2006年01月08日

新作映画5

掲示板に役所広司氏の新作映画情報が投稿されたので、早速検索してみた。
日本語の記事だと以下の山形新聞1月6日付記事が詳しい。

(以下記事引用)

 2007年のカンヌ映画祭での上映を目指して制作され、全米、日本などで公開を予定する映画「SILK」のロケ地に酒田市が決まった。監督らスタッフが昨年9月、市内の山居倉庫周辺を視察。北海道小樽市など国内10数カ所の港町の中から、昔ながらの風情を残す酒田市を選んだ。撮影は、今年3月20日ごろに行われる予定。

 「SILK」は、「ロード・オブ・ザ・リング」などの制作に当たったアメリカの大手映画会社ニューラインシネマが約22億円を投じて作る。原作者は、日本でもヒットした「海の上のピアニスト」で有名なアレッサンドロ・バリッコさん。監督は、アカデミー賞音楽賞を受賞した「レッド・バイオリン」を手掛けたフランソワ・ジラールさん。主演は、巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督作品でも主役を演じたことがあるマイケル・ピットさんが務め、日本人では役所広司さん、中谷美紀さんらが主要な役どころを担う。

 「SILK」の舞台は、19世紀のフランス。絹の生産で栄えた町に、謎の病気がまん延し蚕が死滅する。主人公(マイケル・ピットさん)は、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕を求め、日本にたどり着く。フランスに妻を残し日本への旅を重ね、そこで出会う日本人の美しい女性との叙情的で官能的なラブストーリーを描く。

「乗馬の練習」はこの撮影に絡んだものではなかろうか。
カンヌ上映を目指す作品となるとのことだが、是非助演ノミネートも狙ってほしいものである。



runemac at 21:50│Comments(0)TrackBack(0) 役所広司 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
最新TB