2017年11月20日

週末はNGK

いよいよメジャーな所で今年の最終戦 鈴鹿サンデーロードレース最終戦 NGK杯が今週末にせまりました。

残念ながらST600ナショナルクラスでチャンピオンが掛っていた玉田は諸事情ありまして欠場(><)

しかしTeam ALTECからは馬場選手がナショナルGP3にデビューします。

軍団榊原の一員でもある彼は同じ軍団榊原からデビューして活躍中の鈴木選手対してライバル心剥き出しメラメラと燃えてます。

そんな彼に、カウルの修理とかステッカーとか自分でやれっっと言いながら

優しい(駄目な経営者)な僕は結局

練習用にカウルを修理して、ステッカーを切り出して・・・・・無言のプレッシャーを掛けます(笑)


DSC_0884

DSC_0885


ばばぁ〜、スクリーンとか足りん部品は買えよ!! んで、ステッカー貼るのは現場で!!

後、材料費位はくれや!!(爆)


とそんな事なっかりではおまんまの食い上げなので

ちゃんと仕事してますよ

RRドリームカップのグラチャンに出場するN選手のマシンを着々と準備したり↓

image

むふふ!!

ところで、↓の画像はなんでしょう?


DSC_0866






MC28 のピストンリング!!

ここまでやんないと外せない程のスティック具合でした(><)

そんなMC28のエンジンパーツも一部別途手配中のものを除き


DSC_0867

ほぼ揃いました!!  グリーン様NGKの時にアレお願いしますです。 あっ、バルブは上下ともあきまへんでした(><)


これとは別にCB90エンジンもキックしたらロックしたとのことで

もう約10年前に組んだエンジンで、構造もすっかり忘れてまして

キックギアの交換なんぞカバーあけて楽勝と勘違い・・・・

ケース割らな交換出来ん(><)

で、エンジン分解

約10年前、持てる技術をフル投入して作ったエンジン

自分で作ったとは言え、良くこんなんやったなと感心してしまう(笑)


DSC_0868

DSC_0869

蘇る記憶、このインナーローター作るの大変だったなぁ〜!!

でっ、分解完了

やはりキックギア破損


DSC_0876

DSC_0877

プライマリー側も当然

DSC_0880

おっ、書いてたら部品が届いたようだ!!

頑張るぞー!!

runnerupracing1991 at 15:22|PermalinkComments(2)clip!

2017年11月15日

今日のアルテック

こんな感じ、NGKに向けて準備と、既にシーズンオフ的なヘビーな作業が多数スタンバイ。 このシーズンオフはかなり忙しそうだ。[画像:737de0f3-s.jpg]
[画像:38234f5a-s.jpg]
[画像:735a4bd9-s.jpg]
[画像:7a19b7da-s.jpg]
[画像:16a4ed5f-s.jpg]



runnerupracing1991 at 14:44|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月07日

御連絡

今日から二日ほど、家のリフォームで二日程大工します。

棟梁はレース仲間のともやん、ぼくはデッチ(笑)

なので、いるにはいますが、仕事して出来ないので宜しくです(汗

今月はトラックの車検もあるし・・・・

出費がやばい・・・・

来月は恐怖の決算月&年末&〇〇・・・・・

憂鬱だぁ〜〜

runnerupracing1991 at 08:17|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月06日

レースレポート 2017全日本ロードレース選手権 最終戦 MFJグランプリ

Team ALTEC NECTO T-Craft 参戦報告

2017MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦
MFJ グランプリ
MFJ-CUP

鈴鹿サーキット
2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦終戦
11月2日(木)〜11月5日(日)に渡り、三重県 鈴鹿サーキットにてMFJ全日本ロードレース最終戦が開催されました。

