マラソンにハマッた!!!

45才でメタボ!これではいかんと始めたダイエット&ジョギング!見事にハマりました。 初マラソン、サブフォー完走。現在3時間15分で足踏み中(泣)目指すは3時間!! ランニング歴7年 フルマラソン3時間15分 100km10時間20分 ハセツネ13時間14分 信越五岳110km15時間20分 UTMF161km35時間24分  月間走行距離:300km~400km  超ロングトレイルにハマってます!

UTMF完走を目標にロングトレイルを中心にフルマラソンも走っています。 ラン歴10年で、フルマラソン3時間15分、ハセツネ13時間、UTMF35時間です。 シューズは年間15足購入し、ウエアやザック、ジェルなどのアイテム類も大好きです。 レースレポや戦略、グッズの使い心地など、詳細にレポートしています。

阿蘇ラウンドトレイル振返り

本日走行距離 15km スロージョグ

IMG_20180515_094339

あっという間に1週間が過ぎました。

いつも思いますが、レース前の1週間よりレース後の1週間が圧倒的に短い!!!

レース前はあれやこれやと考える事が多く、時間の経過が遅いのですが、レース後は全てから解放され気楽に過ごせます。

IMG_20180514_145645

気持ちがホッコリする分時間の経過が早く感じる!

レースを終えてブログを書き、荷物整理をする。

そこで失敗と成功がどんどん見えて来る。

で、今回の阿蘇は結果的に大成功でした。

けどね、走るまでが苦労した(@_@)

すいません。ボヤキ節です。

原因は母親です。

87歳になるのですが、今年に入って一気にボケた。

最初は、テレビの点け方がわからなくなり、次は怒りっぽくなってヘルパーさんを辞めさせたりした。

デイケアへも行かないとダダをこね、挙句の果てにウンコ漏らした。

窓の外に誰か居ると隣の人を呼び、食事を手で食べたりもした。

歩くのもおぼつかず、すぐにへたり込む

床に座ると一人で立てないし、着替えも出来なくなった。

阿蘇への出発日

一人にしておけないので介護施設へショートステイに行ってもらう段取りをした。

私らの出発と入れ違いに迎えに来てもらった時、

何故か家の中から施錠し、おまけに床にへたり込んで立てない始末

「これっていやがらせ?」

「私の旅行を阻止しようとしてるのか?」

UTMFの時もそだったし、嫁の誕生日も途中で帰った。

ここまでなると、そう考えてしまう。

飛行機に乗る寸前で何とか電話に出られて

窓を割って入ってもらうか、レスキューを呼ぶかの判断を迫られる

たまたま息子に連絡が付き1時間かけて来てもらって鍵を開け、婆さんを助け起こし、ショートステイに連れ出してもらった。

両隣にも多大な迷惑をかけたし、ほんますいませんでした。

ボケるのはいいけど他人に迷惑をかけるのはいかん!

特にお隣さんには、ほんとお世話になりぱなしで頭があがりません。

こんな状況で109kmのトレイルを走れるのか?

気持ちがどん底まで突き落とされた状態でレースになるのか???

離陸寸前まで悩みに悩み

このまま引き返そうと考えた時

息子からのライン

「お婆ちゃん、きっちりショートステイに出したし何の心配もいらんで、阿蘇楽しんできてや」

ってメッセージ

もう泣きました。

どんだけ優しい息子やねん

誰がこんな良い子を育てたんだ・・・・・私だ(^^;

荷物検査で泣いてるオヤジは、検査官が不審に思うのでこらえにこらえ上を向いて通過。

よし、絶対完走する!

楽しく走って気持ちを入れ替える

そう心に誓って

IMG_20180514_190112

空路熊本へ入ったのでした。

誰もが何かしらの悩みを抱えていると思います。

ぱっと見たら幸せそうな人も、心の中は闇かもしれません。

けどね、だからと言って自分のスタイルを崩しちゃいかん

婆さんがボケたからと言って走るのを辞めませんし、楽しむ事も忘れない

息子の言葉で改めて思い出させてもらったのでした。

さて~~~~~~~(^^;

ぼやきに付き合ってくださった皆さんに今回のシークレットを明かしましょう

「胃」

です。

「健胃」

ゲロッパしたり、ビチクソになったり低血糖になったり

いろんな事を引き起こす胃

これを元気に保つことはロングトレイルを走る上での最重要課題

今回のレースでもかなりのランナーが苦しめられたと思います。

鴨走でも11名走って2名がリタイヤ、胃が悪くなったのは5名、元気だったのは私を含めて4名のみ

半数以上が胃に苦しめられ失速しています。

これから見てもロングトレイルは「胃」ですよね。

ロングで上位に入る人の様子を見ると胃が丈夫な人がやっぱり速い

身近な存在では、世界の丹羽薫さん。

先日のUTMFでは女子2位でした。

お話ししてみるとやっぱり胃が強い

どんだけ走っても食べられる。

また食べながら速く走れる

いや、ゆっくり永遠に走り続けられるんです。

薫さんのスピードは決して速くない。

しかしそのスピードを170km持続できる。

走り始めの10kmとゴール手前の10kmのスピードが変わらないんですよ。

170kmですよ

これが世界のトップを走るランナーなのです。

私ら凡人は、スタートしたらハアハア言いながらイチビッテ飛ばしカッコよさをアピールします。

んで、10時間を待たずに胃が悪くなって失速

せっかくエイドにおいしい食べ物があるのに何も食べられず真っ青の顔でゴールする

まあこれが私達ですよね。

この原因を私なりに探りに探った結果

いくつかの要因が見えて来ました。

①ペース

②揺れ

③冷え

④ストレス

この4つが複雑に絡み合って胃が止まる。

胃が止まると水分も吸収できなくなりますし、もちろんエネルギーも吸収できません。

なので脱水→ハンガーノック→低体温の流れは自然ですよね。

どうしたら胃を止めずに走り続けられるのか?

それは

①血行を保つ

②胃酸出さない

この2つ

最も重要なのは胃の血流を保つ事だと思っています。

これはペース配分や冷えに関係します。

ペースが速いと筋肉に血液が集中し、胃の血流が低下する。

そうなると血行不良で動きが悪くなり消化不良となる。

で、胃酸が同じだけ出るもんやから胃酸過多で胸やけ&胃の粘膜を傷つける

それと同時に血流が悪いと胃が冷えますし、食べたものがいつまでも胃の中にある事で

胃が揺れて粘膜を傷つける

そして胃の粘膜から出血し胃が止まる

私は医者じゃないから医学的な事はわかりませんが、経験上こんな感じではないかなと

もうわかりますよね。

そうなんです。

ペースが速いんですよ。

特に前半ですわ。

100kmを胃が悪くならずに走り切れるペースで走ってますか?

または170kmを走り切れるペースですか?

胃が悪くなるほとんどの皆さんが必ず速すぎるんです。

レース距離とゴールまでの時間によりのペース配分をしてますか?

