2016年05月23日

夏バテか(笑)

なんだか急に熱くなって、昨日鈴鹿から帰ってからやたらとダルさを感じます。

寒暖差が激しい事もあるのでしょうが、急に夏が近づいてきた感じがします。

今日は毎年恒例のヒーター類の掃除仕舞い込から扇風機だしたり、明日は日よけのカンレイシャをあちこちに貼る作業予定、あぁ夏がくるのかぁ〜、最近の僕は耐久の夏じゃなくてヘリの夏のイメージが・・・・・

あっでも今年は4耐があるんだなぁ〜、体力アップしとかにゃヤバいねこりゃ(汗


さて、ここしばらくの作業風景

NX7 雨の走行&レース後、今回は全バラ洗浄点検整備

ドロドロな車体をバラバラにして

image
image
image
image

ジャブジャブ洗って、点検


image
image

んで、完成

image
 
今回から前後サスの仕様変更、昨日走りました、

結果は?????

まだまだライダーの技量が・・・・・です。


さて、お次はCBR250R カップ仕様

image

来月のARRCのCBR2耐久に軍団榊原の鈴木たかすぃ〜と我らがサッキーが組んで優勝狙いに行くのにあたり

マフラーをUNLABELの最新モデルに変更して、CBR300Rで得たノウハウを投入すべく、データロガーを搭載して日曜にテストしました。

色々問題があって(オイル粘度が15W50相当だったり、フロントフォークオイルが冬場仕様のままだったり、あげくにクラッチが滑ったり・・・・・・)でタイムは・・・・・・・

がっ、それでもエンジンパフォーマンスの向上は読み取れてバシッっと燃調を合わせれたので、レースウィークは期待大!!


ついでに鈴鹿で下のようなテストをしたり(やってみたかっただけ(笑)

image
 
当日開催されていたポルシェのイベントで

総額なんぼくらいいくんやろかとみんなで盛り上がったり

image

画像のガルフポルシェ なんと公道走行可? かっこえええええええ!!

ちょっと早めに切り上げて、ツインサーキットのイベントにわざわざ関東から2トントラック運転して日帰りで来てた古いメカニックの友人にあったり

なんか満喫しました

おかげでいつも以上にバテてるのかもしれませんが・・・・・(汗



 んでんで、土曜日に組み上げてたR25エンジン

image
image
image
 
今日バルタイ、タペット調整やって

今は車体が

image

ば〜らばら〜

さっきステムだけ組み直した所

ガンガンやりたい所だけど、あまりにもだるぅ〜なので、今日は早めにあがります!!


にしても、今年のMOTOGP ムジェロを色々面白かった、残念な事が多過ぎだったけれど、久々に眠くならずに3クラスとも一気に見てしまいました!!


ではでは〜!!
 

runnerupracing1991 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月17日

ショック

R25の部品が届いたので

ヘッド組んで

メタルクリアランスチェックして

さぁ、一気に組もうと思ったら

なんとロッドボルト&ナットがなぜか2個しか無い(><)

組めない(泣)


しかたが無いので溜まりに溜まってる他の作業をしよう

と言うことで、↓のKLX110Lの作業

image


転倒でフロント周りが曲がったらしいので

分解点検して可能なら修正、駄目なら部品交換



それにしても今週末日曜日にARRC CBR 2耐に参戦することになった

軍団榊原のたかっぱこと鈴木君と、サッキーが組んで出ることになったので

JPで感じたことをカップ仕様で試してみたくて、UNLABELマフラーに交換してロガーを積んで燃調セッティング予定

しかし、ロガーを接続するためのレア部品をヤフオクで落としたのだけれど、まだ連絡がこない

ヤフオクで即座に連絡が無いとドキドキする・・・・・小心者なので・・・・・・

しかも連絡先の電話に掛けてみたら間違い電話だと・・・・・・

大丈夫なのだろうか・・・・(@@)

困ったなぁ〜 

runnerupracing1991 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月15日

ご連絡

すっかり告知忘れてました。  


結局今日はここに居ます。


鈴鹿でレーシングサービス!!



image


image


image

runnerupracing1991 at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月14日

ご連絡

急遽ではありますが、本日休業とさせていただきます。

ここのところ少々煮詰まり気味なので、リフレッシュしたいなと(^^;

