RKの攻撃スキル

2011年01月03日

2日遅れですが、明けましておめでとうございます。

さて、最近(RKよくわからない、スキル多すぎる)をよく耳にします。
なので、私のスキル順や置いてる場所を見せようと思います。


まず、私のスキル配置。
スキルパレド
*クリックすると大きくなります。

私はDPSルーンキーパーなので右側がDPSスキル、左側がヒール・スキル。
見ての通り、アイトゥン・レベルで並べています。(新しいスキルは除外でw)
メイン・バーにはいつも押すスキル、shiftにはアイトゥン・レベル3のスキル、altにはアイトゥン・レベル6のスキル、ctrlには最強スキルを入れてる感じです。
今は雷なのでこういう配置になってますが、火だと少し変わります。

とりあえず、DPSとヒールを分ける、そしてさらにアイトゥン・レベルで分ければ少しやりやすいのではないかなと思います。



私が打ってるスキル順

最初アイトゥン・レベルが3になるまでImage:Ceaseless Argument-icon.png Ceaseless ArgumentImage:Scribe's Spark-icon.png Scribe's Sparkしか撃っていません。

レベル3に達したら、Image:Writ of Fire-icon.png Writ of FireImage:Writ of Cold-icon.png Writ of ColdImage:Distracting Flame-icon.png Distracting FlameImage:Shocking Words-icon.png Shocking Wordsの順で撃っています。もちろんこれは一番最初の時だけです。その後はスキルのディレイが違って順番が変わります。

最高レベルはとどめようとかかな、雷の場合は自分にImage:Harsh Debate-icon.pngHarsh DebateImage:Thunderous Words-icon.pngThunderous Wordsのどちらかが付いてる時に以外撃ってないです、両方付いてるほうがベスト。

レベル6はたまにしか撃っていません。雷トレイトにしていると雷以外の属性をあんまり使わせてくれません。(レベル6は範囲が多いので敵が硬く、そして多い時が一番使います。

runekeeper at 16:16コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月06日

皆さんお久しぶりです、かなり長い間ブログ書いてなかったのですが、メンドくささと仕事で書く気力がなくなってたのが原因です。

仕事では今ある販売サイトを立てたところで、全部オーガニックな物しか販売していないが売りのサイトです。コスメやサプリメント、そしてアロマを売っています、興味あったら覗いてください^^

オーガニックビューティ



さて、クリティカルの話ですが、闇の森ができてからなぜかCHNにクリティカルのダメージUPのレガシーが出てきました。(せっかくRKの売りがクリティカルだったのに、これじゃ格下げじゃないか!!)と思う人もいるでしょう。

確かにレガシーで+50%のクリティカルダメージはすごいですが、RKは最初からそれを超える(雷なら)ことができるんです。


kaminariset
前の記事にも載せていますが雷の特性セットでは3つでいきなり+30%。4つだと1攻撃アイトゥンレベルに付き+4%で9レベルあるので合計36%になります。そしてアクセと防具に付いている物もあります。指輪が二つで+12%、防具で+10%(モリアの篭手と胴)。

そうです。RKは合計で+88%になっています。もちろんアイトゥンレベルが最大の場合です。けど普通の時でも52%なのでCHNには負けていません。後は最初のDPSで勝負となるわけです。

そしてまた番う形で増えることもありますが、それは特定のスキルにのみ適応されるので計算には入れていません。

RKの皆さんが少しこれで安心できると嬉しいです。




さて、もう一つ最近気づいたこと。それはRKの攻撃にはブロックや受け流しをされることがないんです。なので前だろうと後ろだろうと関係がないんです。MOBのレジは360度なので打つ場所はまったく関係がないわけです。


言い忘れましたがクリティカルにはもう一職います。それはHNTです。HNTの皆さんごめんなさい;
HNTはRKと一緒でクリティカルが出やすい職で、そのダメージを上げるクリティカル乗数のレガシーを二つ持っています。一つは全部のクリティカルに効くレガシー、そしてもう一つは、あるスキルのクリティカルにのみ効くやつです。もちろん特性セットでも上がります。
全体のクリティカルでは35%で、あるスキルだけ60%になります。
どのスキルなのか資料不足でわかります、申し訳ないです