残念ながら前戦岡山ラウンドで転倒ノーポイントとなったST600クラス安福選手は最終戦への出場が出来ない為、MFJ-CUPに小谷選手のみ参戦となりました。

■ JP250クラス

#46 小谷 咲斗 

Team ALTEC NECTO T-Craft マシン ヤマハ YZF-R25

予選:A組 総合7位 インター4位  2‘32“100
   総合 総合14位 インター7位

決勝 リタイヤ

11月2日 木曜日 特別スポーツ走行

天候 晴れ 路面 ドライ

今回は木曜に特別スポーツ走行が2本あり、事前テストが台風の影響からフルコースでは無く東コースでのテストとなった事もあり、サスペンションセッティングを中心とした確認を主としたテストを中心に走行を重ねる。

ここまで積み上げてきた車体、特にサスペンションは問題無く、エンジンも事前テストでアップグレードしたマフラーの調子、セッティング共に順調なしあがり



これまでのベストタイムも余裕で更新し、まだまだタイムアップは可能な状況

しかしながらCBR250RR勢の速さが際立っており、非常に苦しい状況

11月3日 金曜日 特別スポーツ走行

天候 晴れ 路面 ドライ

この日は特別スポーツ走行が一本のみ、順調にセッティングの確認、ベスト更新、小谷のコーナーリングでの速さは際立つものの、ホンダ勢のタイムから2秒以上引き離される状況、ここまで積み上げたマシン、小手先で何か手立てが打てるような事は無く、重い空気が流れる。

11月4日 土曜日 予選/決勝

天候 晴れ 路面 ドライ

予選 

A組みの予選は早朝一番8時からのスタート、いつもの事ではあるが走行の位置取りによっては命取りとなってしまう予選、早い時間からマシンを待機場にならべスタートを待つ

しかし、走行時間15分以上まえに、オフィシャルによってピットロードに誘導され、混乱状態となり、待機した意味が無くなる状態、チームスタッフが懸命にリカバリーしスタートまでの15分をウォーマー無しと言う状況は回避出来たが、何台かのチームは冷えたタイヤでの予選出走となった。

そして予選スタート、残念な事に、絡んでは行けないグループに囲まれてしまう展開となり、中々タイムを上げられない。 現在の状況だと手がつけられない速さの上位ホンダ勢にはついて行けないライダーが小谷を含めたR25トップクラスライダーを予選での指標にしてくる傾向があり、益々厳しい状況となる。

しかし、有る程度車輛の確認を終えた小谷はピットイン、そして最後のアタックへむけ、トップ2に絡めるべくタイミングをはかり、コースインし、残念ながらトップ2台はすでに全開アタックをやめており、大幅なタイムアップは出来なかった。それでもなんとかタイムを更新し、A組総合7番手、総合で14位で予選を終えた。


決勝 

そして、長い、本当に長いインターバルの後、午後3時からの決勝

昨年から始まった2年間のプロジェクトの最後の締めくくり、ライダー、スタッフ共に色々な思いを馳せながら、サイティングラップへ小谷を送り出すスタッフ。

そしてグリッド、この体制での最後のグリッド、小谷の握手はいつもより力のこもった力強さを感じた。

ホンダ勢のタイム、ポイントの関係上、上位陣の混戦、激戦が予想される為、とにかく一周目、上位を形成するであろうホンダ勢について行く事が重要となる、それされ出来れば、邪魔になるライダーを振り払い、どこかで起きるであろう波乱に乗じる事、パワー差、タイム差からそういう作戦しかチャンピオンを取れる可能性は無い

そして、ウォームアップラップ

レッドシグナル消灯

決勝スタート

いつも通りのジャストタイミングなクラッチミート

しかし、やはりホンダ勢に対して少しだけ伸びないR25

それでも、予選順位より3つ上げ11番手で一周目、なんとかホンダ勢について行く小谷

その一周目、やはりトップグループにいたチャンピオン争い中の藤井選手が転倒

チャンスが巡ってきた

と思ったつかのま、2周目のヘアピンで全走車が転倒、避けきれなかった小谷も巻き込まれ転倒、幸い再スタート出来たもののクラッチレバー、チェンジペダルを損傷、しかし数台を巻き込む多重クラッシュとなり赤旗中断となった

ピットに戻る小谷、しかし修復にパーツが足りず、懸命に岡の上のEパドックに走るスタッフ、再レースのコースオープンに間に合わない
それでも、なんとか修復を完了し、ピットロード出口、ピットロードスタートかと思ったが、幸いウォームアップラップに間に合い、なんとか元のグリッドに付く事が出来た