多分夕方以降は居るので車両持ち込み等はご連絡ください。

勝手な思いつきで誠に申し訳ありませんが、たまにはバイク以外の物を見て、脳ミソを活性化してきます。

runnerupracing1991 at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月13日

R25、CBR それぞれのJP250

今年初ヘリ仕事無事終了しました。

さすがに今朝は4時から起きてるので早めに上がろうかと思いますが、現状報告

 JP250仕様のR25エンジンOH中

燃焼室の状態は↓

image
image

このエンジンは流行?のフレッシュエアの導入は未だですし、点火タイミングも現状まだ0マップ

でもUNLABEL フルエキの出来がすごく良く、軽く燃調あわせた程度の状態ですが

そんじょそこらのR25より断然早い


UNLABEL R25 フルエキ 超オススメです!!



昨年のSTでも体重そこそこ重いライダーで軽く流して38秒出ちゃうんですから困ったもんです(笑)


しかし、例のベースガスケットはやはり

image

な感じですし

ピストンのあたりも例の・・・

image
 
その他はASH FSE5W-30の優位性を証明できるほどにええ感じで

シリンダーやピストンの全体的なあたり等、まったく問題無し


ASH FSE 5W-30 超オススメです!!



メタルについても続投しても良いけどなぁといった感じ

image
 
残念ながら一部地金が出ちゃってるところがあるのと、やはり少々あたりがきついので

せっかくなのでメインメタルとロッドメタルは交換、バランサーメタルは当然問題無いので続投

ヘッドは先ほど洗浄が終わったところなのでまだバルブ周りのチェックが終了して無いですが

問題なさそうな感じです。


間にエイプ?のインナーチューブとステムの修正を挟みつつ

image


ご注文の品を発送したり、NSR50のクランク芯だししたりしつつ


やっぱり気になって、降ろして、開けちゃいました

image
image

とりあえず、腰上だけバラしてみたところ

image
image
image

(画像だと実際より濃くて、カーボン量も多く見えますけど、もうガッツリ焼けて、カーボンも表面に薄っすらって感じ)

あんだけギチギチに燃調、点火つめて、レブリミット解除してブン回したけれど

なーんも起きてませんでした。

ピストンのアタリなんて!!  ほぼ新品やん

って事はまだまだパワーを絞りだせそうだ!!

燃料もまだレギュラーだしね!!(笑) 

んが、電気系のトラブルが確定したと言うことは原因究明が非常に困難・・・・・

恐らくはこれが原因なんだろうなぁと言う漠然とした感覚はあるのだが

こればっかりは僕の能力では一個一個実走確認しかない・・・・・

でも、それさえ解決すればまだまだ早く出来る目処はたったと言うこと

がんばろう。

そうそう、なかなかアップされなかった鈴鹿のJP2502耐久の決勝リザルトがアップされて、セクタータイムチャートが出たので色々とチェックしてみたが

でっ、各車両の最高速が R25 177.1km/h ニンジャ 176km/h CBRがウチで174.6km/h 

鈴鹿の最高速は130R手前だっけかな?

なので実際の最高速よりはちょっと低めではある(ロガー上でウチが185km/hあたり)のと、

スリップストリームの分もあるので絶対的パワーを表しているわけではない、
実際、上記の最高速を記録しているのも上位のチームでは無い


(ん〜、データを見れば見る程、トラブルが悔しい!!) ← 心の声が漏れてます(汗


しかし、それらを考慮しても、レースウイークの前週までは最高速で10km以上は差があった事と、現状のライダーの実力を考えれば単気筒でもちゃんとやれば2気筒と戦えると言うことが少しは証明出来たかな?

まだまだサンデー、地方選レベルの話だから、MFJカップじゃお話にならないと思うので、なんとかして今回のトラブルを克服して、さらに詰めていかなきゃ!!