他の人のペースじゃありません。

自分のペースです。

スタートから10kmだけトップグループである必要はありません。

ゴールした時にどこまで上位に食い込めるかを競ってる訳です。

私も走歴10年でやっと悟りました。

今まではペースが速かったんだと。

昨年の信越100マイルでは、ペーサーポイントから20kmの下りで飛ばしてしまいました。

60km走って疲れているのに疲れを感じず突っ走った。

これで心拍が上がり、胃が揺れ、汗で胃が冷えた。

そして72kmのエイドでウェ~~っとなった。

はい、自業自得ですわな。

10分15分速く走ったって、その後の失速で1時間2時間すぐに遅れる。

バカですね~~これが今までの私(^^ゞ

WS000104

二度と同じ轍は踏まないと今回は胃が悪くならないペースで走った

誰に抜かれようが、絶対に心拍を上げない。

特に昼間の暑い時間帯はこれを貫きました。

なので前半は遅いのです。

目標タイムより大幅に遅れて66kmの高森体育館では54分遅れてます。

しかし胃の調子が良い事でラストまで淡々とペースを刻みゴールでは目標より1時間7分速かった

自分の意識としては前半周りの人にどんどん抜かれるので不安になりました。

そこをグッと我慢しペースをキープ

そしたら後半どんどん抜けました。

最初は206位だったのが最終的には105位ですから101人抜き

別にペースを上げた訳じゃありません。

むしろペースを落としてます。

特にラスト2kmは、仲間と出会って走る事をやめ、全部歩きました。

それでも抜かれる事は無かった。

わかりますよね。

100km越えのレースは、小走り程度でも最後まで走れれば上位に入れるんですよ

それともう一つ良い事が。

固形物を食べられるとジェルが少なくて済む

今回私が摂取したハニーアクションは6個

たったの6個です。

フルマラソンでも5個飲みますが、22時間走って6個って(^^ゞ

用意したのは20個ですからいっぱい余った

社長に怒られそうですが、私としては結果オッケー

ついでに言っときますと、ハニーアクションの次世代バージョンのテストもしました。

味付けはまだの試作品でしたが、効き目はバッチリ

お目めもパッチリ

ど~~~んと効いて、空腹感が消えた。

あとはパンチのある美味しさがあれば完璧です。

WS000080

今回のレースでの摂取カロリーは4290KCal

ガーミンコネクトでの消費カロリーは8094KCalですので、約半分のカロリー摂取で走り切れました。

残りの3800kカロリーは脂肪を燃焼したって事になりますね。

脂肪のエネルギーは1kgで7000kCalですから、たったの540gを燃焼しただけですわ(^^;

私の体脂肪率は12%ぐらいなんで、体重63kgとしたら7.6kgの脂肪がある事になります。

と言う事は、53200kCal持ってるって事

約100km走って8000kCalの消費ですから全脂肪を燃やせば660km走れる計算です。

なので脂肪を燃やせれば、食べなくても走れちゃうんです。

という訳で、胃が元気だとメッチャ走れるって事です。

おしまい!(^^)!

阿蘇ラウンドトレイル②66キロからゴール

本日走行距離 10km スロージョグ

内転筋がかなり破壊されてるようで、しゃがむと強烈な痛みが走ります。

まあ良く動く筋肉なので治りも早いかなと思って心配はしていません。

その他に阿蘇のダメージとして奥歯を1本抜かれました~~~(^^;

阿蘇から帰った翌日に歯医者で診てもらったら、奥歯の根元にひびが入ってるとの事で、そこが化膿して痛みが出ていると

以前に根管治療で神経を抜いているのですが、下りで奥歯を噛みしめ割れたようです。

特に下りのジャンプするような場面では、グッと噛みしめてしまいます。

それが積み重なり歯が割れた(@_@)

も~~それはそれは凄い痛みで、ロキソニン2個飲んでも効きませんわ。

で、ボコッと抜いてスッキリしました。

で、レースの方ですが、66kmのAS4高森体育館まで書きました。

ここまで66.6kmで11時間走っています。

IMG_20180512_142322

朝の7時スタートで、夕方の6時まで

この間、晴天の日差しに照らされ、ほとんど日影が無い草っパラを走って来ましたので、脚の疲労もそうなんですが、日光と暑さによるダメージが気になるところです。

幸い夕方になり涼しくなって来たので、後半の山岳パートで粘れば何とか23時間台で入れるのではと考えています。

それと天気も怪しくなってきました。

早朝に寒冷前線が通過する予報です(^^;

雨は平地で7時からの予報ですが、山なのでもっと早めに来るはず。

そうなればラストの下りが泥んこ滑り台になり停滞は免れない

なので、ここからの43kmはかなりのプッシュが必要と考えました。

その為には、第一に胃の調子を保つことです。

足の痛みは我慢出来ても、胃の気持ち悪さは我慢できませんからね。

なので固形物を食べる時は必ず胃が空になり、お腹がぐ~~と鳴ってからしました。

なので、糖分を使って走るような走りは出来ません。

また疲労で心拍自体が上がらなくなっていますので、上げても150までで

フラットなら130以下で走ります。

66kmのエイドは、サポート&ドロップバッグがあるので最大限に利用し、

received_1723436801096828

くみ姐には、塩熱サプリとレッドブル、ホットコーヒーを買て来てもらいました。

ドロップには、寒さ対策の着替えとヘッドライト

甘酒、水素水、ユンケルをいれといて飲みました。

停止は34分とかなり長めですが、100km超のレースだとこんなもんです。

エイドを出たらいきなり長いロード登り

IMG_20180512_191059

夕暮れの根子岳がメッチャ綺麗で、さあここからが本当の阿蘇だ

IMG_20180512_175529

何度登って来たのだろう外輪山の登り!

稜線へ出てからの激登り!

ひ~ひ~言いながら登って

らくだ山到着

IMG_20180514_202055

すっかり夜になり夜景が綺麗

70kmを超えてかなりの疲労が溜まって来た

しかし胃が動いてるせいでエネルギーが循環している感覚があり

ジェル補給も最低限しか必要ない。

エイドを出て2時間でハニーアクション半分を飲む

美味い~~^^!!!!

やっぱ美味しいジェルに限ります。

いくつ山を越えただろうか?

次のエイドまでは7.5kmのはずが、ガーミンでは10kmを超えてる

いよいよ激登りのスピードもスローモーションのようになり、フラット&下りはゆっくり走る。

やっとこさWS2高森峠到着

74.1km 14時間1分 目標13時間 停止11分

かかった時間は2時間21分!

どう考えても7.5kmじゃないし、2時間走ってウォーターエイドってのも味気ない(^^;

エイドに食べ物が無いので、手持ちのアボガドベーコンサンドイッチを食べる。

そして定番となったハチミツドリンク!!!!

このレースはこれに助られてます。

夜はホットでいただきます。

マイカップにハチミツの原液を入れてもらってお湯で割って飲む

これのエネルギー持ちが良くてほんま助かりました。

レース後半でも2時間持ちますから走りながらの補給の手間が少なくて済む。

Point Blur_20180517_155509

テントの中で鴨走えいちゃんと会った

胃の調子が悪くゆっくり進んでるとの事

ここまで来たら完走しかないし、お互い頑張ろう!

ボトルに0.3L水を追加し出発

もう夜の9時!

眠気が来るかと心配したが、今のところお目めギンギン

あそこは・・・・

存在さえ忘れておりました(^^;

右手に阿蘇山の影と夜景

左手は樹林帯

牧野はすっかり姿を消し、稜線のアップダウンを繰り返すのみ

ここまで来たら前後のランナーも少なく

FB_IMG_1526300323069

ほぼ一人旅

夜の山を一人で走るのって案外好き

何も考えずたたひたすら足を出すだけ

80kmを過ぎて足は完全に終わってます。

登りはとにかく歩いて下りに備える

しかし脚は攣らない

そのように走っているから

フォアフットは封印

踵着地でお尻で登る

下りは骨盤の側面の中臀筋で衝撃を受け、前腿を出来るだけ残す

あくまでソフトに

そうこうしてるとかなりのランナーを拾って行けた。

20人?

いや30人か?

この区間は10.7kmと先ほどの区間より長いはずだが、案外早くエイド到着

途中のジェル補給は無し

いよいよウルトラモードに入り、脂肪燃焼で走れるな。

AS5清水峠 84.8km 16時間1分 目標15時間30分

エイド停止13分

ここは食料があり、いつものようにクリームパンとハチミツドリンク

チーズケーキもあったので1個いただく

依然胃の調子は快調

ボトル補給は、0.2L

夜になってほとんど飲まなくなった

飲むときは必ず塩熱サプリ2個を一緒に飲む

シューズの中で爪が死んでる感覚がある

両方の親指と左の中指

まあこんなもんはどうでもええので気にしない

WS000106

高低差表で次の区間の地形を確認

激登りの連続だ

ブリーフィングでは階段の連続だと話していたな

ここを越えればゴールも近い

さあ行こう。

林道をしばらく登ったら出ました木段

延々続く木段やけど、決して上を見ない

下だけ見て淡々と登って行く

1つまた1つ

ほとんど単独走だけどフランス人と少々会話

ボンジュール!