俺がひらめく時ScreenShot00253

runekeeper at 17:48コメント(5)トラックバック(0) 

2010年02月16日

こんにちわ、zaifirです。
ヒールpart2Image:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowingの説明が足りなかったので追加しておきました。こんなに大事な事を忘れるとは情けない



さて雷ですが、雷の主な攻撃特徴としてはクリティカル率と倍率にあります。
そして、スキルを強くする特性もありますが、他の特性セットと違う所はスキルを撃つと自分にバフが付くところです。(それで特性の説明も長くなるんだよね~)




最初はImage:Ceaseless Argument-icon.png Ceaseless Argument このスキルは雷RKの人なら一番使っているスキルでしょう。気力コストが一番低く、連続で使えて、ダメージは最低でも200出ます。特性を入れますと、攻撃する時に10%の確率で+10%の雷攻撃が付きます。(一番愛用しています。)



Image:Scribe's Spark-icon.png Scribe's Spark、こちらはImage:Ceaseless Argument-icon.png Ceaseless Argument の強化版だと思ってください。ただし連続で出せません。しかし攻撃アイトゥンが上がってれば上がってるほど強くなります。(1アイトゥンにつき+2%の攻撃力、このスキルのみに有効です。)そして特性を入れますと、10%の確率で1950のpenetrate resistance をつけてくれます。これは敵のスキル抵抗を減らすものです。多分ですが、これで抵抗を減らし、そしてダメージが大きく出やすくなるかと思います。




Image:Shocking Words-icon.png Shocking Words、このスキルは素晴らしいスキルです。雷の中で2番目のダメージを誇り、そしてなんと言ってもスタンが付いてます。中立の時は0%のスタン率ですが、1攻撃アイトゥンごとに+7%のスタン率が追加されます。全快の場合63%の確率ですが、伝説アイテムのlegacieのスタン率を全快でつけてあげると83%となり、敵はほぼスタンしてくれます。私の中では攻撃用の伝説アイテムのスタンlegacieは絶対になってます。(このスキルの特性はありません)




Image:Essence of Storm-icon.png Essence of Storm、こちらのスキルはダメージは普通なのですが、1攻撃アイトゥンに付き+3%のクリティカル率が付きます。残念ながらこのスキルにのみ有効です。そして一番ありがたいのはクリティカルが出た場合、そのクリティカルが2倍になります。だからこのスキルではよくクリティカルが出て、そして大ダメージを与えてくれるのです。私の見方ではクリティカルは通常の攻撃の2倍、もし普通の攻撃が100とすればクリティカルで200になります。そしてこのスキルだけその200が400に変わるわけです。(このスキルに特性はありません)




Image:Vivid Imagery-icon.png Vivid Imagery、こちらは自分を中心に広がる範囲スキルで、3体に対してダメージとDAZE効果をもたらします。スキル待機時間は5分です。
このスキルは伝説特性のImage:Perfect Imagery-icon.png Perfect Imageryで変わります。特性ありですと更にダメージを与え、スキル待機時間を5分から3分に短縮し、さらにRK本人に+30%のクリティカル率のバフを与えます。




そして最後はこちらImage:Epic Conclusion-icon.png Epic Conclusion、こちらが雷で一番強いスキルであり、諸刃の剣でもあります。こちらはlegacieありで大体1000ダメージを出します。そしてこのスキルにImage:Closing Remarks-icon.png Closing Remarksという特性を入れるとImage:Harsh Debate-icon.png Harsh DebateImage:Thunderous Words-icon.png Thunderous Wordsが自分に付いてる場合+100%の攻撃力が付きます。(このスキルのみ有効)一つですと+50%の攻撃力が付きます。(上は特性です、スキルと同じ絵なので分かると思います)このスキルのクリティカルはすごいものがあります。普通のクリティカルでも3000ぐらいで、バフが二つとも付いてれば大体5000は出ます。このスキルの最大クリティカル ダメージは未だにわかりません、私は6000を何回か出したことがあります。
しかし、このスキルの嫌なところがあります。それは、使った後10秒間はすべての攻撃スキルの気力コストが+50%になります。これが私の言っていた諸刃の剣です。使った後は下手に大きなスキルが使えません。(もちろん気力にまったく問題ない人は別ですが)私はとどめようによく使っています。もし、まだまだ戦いが続きそうなのに使った場合、消えるまでImage:Ceaseless Argument-icon.png Ceaseless Argumentを使う事をお勧めします。