そして2周減算の6周でのレーススタート

一回目より少し順位を落とし12番手、しかし、トップグループから徐々に離されてしまう、なんとか追い上げようと苦闘しながら第2グループで奮闘するものの、いつものコーナーリングが出来ていない、そして最終シケインで転倒

リタイヤとなってしまった。

やはり転倒の提供でフロント周りの動きがおかしく、思うように動かないマシン、シケインで止まり切れずの転倒

応援していただいた関係各位、スポンサー様の皆さま、結果を出す事が出来ずに誠に申し訳ありませんでした。

今年の全日本チャンレンジはST600もJP250も本当に苦しいチャンレジとなってしまいました。

ツキが無かったと言ってしまえば簡単ですし、レースの世界にタラレバは禁物です、それもこれも全て積み重ねからくるもの

とは言え今年は本当にツキの無い一年でした

CBR250RRが後半から登場する事が解っていてのYZF-R25でのJPは特に前半戦でポイントを稼ぐ必要があったにも関わらず、開発が追いつかずの苦しい開幕戦筑波、なんとか開発がすすみ始め、ライダーも絶好調フリー走行からトップで走れていたのに決勝が雨霧で中止に、そして同じように絶好調のフリーから雨霧で予選すら中止になったオートポリス

また、筑波で21位、もう1つでポイント取得と言う位置で終えてしまったST600の安福はその後のJP250 4時間耐久のテストでの転倒から岡山ラウンドまで欠場を余儀なくされました。 

しかし、多くを得る事が出来たのも事実

まだそれぞれ来年の事は決まっておりませんが、スタッフ共々昨年、今年と得た物を今後に生かすためにするべき事をしっかり考え実行するのみ

本当に2年間の短いプロジェクト、皆さまの応援、御協力のお陰で一応の完結までたどり着けました、本当にありがとうございました。

ライダー共々、今後共何卒宜しくお願い申し上げます。



runnerupracing1991 at 12:02|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月30日

いよいよ

2017年全日本最終戦鈴鹿 MFJ GPが今週末に迫りました!!

幸い二度めの台風はあっというまに過ぎ去ってくれて、なんとかフルコースでの開催が可能なようです

復旧作業にあたっている皆様に頭が下がりますね、どうか安全に!!


さて、作業日誌

これ以外にも色々やってますが・・・・

大雑把なところでは

↓は予定の作業は完了し今日一応納車

DSC_0792

グラチャンに向けて、色々要確認

噂や情報は色々あるけれど、結局は自分たちで一つ一つ確認しないといけない

出遅れ感はありますが、そこは経験と人脈とライダーポテンシャルで!!


んで、↓のタイヤ交換を台風まっただ中にやって


DSC_0815


ちょっと止まってた↓


DSC_0820

とりあえず、エンジン降ろして

分解完了

DSC_0816

う〜〜〜〜

あれもこれも・・・・


DSC_0819

DSC_0817

DSC_0818


酷い状態・・・・・、どうすんだオレ(汗)

とりあえず洗って・・・・・・orz

注意!!  

現在ALTECは全体的に酸っぱい匂いで充満中(汗 程度はちょっとばかし目にくるくらい(泣)

あの匂いに弱い人は、来店時、マスクをお忘れなく(爆) 

runnerupracing1991 at 16:34|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月26日

ご連絡

身内の不幸がありまして、明日は早めに閉店、明後日は一日お休みさせていただきます。ご迷惑お掛け致しますが宜しくお願いもうしあげます。

runnerupracing1991 at 14:45|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月23日

選挙に台風

昨日今日の台風凄かったですね、ALTECは高台なので被害は皆無でしたが最寄の宇治山田駅を含めアチコチでかなりの被害だったようです。 全国的に相当な被害が発生しているようですが皆様はどうだったのか心配、とは言え何も出来ない私は自分の出来る仕事を精一杯やるしかないですね。