サバ!

アジ!

イワーシ!!

もうええか(^^;

フランス語は最初のボンジュールだけで、そこからは英語に

京都に住んでいると言うと、何度も行ったことがあるとのこと

そしてラストに「サンキューべんじょマッチ」で

別れて先に行ってもらった。

この区間は12.9km3時間30分を予定していたので2時間経過で半分残っていたハニーアクション補給した。

ちょうど2時間でお腹が鳴って来る。

腹時計って凄いな。

90kmを越えて深夜0時を回った

2日目突入だ

依然コースは階段のアップダウン

時折走りやすいシングルトラックがうれしくなる

超スローであるか淡々と走っていると

どんどん前のランナーが落ちて来る

30人???いや今度は40人ひろったか?

AS6地蔵峠 97.7km 19時間22分 目標19時間 

停止13分

やっぱりクリームパンとハチミツドリンク

多分これだけで300Kカロリーは摂取出来ていると思う。

しかし今回は米を食っていない

パンばっか

けど胃の調子は絶好調

食べ過ぎにだけ気を付けるようにする

嫁に最終エイド到着を知らせ出発

地図で確認すると100km付近にある俵山が最後の山場

幸い階段地獄からは逃れたようだ

スタートすぐは来た道を登り返し、そこからは

下り基調のシングルトラックだ

いくつかのアップダウンを繰り返し

峠からゴールらしき夜景が見えた

まだ10km以上あるけど、やっとここまで来れたって一息つく

・・・・と、ピークからの下りでロスト

後続のランナーに声をかけてもらい助けてもらう

IMG_20180512_195424

夜のトレイル!

マーカー無し

踏み跡便りも見逃した(^^;

そしてロープを張った激下り

ヌルヌルで滑り台

こういうところは案外得意で難なくクリア

最後は脚立を下って俵山峠に到着

さあラスボス俵山

250mアップと大文字山程度だけれど100km超走って来た身体にはアルプスのように見えた

何とかクリアしたら雨がポツポツ降ってきた

「やばい」

ここからさらにスピードアップしラスト5kmを下る

風もビュービュー吹いて来たが雨は小雨程度

トレイルもヌルヌルではあるが、川にはなっていない

慎重にも大胆に走り、どんどん前のランナーをパスしていく

・・・・ラスト2km

鴨走ランナーの2名に追いつく

これでホッと一息

ここからは3人一緒のビクトリーウォークだ。

ラストの下りは草っパラでゴールが良く見える

やっと帰って来た

後続のランナーに追いつかれることも無く

1526352112863

グループ全員でのゴール!!!

112km 22時間23分 105位 目標マイナス1時間7分

IMG_20180513_053913

やった~~

久しぶりに良い走りが出来ました。

やっぱり胃が動いてくれるとここまで走れるのかと自分でもびっくり

ロングトレイルは走力や無くて胃ですわ~~~

振り返りに続く 

阿蘇ラウンドトレイル②前半暑さでバテバテ(^_^;)

本日走行距離 10km リカバリー

IMG_20180516_074020

メッチャ筋肉痛ですわ。

足指の爪が3枚ご臨終でございまして、せっかく生まれ変わったと思ったのに残念。

けど、どう考えても足の爪って必要ないですよね。

足爪で鼻くそほじくれる訳でもないし、背中が掻けるわけでも無い

全く役立たずで痛いだけ(^^;

で、

今回は内臓のダメージがナイゾウ~~

もうええか(^^;

ほんまに無いんですよ。

胃腸が元気で最後まで食べられましたし、ゴールしてすぐにオフィシャルのカレーライスを美味しくいただきました。

でっかいう○こも真っ黒じゃないし、血尿も出てません。

ただ、浮腫んでます。

体重がやばい(^^;

スタート前は63kg

1526352089572

ゴールすぐは63.5kg

翌日・・・65.7kg!!!!!

え~~~~?????

ビールも飲みましたし、馬刺しもいただきました

それにしても1日で2.2kg増えるとは・・・

多分今日も凄い体重なはず

オシッコが止まらなくなれば元に戻ると思うのですが、今のところはまだ来てません

で、レース当日の模様です。

午前3時半起床

IMG_20180512_045014

案外暖かくて気温6℃

早朝でこれですから、昼間は25℃以上は確実

早速日差し対策をと「ハンドタオル&安全ピン」を用意

アームスリーブとランシャツは白を選んで

尚且つ汗で冷える素材の鴨Tで

ペンションのお母さんが作ってくれたおにぎり弁当を食べてスタート会場へ

received_1722712027835972

鴨走のみんなとエールの交換をしてトイレへ

う~~~~~ん!!!難産~~

コロンとしか出ず、やばいな~~っと(^^;

まあ長いレースなんで途中のウンコ休憩もありかなと

そしてスタートセレモニーでくまもんがダンス踊ってくれたけど、人垣で見えず(@_@)

なので写真無しです。

午前7時

快晴の阿蘇市をスタートしました。

650人の中団辺りを走りキロ6程度で田んぼの中のロードをゆっくり進みます。

そしてトレイルイン!

いきなりの渋滞停止。

2~3分ですが、溝みたいなところを渡るのに止まってました。

徐々に登りになり林道からシングルトラックへ

IMG_20180512_074252

IMG_20180512_074823

わお~~~~

最高の景色ですわ。

みんな写真パチパチ撮ってるし、私もパチパチと

鴨走のみんなも合流しパチリ

阿蘇山の外輪山ってのは牧草地で木が無い

IMG_20180512_074241

草っぱらですわ。

なので行く先と来た道が良く見えて壮観

いや~来てよかった

けど結構暑い

滝汗でやばくなってます。

んで日光ガンガン!!!

全く木陰がありませんから暑いのなんのって

途中にあった水場で早速かぶり水

見た目は綺麗な山水でしたが

牛のオシッコもあるかな~~~っと思いつつもこの暑さにはかないませんから

序盤の景色を堪能して街へ下り

WS1折戸 18.7km 2時間31分 目標2;45 停止5分

早速トイレへ

オシッコです(^^;

まだ10時前ですが、日差しが強すぎるので秘密兵器装着!!!

IMG_20180512_113638

ハンドタオルをサンバイザーに取付!!!

まあ大した工夫ではありませんが、サンバイザーの後ろ側にハンドタオルを安全ピンで止めるんです。

これだけで首筋の日焼け防止になるので皆さんも是非!

ここはウォーターエイドなので、ハチミツジュースをいただき5分停止でスタート

先は長いので決して慌てず、するべき事はキッチリ行う。

暑いけど心拍をコントロールして走っているので、まだまだ余裕です。

補給は90分間隔でハニーアクションを半分ずつ飲む作戦。

前回の信越100マイルではハニーアクションを90分に1本飲んだのですが、

これが私には多すぎた。

ハニーアクションは吸収が良く血糖値の上りが緩やかなジェルですが、飲みすぎるとやっぱり胃に負担がかかります。

前回の教訓を生かして今回は90分に半分ずつ!

袋のまま半分飲んで、口を3回ぐらい折り曲げてフロントポケットに入れておくと漏れずに次もうまく飲めます。

ジェルを極力少な目にして体脂肪を燃やして走る作戦です。

なので、ペースもゆっくりでないとあきません。

血液中の糖分を使うような心拍を上げた走りはできません。

で、リスタート!

