたが、色々考えたらヒールはもっと色々あるので、第2弾を書くことにしました。


今回は他のスキルについてと、気づいたこと。


最初はImage:Writ of Health-icon.png Writ of Health です。これは入れれば入れるほど強力になる段階スキルです。全部で3段階あります。
このスキルは特性なしですと、3段階目にしても時間が来ると消えますし、スキルのディレイ永いです。特性ありですと、3段階にすれば時間が着ても1段に落ちてまた時間がリセットされます。
簡単に説明すると1段階100回復、2段階200回復、3段階300回復。3回入れると3段階目のヒールになります。時間は10秒だとします。(多分あってる)特性なしだと時間が来るとどんな段階でも消えます。特性入れてると10秒過ぎても第2段階になります。また10秒が過ぎても第1段階に入ります。全部で30秒も回復してくれますが、あくまでも他のスキルの補助だと思った方がいいです。理由は回復が4秒に1回だからです。回復量も500も行きません。あくまでも他のスキルの補助です。


そして申し訳ありません、この前の記事ではあるスキルについて書くの忘れたものがあります。
Image:Epic for the Ages-icon.png Epic for the Ages についてです。このスキルは時間掛かるからあんまり使ってないのですが、特性入れますと1500~2500回復と、なんとImage:Prelude_to_Hope-icon.png Prelude to Hope もつきます。私もこれは最近気づきました。


次はImage:All Fates Entwined-icon.png All Fates Entwined です。
このスキルはFSのダメージをRKに転送するというスキルです。転送するダメージの量は10%です。誰かが1000ダメ食らったとして、それが900になります。そしてRKには100はいるはずですが、RKにはもう一ついいものが付きます、それは転送されたダメの10%が減少されるということ。つまり転送された100ダメは90になるわけです。
しかし、このスキルは使い勝手が悪く理由は、RKのアイトゥンレベルが最大じゃないと使えないからです。 そしてRKはよく傷防御、毒防御、属性防御、自分専用バリア、よく使いそれがすべて中立アイトゥンだからです。中立の場合、自分が使ってるヒールアイトゥン、攻撃アイトゥンが下がっていき、使えるスキルが少なくなっていきます。なのに最大レベルじゃないと使えないのでよく途切れて入れ直さなくちゃ行けなくなりますので、やはり使い勝って悪いです(⌒-⌒)

このスキルでもう一ついいものを発見しました。多分闇の森以降追加されたと思われます。それはこのスキル起動時は詠唱妨害をまったく受けないことです。いくらMOBに殴られてもスキル詠唱バーが進みます。(MNSが嫉妬しそうな効果だw)

*このスキルに対する特性はありません。



最後はImage:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowing です。これはすごくありがたいスキルです。特性なしだとFSの一人に+5%のヒールをくれますが、そこまで使える感じではありません。しかし特性入れるとすごいです。なんとFS全体の人に+5%をくれます、そして自分にも+5%のヒール力をくれますので、合計10%+になります。持続は普通は30秒、伝説武器で強化すると1分もちます。ディレイは2分ですが、切れた後1分待つだけでまた使えると考えればかなりいいスキルだと思います。(戦いの半分も+10%でヒールできるって事なんですよね。)
*レイド全体には効きません。




*(アイトゥンとはRKの熱狂みたいなものです。アイトゥンは常に中立を保っており、攻撃するとそれが段々攻撃のアイトゥンに変わります。反対にヒールするとヒールのアイトゥン変わっていきます。それぞれ9段階あります。)





次は自分のヒールの仕方いや、RKヒールでよかったところを書いてみようと思います。

runekeeper at 18:48コメント(0)トラックバック(0)