台風直下の中、総選挙、おおよそと言うか今回は流石に殆ど予想通りの結果、
小選挙区制度では致し方ないと思いますね、残念ながら対抗馬が・・・・

私の地方でもおおよそそんな感じで、比例はともかく、小選挙区となると党で選ぶにもこの人?って感じで、私は仕方なく無記名投票となりました(><) 

私常々思うに政党政治ってこの国に合わないんじゃ? もしくは選挙制度を根本的に見直さないとどうにも・・・・

MFJも同じ感じなんですよねぇ〜

と作業日誌とは脱線しました

えっと、私事も無事終わり、残す私的ビッグイベントは後年内に一つ、それを乗り越えれば・・・・

憂鬱この上ない・・・・

とまた脱線

えっと、タカズミのR6の整備は完了!!  

DSC_0803

おーいタカズミ、ステダンどうするだ? テルのはもうあてに出来へんでぇ〜(><)


でっ、昨日出かける前に、身辺整理ではないですが、思い立ったら吉日、サブの作業場を模様替えしました。

DSC_0805

いままでほぼ作業保管場所となってしまっていたエリアを効率良く作業出来るスペースへと変更

気持良く作業できます。

んで、やっと出来たスペースには早速・・・・↓


DSC_0806

かなり朽ち果てモードのMC28

もはやレストア・・・・

エンジンもかなり壊れてるらしいし・・・・

復活するのか?!

頑張ります・・・・・


runnerupracing1991 at 17:18|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月21日

いろいろ

いやぁ、誠にすみません

サボり過ぎです・・・

ボチボチ色々あります・・・・

いかんなぁこんな事では

あんな事やこんな事やりました。


DSC_0737


DSC_0559

DSC_0696

DSC_0697

DSC_0723

DSC_0790

DSC_0788

DSC_0729

んで、今これ

DSC_0792

おそまきながら遂にALTECでもRR

早速、噂のここで苦労しました

DSC_0796

無事外せました(笑)

そんなこんなな日々のALTEC

ネタは沢山あったのに

なんだかんだと・・・・

あっ、明日は私事でおそらくほぼ休みになります。


runnerupracing1991 at 09:40|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月03日

レースレポート 全日本ロードレース弟8戦

Team ALTEC NECTO T-Craft 参戦報告

2017MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦

岡山国際サーキット
2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦終戦
9月30日(土)〜10月1日(日)に渡り、岡山県 岡山国際サーキットにてMFJ全日本ロードレース第8戦が開催されました。

今年に入って初めて雨の影響の無い全セッションドライでの走行となった全日本岡山ラウンド、ST600クラスは第1戦筑波以来の復帰レースとなる安福、JP250クラスはインタークラス2位でチャンピオン獲得に向け正念場となる小谷選手が出場しました。

■ ST600クラス

#45 安福 央樹 

Team ALTEC NECTO T-Craft マシン ヤマハ YZF-R6

予選:31位 
決勝:リタイヤ 

9月29日 金曜日 ART合同走行

ART合同走行 天候 晴れ 路面 ドライ

事前テストから抱えている足回りの問題を解消すべくセッティングを進めるものの、中古タイヤと新品タイヤでのグリップの変化と路面グリップと相性等々問題を解決出来ないまま、ライダーの走りも精彩を欠き、セッティングも対処療法的なセッティングしか出来ない状況、ベストタイムも出せない状況。 土曜日の予選に向けて、走り方、その他諸々の部分で現状のベストでは無く、予選もセッティング、及びライディングのアジャストに使う方向に決めて一日目の2走行を終えた。





9月30日 土曜日 予選 天候 晴れ 路面 ドライ

31位 ベストタイム 1‘38“078

予選時間一杯を使い、予定していたメニューを全てこなすものの、問題となる症状に大きな変化はなく、タイヤの状況に関わらず低いレベルでタイムが変わらない、現状では万事休すと言う状況で自身の持つベストタイムも出せずに予選を終える。