エイドへ来た道を登り返します。

樹林帯の林道を走りトレイルイン!!!!

・・・・・ここでロスト

トレイルインの矢印を見落としました。

後続のランナーさんが叫んでくれたので100mほど戻っただけで済みました(^^;

IMG_20180512_090019

高低差150mほどを登り、下って街中のロードです。

これが暑い!!!

あんまし暑いのでかぶれる水が無いかと探していたらええ水場があったので水をすくうと・・・・・

IMG_20180512_100345

なななんと!!!熱い!

温泉でした~~~(^^;

道端に温泉って、さすが阿蘇ですわ(^^;

5kmほどかな?

IMG_20180512_102937

長いロードを走りAS1はな阿蘇美

23.8km 3時間22分 目標3:35 8分停止

メッチャ暑かったので補給の前に冷却を優先し、かぶり水です。

もう全身かぶって一気に冷却

体温が下がってから補給です。

水分を0.2L補給

たご汁ってのがありましたが、野菜汁なのでパス

クリームパン2個とカリカリ梅2個

ハチミツドリンク2杯

をいただきました。

かなりの水分摂取量ですわ。

少し心配になりましたが、

この暑さなのでこんなもんとしときましょう(^^;

鴨走サポートのみっぽちゃんにコーラ&フルーツをもらって出発

またしても灼熱のロードを3~4kmほど走ります。

途中、本当の水場があり冷却

汗もやばいけど日差しがやばい

湧水や神社の水があれば必ずかぶるように心がけました。

IMG_20180512_112826

そしてトレイルイン

どんどん登るんですね。

IMG_20180512_112927

400mアップぐらいですが、暑さと疲労で完全に歩きます。

少し走ると心拍が180を越えてしまいますので、歩いて160前後まで落とす事を心がけます。

さらにつづら折れの激登りになり、トレイル幅は20Cm!

崖です(^^;

1歩1歩少しずつ

IMG_20180512_113633

何とか「大観峰」に到着

もう絶景ですわ。

来て良かった~~~

ここからは再び外輪山の牧草地を走ります。

コンクリートの遊歩道のような道とただの草っパラを進んでいきます。

緩やかなアップダウンを繰り返し、いくつかの牧場を越え街に下ります。

ロードを2kmぐらい走ってAS2国造神社です。

38.2km 5時間51分 目標5:45 停止18分

ちょっと暑さがやばいので、体温が完全に下がるまで休憩する事にしました。

まずは水をかぶって一気に冷却

一息ついて、ボトル給水です。

0.5L補給

私は暑くてもあんまり飲みませんが、2時間半で0.5Lは多く飲んだほうです。

IMG_20180512_125147

そしてエイド食

いちご+オレンジ+きなこ餅

おにぎりがありましたが、デカくて食べきる自信が無かったのであきらめました。

そしてハチミツドリンク

コーラ2杯

今回はハチミツドリンクにかなり助けてもらってます。

アセロラハチミツとゆずレモンハチミツがあったのですが、それが水で薄めずに貰えまして、コップで濃さを調整して飲めました。

なので水とお湯のどちらでも飲めた。

これ最高でしたわ。

昼間は冷たい水で割って、夜はお湯割りで飲んだら身体が温まりました。

やっぱコーラなどと比べるとエネルギー持続時間が違います

エイドを出てから2時間近く補給無しで走れました。

ここで嫁から連絡があり、AS1で無事リタイヤしたとの事。

?????

そうなんですよ。膝を故障してたので計画的リタイヤです。

せっかく阿蘇まで来ましたし、少しでも絶景を味わいたくて走りだしました。

しかし絶対に迷惑を掛からないよう、途中リタイヤはダメです。

なので、制限時間にも余裕のあるAS1を4時間40分で走り切ってのリタイヤでした。

レース後嫁の膝はえらく腫れていましたから、リタイヤで正解だったと思います。

ここからは私のサポートに回ってもらいました。

で、18分の停止で完全に体温が下がってからのリスタート

再度外輪山の稜線に向かって250mアップです。

稜線に出たら牧野で牛さんが沢山おりました。

IMG_20180512_165852

そして・・・・

・・・

・・


IMG_20180512_165313

ウンコ爆弾!!!!

でた~~乾いていいるやつはまあ良しとして

ウェッティーなのは困ります(^^;

しかし一番困るのは、外は乾いて中がウェットなやつ

踏んだらグニュッとなって、

臭っさ~~~~~~

ここからは

ケンケンパの逆バージョンで踏まないように走り

なだらかなアップダウンを繰り返し牧野を走りました。

ロードに出て3kmぐらい下って

AS3すずらん公園 到着

50.7km 8時間12分 目標8時間 停止17分

またしても暑いのでさっそくかぶり水で冷却

一息ついたら、くみ姐到着!

レッドブルといちごを買って来てくれました。

IMG_20180512_151740

エイドでの補給は、おろし蕎麦を2杯

いちご5個とレッドブルとデカビタ

しかし今回は食べれます。

胃腸バッチシ

けど決して食べ過ぎてはいけませんし、食べてすぐは心拍をあげないように心がけました。

15時を過ぎて太陽も傾いて来たので暑さのピークはやり過ごしたようです。

さあここから走って行きますよ~~

すずらん公園を出て、またしてもロードのアップダウンを3kmほど走りトレイルイン

ススキ野原をひたすら登る

・・・

・・


IMG_20180512_170334

ぷ~~~うっ~~~~

おお~オナラが(^^;

幸い後ろのランナーが居なかったのでよかったですが

イノキマケソウになってきました(^^;

あ~~~ウンコしたい。

そればっか考えてこの区間の絶景はあんまし見てません。

そしてなんと

この区間、補給なし

ウンコで頭がいっぱいになり脂肪燃焼が促進されたようです(^^;

AS$高森体育館 66.6km 11時間6分

目標10時間15分 停止34分

エイドに飛び込むなりトイレに駆け込みます。

バスっと決めてお腹が軽くなりました。

ちなみに全長30cmのビックワンでした(^^;

18時を過ぎてグッと涼しくなりましたので、かぶり水は必要ありません。

IMG_20180512_191059

ここでは夜の気温低下に備えて着替えと夜間装備です。

メッシュアンダー+腹巻+UAコンプレッション+鴨Tの超重ね着でジャケットを羽織らなくても良い服装にチェンジです。

夜中でも登りは暑くて汗をかくので体温調節がしやすいように考えています。

熱ければアームスリーブと腹巻で調整しました。

ライトはレッドレンザーのみ

1個で充分な配光と明るさがあるので便利です。

着替えを済ませて補給です。

水分0.3mLをボトル給水

ミネストローネとクリームパンを食べ

ドロップバックに入れていた、レッドブル+甘酒+水素水を飲みました。

そしてくみ姐に買ってもらっていたホットコーヒーを飲んで出発

さあここからが本当の山岳区間の40km

ゴールまでサポートもありませんし、いままで走って来た時間と同じぐらいの時間がかかります。

地形図を頭に入れて、じっくりじっくり走って行きます。

後半ゴール編に続く

阿蘇ラウンドトレイル①レース前日

本日超休足(^^ゞ

IMG_20180512_063743

走って来ました阿蘇!!!

22時間23分で105位でした。

650名が走ったと聞いたので、まあまあ上位に入れました。

IMG_20180512_113638

スタート時はすんごい天気が良くてハッピーって感じ

ついでに結果もハッピーですわ!(^^)!

IMG_20180512_053350

そうなんですよ。

久々に狙い通りの走りが出来たんですよ。

いや~~うれしい

最近のロングは撃沈ばっかで正直自信を無くしていました。

けど今回の阿蘇で、まだまだ出来るやん~~って!!!