雷は以上となります。
次は特性セットについて書こうと思います。



ScreenShot00239さて、どこでしょう?分かりやすすぎるかな?w


runekeeper at 20:29 

2010年02月15日

もうすぐGRDが60になりそうで喜んでるzaifirです、こんにちわ。

この前の画像の場所はWWの町の近くで撮りました。


さて、火に入りましょう。
火の主な攻撃は全部DOTとなります。

まずImage:Fiery Ridicule-icon.png Fiery Ridicule、このスキルは特性なしだと詠唱は長くそこまで使えませんが、特性ありですとかなり使えるようになります。
そして重なりますので連続で使ってもOK。特徴としては大ダメージをお与えた後、6秒間2秒毎にDOTダメージを出します。しかし気力コーストが100以上と高めです。
特性を入れると+40%のダメージになり、Image:Fiery Ridicule-icon.png Fiery Ridiculeの前に入れた火スキルの数いよって+10%のダメージを出します。


Image:Writ of Fire-icon.png Writ of Fire、このスキルはDOTのみのダメージですが回復が特性なしでも早く、3段階に分けられます。1段階から2段階、2段階から3段階と上げるにつれて、+20%のダメージになります。火にある氷の特性と一緒にやると気力の掛からないスキルとなります。特性を入れますと時間が過ぎても1段階下がるだけになり詠唱時間が短くなります。


Image:Distracting Flame-icon.png Distracting Flameこちらは60でもらえるスキルですが、残念ながら特性なしだと使い勝手が悪いです。30秒間5秒毎にDOTを出します。詠唱時間は短く脅威を下げてくれますので使わないわけがないのですが、60でもらえるスキルとしてはちょっと不満が残ります。しかし伝説特性を入れるとダメージが2倍近くになり、スキル回復も半分になり、そして敵のTACTICAL DEFENCEも下げてくれます。短縮は1分から30秒になります。LEGACIEもこのスキルの時間短縮があるのですがあんまり使えません、なぜなら重ならないからです。しかしマイナスのDEFENCEは重なります、そして重なっていれば、敵に付いてるDOTの時間が来てもすぐ次のDOTが入ります。(脅威を下げてくれるのは大きいのでHPのある敵には使った方がいいでしょう)


次はImage:Essence of Flame-icon.png Essence of Flameです。このスキルもDOTダメージのみです。6秒間2秒毎にダメージを出します。ダメージはかなりでかく使わない手ははないです。しかし詠唱時間は長く、スキル回復も長いです。それを短くするには火特性を3つ以上入れてないとダメです。詠唱時間が-1秒、スキル回復が-3秒になります。(通常は20秒で回復します)


Image:Scathing Mockery-icon.png Scathing Mockery、このスキルは大好きです。火の唯一の範囲スキルです。5タゲまで入れてくれます。詠唱時間は長いですが、全体的なダメージを考えれば入れないわけにはいきません。スキルの回復時間は20秒ですが、DOTが30秒も残り、そして重なりますのでずっと入れ続けることが可能です。敵が多いところでは絶対と言えるスキルです。(特性はありません)



そして最後にImage:Smouldering Wrath-icon.png Smouldering Wrath、こちらはかなり特注です。今までの火スキルでは詠唱時間がありました。そして入れた後は動き回れます。しかしこちらのスキルでは、詠唱時間がない分動けません。皆さんも見たことあると思います。RKが自分のルーンを前に出してグルグルと回してるところを、それがこのスキルです。火のスキルではこいつが最強のスキルです。特性を入れますと敵の火抵抗を-1000も入れてくれますのでつけても損はないと思います。


火はこれぐらいですね、何か気づいたことがありましたらコメントください、修正しますので。


ScreenShot00162
ここはどこかなー?w

runekeeper at 18:35コメント(3)トラックバック(0) 