非常に厳しい状況となったが、基本的な部分でのマシンバランスは悪くないのだが、微調整をして日曜朝のウォーミングアップにかける

10月1日 日曜日 天候 曇り 路面 ドライ

ウォームアップ  29位 ベストタイム 1‘38“606

朝のウォームアップ走行は、前日予選で使ったタイヤのまま走行。ある程度現状ベストの状態を確認し、走行を終える、感触は変わらず、深刻な状況

決勝 リタイヤ 

決勝までの間に、急遽セッティングを大きく変更する事に決定する。 方向としてはこれまでライダーが難色をしめして余り試したがらなかった方向。 チームとしてはこのまま走っても大きな変化は期待できないと判断し、幸いサイティングラップが2周は可能なので、駄目なら元に戻す事とした。 そして決勝、ウイークで初めて一番にコースに出て行く安福、そして予定どおりピットインするがそのままスルー、ライダーの開き直りと、変更したサスセットは良い方向に出たようで、レース後のコメントでは「今まで出ていた症状がうそのように消え、これならいけると思ったとの事」 そしてグリッド、担当メカニック一名を残し、グリッドを後にする。 スタンドを降ろし、メカニックも退場。ウォームアップ走行に出て行く、グリッドへ、レッドシグナル点灯、そして消灯スタート。 安福はスタートを少しミスするものの、1コーナーでアウトから挽回。そして2コーナー、今まで出ていた跳ねが消えバックストレートまえのアウトウッドはかなり良い感じで登り、バックストレートでかなりの台数抜き、チームもライダーもこれならイケる」と思った、矢先、バックストレートエンドのヘアピン前方で数台か接触転倒、その直後の集団が回避ブレーキ、安福が気が付いた時点でも既に減速が間に合わず、前走車に激突、そのままリタイヤとなってしまいました。

レーシングアクシデントとは言え、全走者に激突、赤旗中断を引き起こしてしまいチームとしても関係各位様にお詫びいたします。
アクシデント直後は激突してしまった小山選手と安福がドクターヘリで運ばれる事態となり、特に小山選手の様態が心配でしたが、現状命に別状はないとの事でほんの少しですが安心しました。安福は全身強打はしているもののその他に異常はありませんとの事です。 改めまして御心配、御迷惑をお掛けした皆様に心よりお詫びいたします。

また今回のリタイアと言う結果からノーポイント、最終戦の鈴鹿MFJグランプリへの出場がかなわない事になりました事を御報告させて頂きますと共に併せてお詫び申し上げます。


■ JP250クラス

#46 小谷 咲斗 

Team ALTEC NECTO T-Craft マシン ヤマハ YZF-R25

予選:Q1 8位 1‘46“874
   Q2 9位 1‘47“295

決勝 1 総合 12位  インター 6位
   2 総合  8位  インター 4位

6月23日 金曜日 

天候 晴れ 路面 ドライ

前戦オートポリス戦でライダー、マシンとも絶好調でフリー走行を終え、予選、決勝ともに優勝の可能性が高かったにも関わらずまたも天候不良により予選、決勝共にキャンセルとなり、2ヒートとなった今回の岡山戦、オートポリスからの長いインターバルの間にライバルとなるホンダCBR250RR勢の開発が予想される 我々としても対抗すべく様々なトライを繰り返し、岡山でのテストも実施してきた。

しかしながら、予想通りとは言え、これまでより多くのCBR250RRが早さを手に入れており、苦戦必至な状況を確認する事になった。

小谷は入念にエンジン燃調やオイルテスト、そしてサスペンションセッティングを実施し確実にタイムを刻む。

最終的にタイヤの問題からサスペンションセッティングに不安を残すが、ここまで積み上げてきたデータから、予選に向けて攻めの姿勢を崩さなすに一日目を終了。


6月23日 土曜日 予選/決勝

早朝からの予選はB組、CBR250RRの登場でこれまでよりも予選での位置取りは重要となる、早い段階からウェイティングエリアに待機し予選開始を待ち、予選スタート。 しかしながら少しコーナーの遅いRR等にとっては格好のペースメーカーになると思われる小谷はベストな位置取りを中々させて貰えず序盤タイム出しに苦労する、なんとかベストも更新し6秒台にはいれたものの、上位のRR勢はストレートでタイムを稼ぎ、レース1,2共に3列目グリッドと厳しい予選となった。