やっぱ何が大切かって、胃ですわ

ついでに腸も元気であれば尚良い。

も~~ほんまにこれだけ。

けどね、これが難しいんですよ。

鴨走でも12名の猛者が走りましたが、胃腸が元気で完走したのって私を含めて3名だけ

IMG_20180512_055632

いくら走力があったって胃が悪ければ走れない

それでも鴨走ランナーは強いので、飲まず食わずで完走しますけど・・・・地獄ですわ(^^ゞ

胃腸のキモはおいおい書くとしまして

そろそろレースレポと行きますわ。

金曜日の朝の飛行機で熊本へ

空港でレンタカーを借りて阿蘇市にある受付会場へ

阿蘇は4年前にトレラン旅行に来ましたので、案外知ってます。

しかし地震の影響でそこここが通行止めで復旧中!

IMG_20180512_090019

特に山間部のがけ崩れがひどいですね。

工事現場を迂回しながら受付会場へ

その名も「はな阿蘇美」ってとこ

公共施設なのかな?道の駅のような感じのとこ

IMG_20180511_152924

まずは装備チェック

ライト2個と予備電池

マイカップ

レスキューブランケット

レインジャケット

そしてシューズの裏に付いた土のチェック

牧場を走るので、口蹄疫を持ち込まない様に

私は難なくクリアですが、皆さんの様子を見てたらライトが点かなかったり、シューズが汚れていたりと結構準備不足の人が多かった。

装備チェック完了の腕バンドをつけてもらって受付へ

Point Blur_20180515_213104

参加賞は、いも!!!!

サツマイモですわ(^^ゞ

これが結構重くてね~~

それと酢!!!!

熊本らしくて良かったです。

あとはTシャツとマクドのただ券

なんとセットメニューならどれでもOKってやつ

おお~~凄い

700円相当です。

そして餃子専門店「弐の弐」のお食事券

なんと1000円分

太っ腹ですね~~

社長がトレラン好きらしく、昨年の阿蘇を完走されているそうです。

次はブリーフィング

特に注意があったのは、牛の事

口蹄疫ですね。

あとはマーキングが少ないって事

UTMFの倍の間隔でしか設置していないとの事

これはロスト要注意です。

私はGPSのログを持っていましたので安心してましたが、それでもマーキングが見当たらない場所も多く、踏み跡をトレースする事に集中してました。

それでもちょこっとロストしました。

それは前の人に付いて何も考えずに走っていたとき

林道から山に入る入り口を見逃してしまいました。

後ろのランナーが叫んでくれたので100mほど行き過ぎただけで済みましたが、叫んでくれなければ5名ほどの集団ロストとなりました。

あの時叫んでくれた方、本当にありがとうございました。

で、ブリーフィングが終わって

明日の補給と夕食の買い出しを済ませて

南阿蘇のペンションへ

夕食は、いつものように炭水化物主体で

なのでペンションの夕食は食べずにどん兵衛なんですよ

今回は、きつねどん兵衛と海鮮丼

デザートに、白玉あんみつ

ついでにビールも1本だけ(^^ゞ

それと今回もカフェイン抜きを実行しました。

これがまたしんどくて・・・

けどやっぱり効きますわ。

夜中になっても全く眠くなりませんでしたから

どうするかって????

私の場合は、火曜日から抜いて5日間です。

通常1日3~4杯のコーヒーを飲んで、日本茶の1杯飲むんですが、これを辞める

もちろんコーラや紅茶もいけません。

火曜日の夜ぐらいから頭痛がして来まして水曜日は最悪の頭痛で、頭痛薬を服用

木曜日はスッキリして来て、金曜日は体調が良くなる

けど往きの飛行機でサービスされるコーヒー

あの素晴らしい香りの誘惑を断ち切るのが辛かった

グッとこらえて「コンソメスープ」をいただきました(^^ゞ

で、なんでしたかね???

あっ!

レースの用意ですね。

received_1722815627825612

ゼッケンをつけて、ボトルに水と麦茶を入れて、予備に水素水を1パック持つ

ジェルはハニーアクションを5個。

STCのエナジーバーを1個

アボガドサンドイッチを一つ

ハニーアクションリカバリーを5本

こんだけです。

途中に自販機があるという事なんで小銭も一応持ちました。

必携装備と補給だけですが、結構な重さで3kgぐらいです。

ウエアはランパン、ゲーター、半袖鴨T,アームスリーブ、サンバイザーです。

天気が良い予報なので、サングラスは濃い目をチョイス

シューズは、サロモンウルトラ1足です。

お風呂に入ってベットに入ったのが22時

3時半起床なので5時間半寝られます。

IMG_20180512_051725

明日の天気は快晴、気温24℃

日曜の朝から雨の予報

何としても雨に逢わずに帰って来る

目標タイムは23時間15分

さあ、どうなるのでしょうか?

頑張れ自分~~~(^^ゞ

阿蘇ラウンドトレイル速報

received_1722712014502640

阿蘇ラウンドトレイル!109キロ
ガーミン計測112キロ(^_^;)
received_1079037205577584

無事完走しました。
タイムは22時間23分106位でした。そして目標タイムより1時間ほど早く帰ってこれたので良いレースでした。
IMG_20180512_074241

阿蘇の天気はカンカン照りの快晴からラストは大雨の泥んこ祭りという正反対の天気となり、私はギリギリ雨には合いませんでしたが、後続の皆さんはゴール手前の下りが大渋滞し2時間停滞でゴール関門無制限となりました(^_^;)
IMG_20180512_165549

スタートからは素晴らしい景色が味わえ、阿蘇の大自然を満喫!
IMG_20180512_112927

反面草っぱらである為直射日光をまともに受けて暑いのなんのって(^_^;)
とにかく昼間は暑さをやり過ごす作戦でスローペースを維持し、6時間後の15時ぐらいからペースを上げる展開へ
IMG_20180512_161429

スローペースが功を奏して胃の調子も良く、熱中症の心配もなし!
66キロからの山岳区間はさらにペースアップしゴール手前2キロで40分先を走っていた鴨走ランナーに追い付き、3人一緒にゴールできました。
やっぱりレースはスローに入って後半上げる
これがキモ
IMG_20180512_125147

終始食べられるし、ジェルも少なく
内蔵のダメージもなくリカバリーも早い
皆さんも是非どうぞ
レースレポは後日

阿蘇ラウンドトレイルについて考える

5月6日 大文字山往復 15km

いよいよ今週末は阿蘇ラウンドトレイルです。

Point Blur_20180509_144640

距離109km、累積標高6000m

制限時間29時間のレース

コースは阿蘇山の外輪山を時計回りにぐるっと4分の3周ぐらいするワンウェイコースで将来的には1周回って100マイルにするそうです。

阿蘇と言えば2年前の地震ですよね。

その影響でレースが開催されたのは昨年から

今年は2回目だそうです。

このレースの特徴は何と言っても素晴らしい景色

阿蘇って活火山ですから木が生えにくい。

なので草っぱらの山が多いんです。

私も3年ほど前に走りに行ったのですが、それはそれは素晴らしい景色でしたわ。

しかし裏を返せば木陰が無く、ガンガン照りでしょうね。

それと火山灰は水はけが良いので湧水なんかもまず無いと思った方が良い。

スタートは朝の7時ですから天気が良いと日照りに合いますので対策は必須かなと

コーズ図を頼りに地形を読んでみましたら、前半70km付近まではカルスト台地のような地形を何度か越えていく比較的なだらかな山ですね。

一旦登ったらしばらくフラットが続いて下る感じ。

そしてドロップがある66km付近からは外輪山の稜線のピークハントとなり激上り激下りの連続

外輪山の中心である阿蘇山に向かって切れ落ちている稜線って感じで、走ってたら右側が崖で左側はなだらかな斜面のようです。

その稜線を雨が浸食し谷を作る

そこが峠となりピーク→峠→ピーク峠の連続で

地形図から読み取れるだけで十か所ほどの峠が見えます

A4の66km以降は夜にさしかかり事もあり、疲れもピークだと思います。

そこへアップダウンの繰り返しですから、かなりしんどそうですわ。

しかし救いなのはアップダウンが短い事

地形図で見る限り一つの登りは高低差100m以内

95km付近からはアップダウンを繰り返すものの下り基調となり

ラストの103kmにある俵山の200mアップを越えればダ~~~と下ってゴールです。

勝負は、66kmから95kmまでの約30km!