楽しみで仕方が無い、ワクワクする!! 

runnerupracing1991 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月12日

御連絡

私勘違いしてたようで、ヘリですが明日13日(金)でした。

天候に問題がなければ明日は少なくとも午前中は休業とさせていただきます。

天候不順や強風等で延期の場合は翌土曜日午前中休業となります。

 

runnerupracing1991 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月10日

ということで

とりあえす、エンジンおりた。



image

runnerupracing1991 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

早くバラしたいのは山々ですが

image

こいつのエンジン早くバラしたいのは山々ですが

ここ一カ月近くこいつに掛りきりで・・・・・・


溜まりまくってる仕事をしないと・・・・・・

破産します(汗


R25もやってますよ・・・・

image


その他

image

image

色々

image

image

頑張りますぅ・・・・

あっ、今週末土曜、もしくは日曜

忘れかけていたヘリコプター仕事で出かけます・・・・・

今回は小麦なので一日だけですけど・・・・・

いよいよ近づいてきたんだなぁ〜

僕にとっては6月7月は耐久っていうよりもヘリコプターのシーズンです(><)


 

runnerupracing1991 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016鈴鹿サンデーロードレース 第2戦 参戦レポート

Team ALTEC 参戦報告

2016年 鈴鹿・近畿選手権シリーズ 鈴鹿サンデーロードレース 第2戦

鈴鹿サーキット フルコース

5月7日、8日(日)鈴鹿サーキットにて鈴鹿サンデーロードレース 第2戦が開催されました。

8耐トライアウトレースの関係から珍しく、6日の午後から2B枠でのスポーツ走行があり、JP250クラスの2時間耐久等々なんとJSBクラスがインター、ナショナル、トライアウトの3レース、ST600がリバイバル、ナショナル、ピレリカップと3レースと言う過密なスケジュールとなったこの大会。 例年であれば最終戦以外は日曜に予選決勝のところ土曜日に予選、日曜が決勝と珍しくレースウイークと言うに値する長丁場のレースになりました。 天候は金曜日の午後から雨がふり土曜午前の特別スポーツ走行枠までウエットパッチの残る状態となりウィークを通しての戦略やセッティング作業が思うように進まないレースとなりました。 土曜午後の予選から決勝は天候に恵まれ、素晴らしいレースが多々見られる素晴らしい大会となりました。

今回はGP3の井上とST600の玉田が諸事情あり欠場。JP250をヤマハR25で参戦している薦田も耐久と言う事で欠場。その為SとナショナルST600に安福、小谷、サポートライダー岩月の3名、J-GP3クラスに鍔田、JP250 2時間耐久にCBR300Rにて中澤、中村組みが参戦、3クラス計5名のライダーが参戦しました。














■ST600クラス

#520 安福 央樹 

Team ALTEC NECTO T-Craft ヤマハ YZF-R6

予選:6位 決勝:5位


#46 小谷 咲斗

Team ALTEC NECTO T-Craft ヤマハ YZF-R6

予選:5位 決勝:3位

#72 岩月 寿樹

AZ Racing+ナリデン+ALTEC+AutoShop K’s+UNLABEL+NCK  ヤマハ YZF-R6 

予選:3位 決勝:リタイヤ 

安福、岩月はこのレースから新車のR6での参戦、岩月は足回りについては第一戦までのサスペンションで挑むが安福は新型サスペンション。小谷は全戦まで安福が使用した車体となる。 岩月はある程度セッティングが出ている状態でそれなりに好調を維持するが、安福は前週の練習走行からリアサスペンションがまともに機能せずサスペンションセッティングどころでは無い状態に陥り、木曜の走行後急遽玉田車のリアサスに交換。 小谷もタイヤとサスペンションのマッチングに苦しみ中々思うようなセッティングが出ない

金曜日は前述のように午後からの降雨によりあまり走行出来ず、新品タイヤでの確認が出来ない、非常に厳しい状態となる。

土曜日 特別スポーツ走行 それぞれ予選に向けて少しでもセッティングを進めるべく走行。 小谷は前日に施したセッティング変更が良い方向である事を確認したが新品タイヤでタイムが上がった場合にどうか、まだまだ走行時間が足りない。 安福も良くはなったものの根本的な問題は解決出来ず。



土曜日 予選

安福も小谷もST600での走行時間がまだまだ少ないうえに、地方選の決勝周回数を考えれば、予選でタイヤを温存する等の集団は必要ない、予選時間一杯に使い、セット変更も含め走行、結果小谷5位、安福6位で予選を終了する。 岩月はある程度のタイムが出た時点でタイヤ温存でピットイン最終的に3位で予選終了。