2010年02月08日

こんにちわ、zaifirです。
いよいよ攻撃についてですが、その前にDNでRK二人で同じFSをヒールするチャンスがあったので、いくつか気づいた点を報告。

RKに残念なお知らせです。同じFSでImage:All Fates Entwined-icon.png All Fates EntwinedImage:Glorious Foreshadowing-icon.png Glorious Foreshadowing、そしてImage:That Which Does Not Kill Us-icon.png
That Which Does Not Kill Us、を同時に使っても重なりません。かなり痛いですが、ヒールの安定感はMNS一人より上に感じました。
以上


では攻撃に移ります。
その前に基礎知識。RKの攻撃は3属性に分けられます。雷、火、氷、この3属性にはそれぞれの役割があります。雷はクリティカル、火はDOTダメージ、氷はデバフ。
これに着く特性は、雷特性と火特性、氷はありません。雷は1撃で大ダメージを与えたい人向け。(私みたいに)
火はDOTダメージが好きな人、そしてスキルを早く回復させたい人向け。(理由は攻撃特性の記事で話します)、氷はデバフが主です。

まず氷から話します。(一番速く終わりそうだから


最初はChilling Rhetoric-icon.png Chilling Rhetoric、これは一番最初の攻撃で入れたくなるスキルです。これが入ってる時はマイナス70%の移動速度が入りますが、攻撃すると解除されます。特性を入れると攻撃してもマイナス30%のまま残ります。(闇の森の最初でバグが発生して特性ありでも解除されてました。今は試してませんので、分かる方がいましたらコメントお願いします。)
*moonさんが調べてくれましたが、バグは直っているようです。


Image:Writ of Cold-icon.png Writ of Cold、こちらはダメージと攻撃時間のデバフを与えます。なによりスキルの待機時間が少なく連発できる所がかなりGOODです。このスキルは3段階に分かれており、入れれば入れるほどデバフが強化されます。3段階目でプラス30%の攻撃時間になります。Image:Frost-burn-icon.png Frost-burnという特性でImage:Writ of Fire-icon.png Writ of Fireの持続時間をリセットしてくれます。しかし時間が来るとどの段階だろうとImage:Writ of Cold-icon.png Writ of Coldが消えますので欠かさず入れてください。その代わりImage:Writ of Fire-icon.png Writ of Fireを最大にしたら、もう入れなくても大丈夫です。
つまりImage:Writ of Cold-icon.png Writ of Coldが入っていれば、そのままImage:Writ of Fire-icon.png Writ of Fireが維持されますので3回入れたら後は氷を入れるだけです。


Image:Essence of Winter-icon.png Essence of Winter、こちらは大ダメージとプラス100%の気力消費のデバフをつけます。デバフが付いた相手は2倍の気力消費になるわけです。特性はありません。


Image:Frozen Epilogue-icon.png Frozen Epilogue、これは上に書いてある二つのデバフを両方を最大の状態でつけてくれます。ただしスキルの待機時間は5分と長いのでここぞって場面で使った方がいいでしょう。


Image:Flurry of Words-icon.png Flurry of Words、これは相手にぶつけるスキルではなく、自分の周りに氷を降らせて持続ダメを与えるスキルです。デバフはevadeがマイナス2800をつけてくれますので、よくよける相手には効き目抜群でしょう。



そして最後に、氷はChilling Rhetoric-icon.png Chilling Rhetoricを除いてすべて範囲攻撃になっています。

Image:Writ of Cold-icon.png Writ of Coldは3タゲまで。
Image:Essence of Winter-icon.png Essence of Winterも3タゲまで
Image:Frozen Epilogue-icon.png Frozen Epilogueは5タゲまで
Image:Flurry of Words-icon.png Flurry of Wordsは範囲に入ってるものすべてにダメージとデバフをつけます。範囲外に出ればなくなります。

これで凍りは以上です。


ある小さいゲームを考えてみました。
記事の最後にゲーム内で撮ったSSを載せます。小さく載ってますがクリックするとでかくなります。
場所が分かる人いたらコメントください、分かる人いるかな?(≡ω≡.)

ちなみにヒールpart3でも載せましたが、あれは北連のワームの入り口からでした。


ScreenShot00233

runekeeper at 16:05コメント(4)トラックバック(0)