ここを集中して走れれば良い結果が出ると思います。

でもね。

あんまし早く走ると夜中のゴールとなる(^^;

これはUTMFを見ててもわかりますが、寂しいよ~~

うまく陽が昇ってからゴールしたいのが本音ですが、そううまくいくかも疑問です。

途中で寝たりすると低体温になったり筋肉がガチガチに固まったりとトラブルを引き起こしますので、あんまり長く止まりたくない。

長くても20分ぐらいかな~~

それと夜の気温が読めません。

九州って暖かいイメージがあるけど山はやっぱり寒いのかな?

最低気温10℃とかまで下がるのならダウンジャケットも考えた方が良いかもしれません。

それと腹巻は必須ね!(^^)!

昼間は暑さ対策

夜は寒さ対策

両方持ったら大荷物になる(^^;

なのでドロップを利用して荷物を分散

66kmのA4がちょうどドロップとなっています。

ここに着替えとダウンジャケット、カイロ、腹巻などを入れておく

超寒かったらダウンで保温しながら休息を取りカイロを貼る

持込む食料はサンドイッチと甘酒にしようと考えています。

いつもならレッドブルかコーラでシュワ~~~ですが

夜の冷え対策として炭酸は封印

胃が悪くなったらホンマ地獄ですから・・・(^^;

なのでエイドでも出来るだけ暖かい物を食べていきたいと思います。

装備的には決まってます。

ウエア関係は

シューズは、サロモンのセンスウルトラ

ザックはアルチメットPB3.0

ランパンにサロモンゲーター

メッシュアンダーに半袖鴨Tです。

必携装備として

ヘッドライトはレッドレンザーH8R

サブにハンドライト

及び予備電池

レスキューブランケット

ファーストエイドキット

携帯トイレ

折りたたみカップ

フラッシュライト

スマホ

コース図はスマホにダウンロードし地形図と共にインストールしました。

レインジャケットはノースのアクティブシェル

パンツは、モンベルバーサライト

天候が荒れるようですとモンベルのトレントフライヤー&ストームクルーザーパンツに変更するかもしれません。

グローブは、サロモンのミトンカバーのあるやつ

手持ちの補給は、ハニーアクション5個とマグオン3個、ジェルグミ2袋、

ハニーアクションリカバリーを5袋を持ち、同じ量をドロップに入れます。

水分は麦茶と水を0.5mLずつ

こんな感じです。

ただ前半のエイド間隔が結構長い

15km前後で2時間半から3時間かかると思うのでスタート時にパンかおにぎりなどの固形物を持った方が安心かもしれませんね。

エイドは充実しているとの情報がありますが、エイドが3時間無いと結構お腹が減っちゃうので・・・

ペースですか???

今回はゆっくり行きます。

特に前半は心拍数を極力上げない様に周りに流されない

マイペースで淡々と走ります。

先日のUTMFを見てても思いましたが、やっぱり完走なんですよ。

タイムを追い求めてつぶれたら何の意味も無い

マイペースで走ってタイムが良かったらラッキーって感じで走りたいと思っています。

WS000103

目標タイムは23時間

一応設定してますが、あくまでも妄想ですわ。

ゴールは朝の6時です。

ほんまは9時ぐらいの方が賑やかで良いと思うのですが、さてどうなるか???

精神的には、ばあさんの介護で疲れ切っておりますが、走る楽しさを再発見するようなレースにしたいと

思います。

ストレス解消~~~~!!!!!

って、いきたいですね!(^^)!

怒涛のUTMFボラ3日目。疲れたー

4月2日走行距離 10km 通勤

いよいよ阿蘇まで10日となりました。

2週前の先週末はUTMFボラで全く走れてませんが、4週前と3週前に2日セット練習を行ったのでそれで良いのかなと

最近母親のボケ症状が酷くてヘルパーさんの手配だとか通院とかに四苦八苦!

そちらにエネルギーを取られて走りに集中できない。

先が見えない老人介護!

家族の負担は大変です。

まあボヤいていたって阿蘇はやって来る。

ベストな状態からは程遠い状況ですが、なんとしても完走だけは譲れない

自分の潜在能力を信じて走りたいと思います。

IMG_20180428_184537

で、UTMFボラも最終日!

午前1時に3回目のシフトが終わりゴール会場のエキスポマルシェ(食べ物屋台です)で夜食をいただきました。

ボラの間で話題になっていたのは、地元猟師さんが撃ったイノシシのしし汁

そしてその人が作っている自家製ビール!

これがうまいのよね。

しし汁の「しし」自体はあんましですが、良い出汁が出てまして野菜が美味しい

ビールは、富士エールという名前で、微炭酸の柑橘風味

苦さの中に八朔のような味がしていかにも手作りって感じのビールでした。

生ビールで2杯いただきました。

疲れてたのか食欲が止まらなくて、隣の「オシノムライス」もいただきました。

IMG_20180428_213313

これは忍野村とオムライスのごろ合わせかな???

オムライスにトマトソースの乗ったカフェ風のオムライスでした。

次のシフトは7時なので6時間しかありません。

大急ぎで泥のような眠りについたのでした。

IMG_20180429_054058

午前5時!

シフトより少し早いですが、鴨走の3名が帰って来るころなので

ゴールで待機します。

日が昇ってくると一気に暖かくなり応援の人でも増えてきます。

やっぱゴールは昼間がいいね。

そして168kmを走りぬいてやってきたのは、M君

鏑木さんのチーム100マイルにも入ってるランナーです。

メッチャダッシュで元気にゴールしました。

39時間です。

続いてなおちゃん。

UTMFに向けて一緒にトレーニングしてきました。

スピードとスタミナを備えた鴨走女子のエースの一人です。

しかしスタート直後に突っ走る習性があるのでメッチャ心配でした。

案の定、22kmの富士宮で女子10位

女子2位の丹羽薫さんと3分差(^^;

これは明らかに飛ばし過ぎ

急遽富士宮のコース脇で丹羽さんとの距離を知らせて抑えるように声掛けした。

IMG_20180429_061729

そこからは自分のペースを取り戻し、後半失速しながらも完走!

よくぞ帰って来てくれました。

完走おめでとう!

続いてガッキー

武尊山23時間の走力の持ち主で30時間切りを狙ってましたが低体温で失速

IMG_20180429_072206

3時間の停滞のあと、リスタート

それでもあきらめず最後まで走り切り40時間でゴールしました。

ラスト100mを2人で泣きながら走りました。

「たかっちさん、100マイルってこんなに苦しいもんなんですね」

こんな事言うもんやから涙が止まらんかった。

よう頑張った

これが100マイル

100kmのレースとは全然違うやろ

この苦しさを乗り越えた時、最高の喜びが待っている

こんな経験出来る人ってまずおらんから・・・・

ラストの鴨走女子は、残念ながら忍野でリタイヤ

足の骨折を乗り越えての出走やったけだけに残念

悔しいやろね~~

そして最終シフト開始

最終日の朝は途中参加で来る人が多く人数足りてます。

なので沿道での誘導と応援に回りました。

46時間の制限時間に向けて続々とランナーが帰って来ます。

11時ぐらいからボリュウムゾーン入り沿道からゴールへ移動

今度はチップ外しです。

・・・・と、フィニッシャーズベストが足りない!

