CBR250R(MC41)

2013年02月15日

あーもー 原因編 CBR250R スポーツベース車 スタートアップ

昨日から高橋車のスタートアップ整備を開始

まずは作業前に↓の部品を制作

IMGP3096







これで、スタンドアップしてやっと整備開始

IMGP3098







要所要所チェックしながらバラス。

IMGP3110







主に足回り中心ですね


因みにCBRはサスが非常にプアーなので、以外とこのノーマルハンドルが良い仕事をしたりします。

ただ、ノーマルだと↓の赤丸部分の爪で位置決めされてるので、ライポジが固定されてしまうので

最初に切っちゃうと良いです。

BlogPaintBlogPaint






因みに以外とノーマルのブレーキホースもコントローラぶるで良いですよ

なので、いきなりハンドル、ホース交換もありですが、最初はノーマルで試してみてから不具合を感じたら交換が良いと思います。


そうそう、12年モデルでステムベアリングにグリスが殆ど塗布されてないと、散々書いたおかげか、今年モデルは一応ちゃんとグリスアップされてますねぇ〜(全部かどうかは??ですけどね)

IMGP3103








さて、ここから不具合チェック


まずはチェーンスライダー

もうね、リアタイヤを外す時にタイヤの回転具合でなんかおかしいと思ったんですよ

で、よーく見たら

上側のスライダーがなんか傾いてるというか、脱落しそうな感じ↓

IMGP3099







でっ、スイングアーム外したついでにチェックしたら

IMGP3106







↑のように嵌っていなきゃいけないボスが嵌ってなくて浮いてました(><)

修正して↓の状態が正常

IMGP3107








んで、次、昨晩11時頃にめげた奴

リンク周りのグリスアップしてて気がついたんだけど

一個だけベアリングが回らない

よーくチェックしたら、どうもニードルが一部固着してる

IMGP3111







もしやと思って、慎重に(なんか簡単に抜けた(汗)抜いてみたら

解りますか? おもっきり変な打痕がっ!!

IMGP3112







はぁ〜、交換しかないなぁ〜

そういえば昨年松野車のもここの感じがおかしかったけれど、ベアリングが固着してる感じは無かったけれど・・・

交換で治るかもしれない、こんど試してみよぉ〜



でっ、現在までの総評と言うか、私的見解

CBRの当たり外れ的な製品精度のバラツキって、K社のそれとはちょっと違うかも?

K社のそれは部品此処精度のバラつきが大きいけれど

CBRは組立て時の問題の方が顕著と言うか

だとすれば手間さえかければ・・・・・・

いずれにしても困ったものだけれど、組立精度だったら治せるからまだ救いか?

さて本当の所どうだろう??

runnerupracing1991 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月14日

あーもー

今さっき不具合発見、勿論CBR250R
さすがにめげた、今日は終わり
詳細は明日にでも

runnerupracing1991 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月12日

CBRその後

この数日間は人の出入りが多くて、何かと作業がはかどらず・・・・・

予定より少々遅れ気味となっておりますが、それは仕方が無い事、ありがたい事なので頑張るのみ


エンジンは完成

IMGP3076







エンジンその物は実際の作業量は本当にたいした事なく(それだけCBRのエンジンは頑丈で、本当に消耗度合が少ない)サクサク組める状態でしたが

エンジンメンテスタンドもそうですが、この機会にあれこれ作っておくと便利な工具とか、後々必要になるパーツの制作とかで、時間が掛かってしまいました。

こんなのとか

IMGP3072







こんなのとか

IMGP3071







こんなのとか

IMGP3077







こんなの

IMGP3073







んで、現在秘密兵器↓を装着する部品製作中です!!

BlogPaint





runnerupracing1991 at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月08日

CBR250R MC41

コーヘーのエンジン、バラしたぞ!!

バラス前にデータ取って

IMGP3056







全バラ

IMGP3058







因みに燃焼状態は↓

IMGP3059IMGP3062







カーボン落として↓

IMGP3063






IMGP3064IMGP3065







因みに右はNX7(NSF250R)のピストン


バラして思ったけど、以外と良いエンジンかも・・・・・

あれこれモディファイプランが脳内を・・・・・

駄目だ、CUP仕様だから・・・・・・

OPENと言うかF4クラスと言うか出来んもんかねぇ〜!!

チューンしてみたい!!

runnerupracing1991 at 17:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年08月23日

残念な所多数

CBR250Rも完成

予想はしていたけれど、残念な所多数。

まずはリアサス、少々設定変更するのにスプリングを外して、調整

IMGP2705







リア周りは全部バラして、洗浄、グリスアップ、再組み立て

IMGP2706リンク周りもそうだけれど、ドライとは言わないまでも、やはりグリスは・・・・

きっちりグリスアップしましたが、画像のリンクに問題アリ

溶接構造だけれど、どうも穴あけ加工後溶接なのか

長い部分、左右のベアリング位置が歪んでる

なので、ブッシュが半分まではスッと入るのに

奥まで入れると硬く、回すとブッシュが抜けようとする。

とりあえずどうしようも無いので、そのまま組みましたが、新品ベアリング用意して

一度しっかり芯だして再加工して組みたい。


IMGP2707
スイングアームは、のりさんもブログで紹介されてましたが

溶接ビードが何故か一か所だけ出っ張ったまま処理されていない

4か所中、3か所は平面に削ってあるのに・・・・・


この車両の場合は干渉して無く、問題無いと言えば無いのだけれど、個体によっては干渉してホイールが

ちゃんと組めない。 

なので画像のように削って処理しておきました。


ステムもバラシテチェック。

IMGP2709 案の定、グリスは控えめより少ない

アッパーはともかく、ロワーはほとんど油分無し





それ以上に、ステムベアリングのプリロードがキツクて、ステムの動きが重い

しかも、ロックナットの回り止めはしっかりしてあるのに、ロックナットは締めつけて無いので

カタカタ動く(笑) ↓



ダメだコリャ(大汗)


IMGP2711フォークオイルはこんな感じ

これはまぁ、ナラシ走行後的な物なので普通っちゃー普通

今回は、これもテスト的に粘度と油面設定を変更して。

車高(突き出しとリアサスのセット長)も思うあたりにセットして

とりあえず完了。 後はマツノが乗ってセッティング。


この車両に関わらずですが、やはり一度分解点検して、きちんと組み直す、レース車両はまずそこから始めないとね!!


そうそう、昨日も書いたが、同じ単気筒・4St・DOHC・250cc・17インチなのにこんなに大きさからして違うなぁと
並べて置いてみて再認識した(笑)

IMGP2712IMGP2713



  

runnerupracing1991 at 10:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
HPの無いスポンサー様
D−FACTORY 

(カウルでお世話になっている、鈴鹿でST600でレースもしている奥田さんのお店です。)


GRAPHIC ON
(カウル、ステッカー、ピットシャツ等のデザインでお世話になっている森本さんの会社
森本さんもTEAM ALTECでミニバイクを楽しむライダーです)