出走台数39台中の上位ではあるが、タイム的にはまだまだ。

日曜日

決勝

小谷は抜群のスタートで一気に2位にジャンプアップ、対象的に安福はスタートに失敗11位まで順位を落とす。岩月は無難なスタートで4位を走行もなんとデグナー2個目で転倒、再スタートし、一旦ピットに戻り、もう一度コースに戻ろうとするがマシンダメージが大きく、そのままリタイヤとなった。

小谷は3周目まで2位を走行。 トップと少し離れた状態で3位以降を引き離しかけるが、ベストタイムで上回る3、4位の選手が序々に追い付き4周目に3位に後退、ベストを更新し追いかけるものの、現時点での自力の差がで、逆に置いて行かれる
最終的に3位のままチェッカー

安福は遅れを取り戻すべく怒涛の追い上げを見せるものの、周りのタイムもあり中々タイムが上げられず、なんとか5位集団のトップにたつも、すでに4位の選手との差は大きく、5位でチェッカーとなった。

監督 コメント

安福は前回より順位を上げ、小谷はデビューレースで3位、岩月は残念な結果となりましたが、少しづつではありますが前進はしていますが、実力通りのリザルトであり、まだまだ足りない事が沢山ありますが、何が足りないのかしっかりと把握出来ておりますので、次戦こそはワンツースリーでタイムも納得出来るようなタイムにすべくライダーもチームも誠意努力してまいます。


■J-GP3クラス
#78 井上 学
UNLABEL Team ALTEC ASH ホンダNSF250R

出走せず

#63 鍔田 のぞみ
UNLABEL Team ALTEC ASH 山形石油 ホンダNSF250R

予選:総合22位 ナショナル17位
決勝:総合18位 ナショナル13位

井上は諸事情によりエントリーはしたものの残念ながら欠場となったJ-GP3第2戦

J-GP3クラスには今回も3人の女性ライダーが出場

金曜日 

フリー走行、1本目、走行前に前回の走行から予想されるセッティングに変更し走行。 予想通りの効果を確認しもう少しセッティングを詰める

フリー走行、2本目、残念ながらフルウェットでの走行。 前後サスペンション共にレインセット、レインタイヤでの走行。 フルウェットでの走行は初経験と言う事もあり探り探りの走行となった。

土曜日 

午前、フリー走行、朝一の走行でほぼフルウェットでの走行、午後の予選がドライなので走行をキャンセルする予定であったが、本人の強い意向で走行する。

午後、予選、前日良い感触を得ていたサスペンションセッティングだったが、現在の鍔田の状態は頑張れば頑張るほどサスペンションの動きを妨げてしまう、結果的に折角動くようになったサスセットをソフト方向へアジャストするものの、動かない、入らない症状は変わらないまま、不要な所は動きすぎるサスでベスト更新も出来ずに終了した。

予選後、現状の状態、今後どうすべきか、明日の決勝をどう走るか、長いミーティングを行い、金曜の良い状態のサスペンションに戻して決勝に挑む事に

日曜 決勝

目標はベストタイムの更新のみならず、とにかく前にいるライダーは全部抜く、躊躇しない、気持で負けない事。 そんな事を伝えグリッドを後に。 そしてスタート 無難にスタートし一周目順位を一つあげ20位で通過、5周目には前の#310 中選手を抜き19位に、しばらく中山選手と順位を入れ替えながら走行、8周目に18位に上がるものの、最終的に19位でチェッカーとなった。

監督コメント

とにかく気持負けしない事、そんなアドバイスではあるが、今回のレースはとにかう自分の回りにいる選手には負けない、抜かれても諦めず抜き返す、そんな気持ちがこちらに伝わってくる走りでした。 この感じは昨年の最終戦以来。勿論タイムはまだまだではありますが、ここを次戦のスタート位置に出来れば、かならずタイムアップ出来ると思います。