そして同日開催の決勝

決勝1

8番手グリッドからの出走。ウォーミングアップで最終コーナー立ち上がったところで後方から接触されるも幸い小谷のマシンには問題無く、グリッドにそして、スタート、無難にスタートするが、若干登り勾配の岡山ではスタートの反応が良くても、トップエンドでの伸びで勝るRRに有利、微妙な位置に、その直後前方のマシンが転倒、巻き込まれコースアウト、最下位付近まで順位を落とす、しかし1周目コントロールライン通過時点では15位まで順位を回復し、そこから追い上げるものの、その時点ですでにトップグループからはかなり離れてしまう。それでも徐々に追い上げ、後半第二グループ8位争いまで追い上げ、一時8位まであがるが、万事休す。 最終的に総合12位 インタークラス 6位で第1レースを終えた。 

決勝2

弟2レースは無難にスタート、位置取りも悪くなく、一周目前方の転倒車輛の影響で今度は順位を上げ、一時2位を走行する、ラップタイムも上位と変わらないタイムで走行し、トップ争いを繰り広げるが、パワー差はいかんともしがたく、序々に離され最終的に総合8位 インター4位と言う結果となりました。

小谷の走りは本当にベストな走りでしたし、マシンポテンシャルもR25としては現状ベストな状態、それでも徐々に離されると言う悔しい展開、しかしこれで現在の状態が正確にハッキリと解りました。

なんとかランキングは3位にとどまりましたが、自力でのチャンピオンの道は絶たれる事に、しかし、レースは何があるか解りません、最終戦鈴鹿に向けて更なるポテンシャルアップを目指し、短い時間ですがチーム総力を上げてチャンピオンを目指します。



runnerupracing1991 at 15:08|PermalinkComments(2)clip!

2017年09月02日

岡山から鈴鹿

急に秋になった感じですね、

相変わらず早起きな私、8時に作業場におりると温度計が25度

びっくり

台風の影響か風がきつかった岡山でのヤマハ占有テスト

DSC_0525


汗かいて風に吹かれ、汗かいて風に吹かれの繰り返しでどうも軽く風邪っぽいかも

時々頭が痛い、扇風機を控えめにしないと。

肝心なテストは、JP250もST600も問題点の洗い出しとライダーが久々に本業のバイク&久々の岡山と言う事でまぁ、有意義なテストであったと言えるかな

安泰なんてこの世界には無い訳で

何か問題を解決したら次の問題、常に進化していかないと結果に繋がりませんから

なにも問題が無かったと言う事は進化が無かったと言う事

次の走行までに新たな問題が出るように解決方向を考え、準備して望む

それだけです。

んで、幸い恐れていた宝塚渋滞が無かったので、嬉しい事に31日中には帰宅出来ました。


翌日は風邪っぽいのもあって、午後から活動開始、トラックの積み荷を降ろし

CRFの作業の続き

年式違い?かオーナーが用意した中古のSTMが組めなかったの

結局純正クラッチに戻してCRF450Rmotard 一旦完成

さっきまでECUとPCを接続にトライしてましたが、この09CRF450は僕の持ってるHRCのソフトでは動かない事が判明(><)

こいつようのCD-ROMが必要なようです、だれか持ってないかなぁ?


DSC_0528


それはともかく、今回チョイスのブレーキパッドは↓

DSC_0527

ベスラ!!  

これも楽しみだ!!


んで、今日はもう2日

明日は鈴鹿で玉田のST600走行

また今日積込み(笑)

明後日4日は鈴鹿は鈴鹿でもホテルの方に会議に出張

来週はサンデーだ!!

runnerupracing1991 at 10:30|PermalinkComments(0)clip!
HPの無いスポンサー様
D−FACTORY 

(カウルでお世話になっている、鈴鹿でST600でレースもしている奥田さんのお店です。)


GRAPHIC ON
(カウル、ステッカー、ピットシャツ等のデザインでお世話になっている森本さんの会社
森本さんもTEAM ALTECでミニバイクを楽しむライダーです)