これはえらい事です。

最初はメンズSが無くなり次にメンズMが無くなった。

そしてLも無し

残りはXLのみ

きっちり確認して渡しているので、サイズ間違いはないはずです。

ランナーには、サイズ違いでも良ければ渡せますが、サイズ通りなら後日送付になりますと・・・・・

これは殺生な事ですわ。

後日送付の方には住所を書いてもらうのですが、もちろん外国の方も沢山おられます。

中には住所を聞いても思い出せないランナーもいたりして大変です。

そらそうですよ。

168km走って来て朦朧としてるのにいきなり住所書けってなんやねん!

もう無茶苦茶やわー

しかしなんでこうなるんでしょうか???

よく考えてみると私が走った年もそうだったような

・・・と言う事は・・・・・

確信犯!!!!

完走率が高い年は、絶対足らなくなる!!!

こういう事なのか????

そんな殺生な~~~

今回足らなかった人は50名以上居たと思います。

その方々に謝り倒して住所を書いてもらう。

これってどうよ???

確かに完走率が悪ければ余ります。

余れば廃棄するしかない。

ならば最初から送付にすればよい。

参加賞だけ用意して完走賞は後日送付

外国の方だけ多めに用意しといて、余れば送付に使う

これを最初にアナウンスしとけばランナーも納得できるはず。

何も聞かされないでいきなり「足らなくなりました」では可哀想すぎる。

なんせ168km走って来てますから(^^;

そして日曜日の13時

最終ランナーが帰って来てゴール閉鎖

長い長いレースが終わりました。

しか~~~~~し!

まだボラは続きます。

後片付け(^^;

チップのカスを拾って、ベストの段ボールを片付けて

会場のごみ拾い

閉会式で盛り上がってる時もひたすらごみ拾いですわ。

あ~~ボラって大変。

けどね。会場のごみって案外少なかったです。

みんなマナーが良い。

よく花見会場だとごみが山のように積まれていますよね。

IMG_20180429_155459

さすが100マイラー達!

少し誇りに思ったのでした。

さあ少し仮眠して帰宅ですわ~~~

怒涛のUTMFボラ2日目

4月28日 全く走ってません

2回目のシフトは午前3時から11時まで

お風呂に入って仮眠をとり、あっという間に時間ですよ~~~(^_^;)

真夜中の河口湖大橋に向かいます。IMG_20180428_041445

前半3時間は荷物渡し

後半は完走証発行ですわ。

午前3時というとSTYの選手速い選手がボチボチ帰って来ます。

完走おめでとうございますって声をかける

真夜中のゴールは音楽もMCも鏑木さんも誰も居ない

STY女子トップのズーミンやUTMF女子2位のカオリさんが帰って来た時も誰も居ない

本当に申し訳ない気持ちで、私らボランティアのみで迎えます。

ほんま真夜中って誰も居ませんわ。

サポートのいる選手は家族が来るからまだ誰かいますが、一人で走ってる人は本当に誰も居ないんです。

90kmとか160km走って感動のゴールなのに誰も居ないってどうよ????

せめてもの盛り上げで、ゴール手前でハイタッチして、ダッシュでゴールへ行きおめでとうって握手する。

一人二役!

それとゴールテープですが、女子に持って欲しいよね。

おっさんに持たれた日にゃ~~がっくり来ますよね。

なので、そこは女子でお願いしますって散々言ったけど

気付けばおっさんが持ってる

ゴールテープを切るところって写真に写るよね。

私なら華やかに女子がええと思いますが・・・・

もう一つ言えば、完走証渡しも男子には女子!

女子にはイケメンで!!!

まあ女子の場合は私がやりますが・・・何か?(^^;

IMG_20180428_051223朝方からはSTYの選手が続々と帰って来るボリュームゾーン

特にゴール制限時間の1~2時間前はすんごい混雑

朝からは鏑木さんも来て音楽もあり華やかなゴールとなりました。

しかし選手がどんどん来るので完走証もチップ外しもベスト渡しもテンヤワンヤです。

中国人はゴールからなかなか離れませんし、中には座り込んで一服している人もいる

大混雑の中でこれが出来る神経は国民性でしょうか?

完走証発行は超高速番号打ちで何とかやり過ごして、間違い無く完走証の発行が出来たと思います。

後からアールビーズ社員に確認してもらたら、パーフェクトだったそうです。

IMG_20180428_08003911時に2回目のシフト完了

怒涛の7時間でした。

あ~~~疲れた

もうたまらん眠いし、ぼ~~っとしてます。

次のシフトは夕方の18時から午前1時まで

も~~いつがいつで何が何だかわかりません(^^;

とにかくごはん食べて寝るっきゃない

疲れ切っております。

鴨走のみんなの応援に行きたかったけど、ごめん。

この日の昼間は25℃!

カンカン照り

皆さん100km辺りを走っているはず

ということは、20kmのロードで苦しんでいるだろな~~

山なら涼しいけど市街地のロードは暑いからね~~

IMG_20180428_105254しかし今回のUTMFは良い天気

いつも富士山が見えて気分最高

日の出や夜空も綺麗でした。

で、18時からのシフト開始。

UTMFのトップ選手が帰って来る20時まではゴールでの仕事が無いので荷物整理

土曜日の夕方からはボラが増員されて余裕あり

休憩も多く取らせてもらって少し楽になりました。

選手の荷物とドロップバックをゼッケン順に並べて、すぐ渡せるようにする。

その間もUTMFのリタイヤ選手がバスで到着

いや~~かける言葉がみつかりません。

残念でしたねっていうのもアレだし、どうしたんですか?

ッテ言うのもね?

そして20時すぎ

UTMFのトップが帰って来ました。

アメリカ人のボーマン選手

ノースの選手です。

すぐに2位のパオ選手

スペイン人です。

パオのママがゴール前に入れてくれって

もちろん英語ですわ

「OK~OK~オケッケ~」

って帰しても、笑い無し

スペイン人には関西弁通じませんわ(^^;

アメリカ人には

「サンキュ~便所マッチ」が通じました。

3位の選手はそこからかなりの時間が経ち入って来て

6位に土井君と大瀬君が来た。

トップゴールから3時間

この時ちょうど休憩でごはん食ってました(^^;

その後も10分に一人ぐらいが帰って来る感じで、ヒマです。

IMG_20180428_184709スタート後30時間まではこんな感じ

35時間でもポツポツでこの辺りからやっと1分に一人って感じでした。

鴨走の4人はというと、130km付近を頑張って走ってます。

それぞれトラブルを抱えながらも何とか耐えて走っております。

ただ女子一人が大きく遅れて関門やばい状況

心配です。

そんなこんなで3回目のシフト完了。

も~~ヘトヘト(^^;

怒涛のUTMF57時間ボラ1日目(^^;

IMG_20180427_103025いや~~~参りました。

ここまで長時間働かせられるとは・・・・

身も心もくたくたですわ~~

しかも結構責任が重くて、選手に謝る事も多く複雑な心境

かたや仕事で携わってる人もいる訳で、その人に指示されると、?????ってなる。

下請けやないんやから~~って感じ。

大会側の不手際をボランティアが謝ったり、

尻ぬぐいするのも違う気がしたり・・・・

まあええか!

とにかくボランティアは大変だなって事で(^_^;)

IMG_20180427_115806今回の配置はスタート&ゴール!!!