■JP250 アジアドリーム江ンデュランスレース 2時間耐久

#31 中澤 皓平/中村 龍也 

UNLABEL Team ALTEC YS精機  ホンダ CBR300R

第1ライダー(中澤)予選: 総合11位/国内8位
第2ライダー(中村)予選: 総合12位/国内9位
総合予選結果 総合9位/国内6位
決勝 リタイヤ

今回のレース、前週までに大幅な車輛の仕様変更をつづけテスト走行するも思うように車輛が走らず、ギリギリまで調整を続けた。

幸い前週最後の走行で光明が見えてきた状態で金曜の走行に向けて更なるアップデートを試みる

金曜日 JP250の走行は午後の50分枠一本のみ、しかし無情にも雨、現状の状態で予選、決勝が晴れる事が解っている中での雨の走行はエンジン温存の観点からも取りやめる。

なんとか先導走行と言う完熟走行枠で燃調の確認が取れたのみ。

土曜日の午前中もウエットコンディション、先週の走行でリアタイヤを140サイズから150サイズへ変更した為、その辺の確認が取れない走行は意味が無く、結果午後のドライでの予選がぶっつけ本番になってしまう。

第一ライダー予選

良い集団につけ、順調にタイムアップしかける。 ストレートで見ている分には2気筒勢にたいしてスピード負けしておらず、公式計時によるトップスピードも十分な速度がでていたが、タイムアタック開始直後から電気系トラブルに見舞われ、CBRにとってのタイムアップの生命線であるS時等のコーナー区間で失火症状が出て思うように加速出来ない状態となった。

結果、ベストが2‘39“326、ライダーの感触ではトラブルが出るまで39秒は楽に出たし、37秒はだせる手ごたえを感じる程エンジンが走っているとの事だけに悔しいトラブルとなった。

第2ライダー予選までにトラブルの原因と思われる部分を見つけ、第2ライダー予選に挑む。

しかし、完全には症状が治っておらず、こちらももう少しタイムアップ出来る感触を持ちながら、予選終了となった。

ミーティングの結果、トラブルの原因と思われたシフターを撤去して決勝に挑む事とした。

日曜、決勝

中澤は抜群のスタートを決め、一気に順位をあげ、3位集団での序盤。余裕を持って2気筒のスリップストリームを使いながら数周を走行する。3位の選手が抜け出し、そろそろ4位集団のペースが上がり始めるかと思った矢先の8周目のスプーン入口突然エンジンが止まり、コースアウト。 直ぐにエンジンはかかり最スタートするものの先ほどまでのエンジンパワーが無くなり、万事急須、その後吹け上がりが悪くなるものの異音等も無くタイムが上がらないもののエンジンいたわりながら走行を続ける中澤。 ピットではあまりのタイムの上がらなさから何かしら問題を抱えているのではと話し合いながら、緊急ピットインに備える。 結局順位を落としながらも予定のスティントを走行してピットイン。 症状を聞き、先週も出ていたECUの保護回路が働いていると判断しECUリセット、給油を行い第2ライダー、中村へ交代しピットアウト、しかしやはりトラブルは治っていないようでタイムがあがらず、計測2周目、エンジンが止まり。 リタイヤとなった。
現時点ではまだ原因、もしくはトラブルの内容が確認できておりませんが、2気筒と十分に戦えるだけのポテンシャルは見いだせました。 残念ながら今回はそこまでの確認が取れないまま参戦となってしまった事で最後まで走り続ける事がかないませんでしたが、JP250は次戦までに長めのインターバルがありますので、しっかりと検討し開発して行きます。

つくづくレースは難しいなと感じるウイークでしたが、良い事もありました。 全体を通して最高の結果とはいきませんでしたが、次戦への課題はハッキリしていますのでチーム一丸となって克服し、最高の結果が残せるよう全力で邁進してまいりますので、応援、御協力の程宜しくお願い申し上げます。

Team ALTEC 

監督 山本 幸正



runnerupracing1991 at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月06日

2016 鈴鹿サンデー第2戦

始まりました。 頑張ります。



image

image

image



CBR300R ニューカウルとカラーリング

image

image

image

runnerupracing1991 at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
HPの無いスポンサー様
D−FACTORY 

(カウルでお世話になっている、鈴鹿でST600でレースもしている奥田さんのお店です。)


GRAPHIC ON
(カウル、ステッカー、ピットシャツ等のデザインでお世話になっている森本さんの会社
森本さんもTEAM ALTECでミニバイクを楽しむライダーです)