運営の裏側が見え隠れする部署

スポンサーや役所との関係もありますでしょうし、きれいごとだけではレースは運営できないって事です。

コース誘導やエイドは、レースの表に出るボランティアですよね。

そっちの方がよかったな~~

で、レースの方は大成功で終了

WS001294優勝タイムは19時間20数分で1位、2位を冠スポンサーであるノースの外国人選手で独占。

もうこの二人がダントツの速さでした。

ちなみにこの二人がゴールした時に完走証の発行をしていましたが、ゴール後の装備チェックも横で見てました。

IMG_20180428_103230ザックはノースの2L

水分は500mlのフラスク1個

多分予備にパウチかなんか水を入れずに持っていた感じです。

ライトは、メインがヘッデンで100ルーメンほどの小さなやつ

2個目は、ペツルイーライト(30g)

レイン上下は、多分ノースのゴアの新製品100g以下のやつ

レスキューブランケットも持ってました。

ただフリースのミッドレイヤーはどう考えてもザックに入らないと思うのですが、どうしてんのかな

それとジェルなどの補給食も無し

水に溶かして水分として持っていたのかな?

それにしても少ない装備ですわ。

19時間で走る選手と45時間で走る選手!

まあ違って当然ですけどね。

しかしジェルを持って無かったのは驚き

全部飲み切ったとしてもゴミがあるはず。

それも無い。

ミステリーです。

まあトップは最終エイドからゴールまでを1時間半ほどで来ますので必要ないのかな?

私なら3時間はかかりますが・・・・(^^;

で、私の方はと言いますと、

木曜日の夕方に家を出まして高速のSAで車中泊

金曜日の午前7時前にこどもの国へ入りました。

IMG_20180427_083858会場のさかいやスポーツさんのブースに「ハニーアクション」の

雅蜂園さんが出店されており美和社長と会えました。

そして新作ハニーアクションの秘密の打ち合わせ(^_^;)

ハイ、新兵器を開発中!!!

こうご期待の楽しみな製品です。

IMG_20180501_171611ちょこっと言いますと、最終兵器的なトップスピード仕様のハニーアクションです。

全力で走っていても飲めるように!

飲んだらガツンと効くようにがコンセプト!

いや~~楽しみです。

発売されたら買ってね~~

そしてボラ配置が決まり

IMG_20180427_141319ドロップバック預かり担当でした。

ゼッケン順に佐川急便のカーゴに入れていき、口を縛ってねと声をかける

当然外国人もいっぱいいますので、英語でも・・・・

KUTIO SIBATTE NE

はい、こんな感じ(^^;

中国語とかフランス語とかスペイン語とか

全くわかりません。

なので京都弁で・・・・

くちを おしばり やす~~~~(^^;

案外通じてたような・・・

それを延々5時間やって、
IMG_20180427_145159UTMFのスタートを見届け

16時に1回目のシフト完了

そして次のシフトが決定

ゴールでの荷物整理と完走証発行&フィニッシャーベスト渡し

これが2日目(金曜日)の午前3時から翌日の10時まで

さあ体力勝負の始まりです。







ちょっと前に書いた記事ですが、アップするの忘れてました(^_^;)

4月15日 走行距離20km 4時間LSD

日曜日は4時間のLSDを慣行!!!

心拍数を120以下に抑えて4時間動き回る。

途中の補給は無し。

毛細血管まで血流を流して先週の疲れを全て出し切る。

そして、とにかく辛抱して脂肪燃焼を促しダイエット効果も狙いました。

で、結果は・・・・・

痩せません(^^;

な~~~ぜなんだろうな~~~~????

始めと終わりでなんも変わってない。

メチャクチャお腹が減って食ったのがいけなかったのか?

けど4時間も軽い運動をすればお腹も減りますよね。

何ちゅう身体や~~(^^;

けどリカバリーにはなったようで、疲労感は消えました。

で、前回途中だったハンドライトのテストを行いました。

なんと、意外な結果が出たんですよ。

モバイルバッテリーにもなるハンドライトの

WS001291YOUTHINK

これは強モードで4時間

中モードで5時間半でした。

弱は暗くて使えないのでやっていません。

WS001279次は、電池交換とズームが出来るBENSKY

強モードで4時間

中で5時間半

まあ無難なところです。

そして最後は図体がデカくてズームも出来ないこいつ

WS001277えっとメーカーは????

よくわかりません。

・・・・が、

ななななんと!!!!

実用に耐える明るさの中モードで12時間!!!!

ワオ~~~1500円で12時間って凄い

それも付属の訳の分からんリチウム電池ですよ

ジェントスの閃ですらリチウム電池の新品で10時間です。

わからんもんですね~~

けど重くてデカい!

これを持って走るのは勇気がいります。

たかが40~50gの違いですが、一晩となると・・・・

しかしこの電池の持ちは安心感につながりますし、メイン機としての素質があるかもしれません。

いや~~悩む~~~

いざというときこのライトで通すこともできますね。

これ持ってたら安心は安心ですけどね(^^;


ハニーアクションエナジー!バージョンアップしました。
ハニーアクションリカバリー!魔法の粉でスーパーリカバリー
レッドレンザ―と電池が共用出来ます。
明るくてびっくり!電池も長持ち
18650充電式リチウム電池
非常用のぺツル
充電式ハンドライト
嫁用に買いました
ミレーの半額!ドライメッシュ
6時間後にラーメンが作れます
ちょっと安くなったガーミン
玉ずれにはコレ(;^_^A
最近マラソンシューズの良いのが無いけど、これが今のおすすめ
3シーズン用グローブ。カバー付きで万能です。です。
指無しグローブはこれ使ってます
雨の日用のアンダーグローブ
雨の時はこのソックス!水ぶくれ無し
100マイルはこのザック
も~良すぎて怖い!2足買いました
マラソンの終盤に
冬や荷物が多い時はこっち
レース用ザックはコレ
中国製ですが使えます。
ノースのレインジャケット!高いです。
モンベルなら比較的安い。少しかさばります
ロングパンツはこれを使ってます。
冬のアンダーか絶対これです。
パンツはこれ
今年はこれで行きます
冬のアームスリーブ
レース中のアミノ酸はコレ
毎日のアミノ酸はこれ
スタート前のエネルギー補給
3時間ごとに補給
ランパンはコレ。安いから普段も履けるよ
勝負シューズはこれしかない。
普段のJOGはこれ。万能ですわ
愛読書!
記事検索
アクセスカウンター

    アクセスありがとうございます

    takacchのJOGNOTE
    次のレース
    2月18日京都マラソン42km

    12月10日東山36峰マウンテンマラソン30km

    11月26日大阪マラソン3時間28分完走

    9月23日スカイビュー武尊トレイル129kmDNS

    9月16日信越100マイル107km17時間51分完走164位

    8月27日かっとび伊吹10km1時間31分155位完走

    7月30日大文字ランニングDNS

    7月28日富士登山競争五合目コース15km2時間6分完走

    7月1日美ヶ原トレイル80k11時間35分完走28位

    6月11日みかた残酷マラソン24km2時間1分完走56位

    4月30日奥三河パワートレイル70kmリタイヤ

    3月25日六甲キャノンボールパワー112km14時間56分19位

    3月5日篠山マラソンフルDNS

    2月26日宇治川マラソン10km45分14位

    12月18日志摩半島トレイルランニング40km5時間19分89位

    12月11日東山36峰MM3時間5分完走25位

    11月13日峨山道トレイル75km10時間20分41位

    10月30日大阪マラソン3時間25分完走

    9月23UTMF44kmに短縮20位完走

    9月4日セプテンバー駅伝28位

    7月31日大文字ランニング19i位

    7月16~17日舞洲24マラ28位

    7月2日美ヶ原トレイル80km13時間8分155位年代別9位

    6月19日大津リレマラ4位

    5月28日比叡山INトレイル50km7時間58分150位

    4月10日ダイトレ36kmDNS

    3月26日六甲CBパワー112km15時間42分23位

    3月6日篠山ABCマラソン3時間32分撃沈

    2月28日宇治川マラソン10km12位

    12月26日大阪城わかちゃんリレー16位

    12月13日東山36峰MM3時間1分19位

    10月25日大阪マラソン3時間38分撃沈

    9月22日信越五岳110km16時間40分完走
    最新コメント
    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