Rurban Chiba Network

NPO法人ラーバン千葉ネットワーク(RCN)は、「RURBAN=田園と都市が互いに助け合い共生するまちづくり」という理念の実現を目的とするNPO法人です。

2月9日冬の鳥の観察会参加者募集中!

恒例の冬の鳥の観察会です。
冬は、バードウォッチングに最適の季節! 

昨年に続いて利根川沿いの利根川自然公園付近でトリ見ングです。
この場所は、森の鳥、シベリアからやってきた水鳥などなど
バラエティに富んだ鳥が観察できます。

昨年の探鳥会の様子→http://blog.livedoor.jp/rurbanchibanetwork/archives/53055199.html


日時 2月9日(土) 9 001200 (雨天の場合翌日に順延)
場所 茨城県立松陽高校正門前集合(茨城県取手市小文間4700

   車の同乗希望の方、場所が不安な人(あらかじめお知らせください。)

   印西市民活動支援センター 830集合
定員 30
参加費:一般500円 RCN会員200円(小学生以下無料)
講師:河邉久男さん(里山の会ECOMO)

持ち物:双眼鏡(あれば) 
申し込み・
問い合わせ FAX 0476-42-4143  メール  mailto:info@rcn-forum.org   
問合せ 0476-37-6419(問合せ時間 10:0017:00
 

4モズ
今日の鳥
1トリ2


12月8日里山水系ウォーク「ぐるり結縁寺」を開催しました。

12月8日、東京情報大学教授でナチュラリストのケビン・ショートさんの案内で里山水系ウォーク「ぐるり結縁寺」を開催しました。結縁寺フットパスは、にほんの里100選の一つである結縁寺を歩くウォーキングコースです。昨年RCNが印西市のまちづくりファンドの助成を得て案内看板や結縁寺のトイレや駐車場の整備を行いました。
今回のウォークでは、結縁寺から名馬塚、宗像神社、頼政塚とめぐりまた結縁寺に戻ったところで地元農家のお母さんたちが用意してくれた大きなお結びと野菜たっぷりの豚汁、お漬物などのお昼御飯が待っていました。
ケビンさんの里山の自然と今も地域に根付く民間信仰の解説で参加者一同楽しいひと時を過ごしました。


2018-12-08_002_秋のウォーク_Web
2018-12-08_003_秋のウォーク_Webフットパス
ケビン・ショートさんは、20年以上前からRCNの主催する北総里山カレッジ主任講師や水系ウォークの里山ガイドなどを務め、RCNの強力なパートナー。千葉県印西市に在住。
セブンイレブン記念財団広報誌「みどりの風」リンク

冬の森の手入れ「みんなで育てる草深の森」のご案内

草深の森は市街地に残された貴重な里山です。私たちは10年以上手入れを続けてきました。

里山は人の手が入ってこそ維持されます。適切な管理で素敵な森を作りましょう。
NPO
法人いんざい子ども劇場とタイアップした企画です。



: 1 19 ()(雨天中止)9 30 分~12
: 印西市草深の森駐車場 :印西市高花6-17(隣接地)
集合時間 : 9時30分
: ほかほか豚汁 おにぎりはご持参ください。

参加費 : 300 円(子どもは無料) 子どもだけの参加は不可

申込み :(tel)0476-37-641910:0017:00
        (Fax) 0476-42-4143
10:0017:00
        (Mail) info@rcn-forum.org
締切:1 17 ()
服装:長袖、長ズボン、できれば長靴
内容:草刈り、落ち葉かき、枝拾いなど
     
こどもは冬の森を遊ぼう!

07
05

第5回RCN里山おもしろ講座開催!

第5回RCN里山おもしろ講座は12月1日に高花6丁目東集会所で開かれました。「教えて、木の育て方」の演題で、樹木医の小池英憲さんが講義します。
樹木生産に長年関わり、東日本大震災の津波被害後の海岸植林にも携わったそうです。今回は草深の森には行かず、PPを使って木が健康に育つ仕組みを分かりやすく解説。重要なのは、養水分を吸収できる先端の細根や白根を守ることです。白根は樹冠の縁で地面に近いところにあるので、踏み歩くと弱ります。木の繁殖法には有性と無性があり、自然な森をつくるには、種子からのほうがいいとのこと。

発芽の仕方は、ポプラのように落ちて数日から、モチノキの2、3年後と色々です。ドングリやマツの種子を選ぶ場合は、果肉を除いて水に沈んだものにすると説明。挿し木や接ぎ木にも話が及び、都市の緑化や庭木の育て方などに質疑があります。草深の森で貴重なハシバミやクロウメモドキなどの生育法も教わりました。

里山の勉強会として開催した里山おもしろ講座は、5回目で終了しました。

里山講座最終
里山講座講師
里山講座絵2
里山講座絵1

第4回里山おもしろ講座「素敵な森をつくるには」開催

11月3日開催の第4回里山おもしろ講座のテーマは「素敵な森をつくるには」です。講師は里山巡回相談を続ける千葉県森林研究所所長の福島成樹さん。
自治会集会所では、草深の森の古い航空写真をもとに森つくりのポイントを話します。昔の針葉樹林から森は変化して、40年ほど前までの畑がイヌシデの林になっています。
利用目的に沿って森のイメージを皆で合意し、利用計画図を作ることが重要と強調。
それから森に入って福島さんから説明を受けると、伐採の仕方や草地づくりに納得です。遊歩道を一回りしながら、切り株から年輪を確認したり、ヤマザクラの再生やモミジの移植の方法も。先月の台風で被害を受けた樹木の片付け方や、危険な枯れ枝の管理法も教わりました。
1_2018-11-03_011_第4回里山おもしろ講座
2_2018-11-03_019_第4回里山おもしろ講座
3_2018-11-03_026_第4回里山おもしろ講座
4_P1090281_大西
5_2018-11-03_030_第4回里山おもしろ講座
6_2018-11-03_032_第4回里山おもしろ講座
7_P1090288_大西


記事検索
ギャラリー
  • 2月9日冬の鳥の観察会参加者募集中!
  • 2月9日冬の鳥の観察会参加者募集中!
  • 2月9日冬の鳥の観察会参加者募集中!
  • 12月8日里山水系ウォーク「ぐるり結縁寺」を開催しました。
  • 12月8日里山水系ウォーク「ぐるり結縁寺」を開催しました。
  • 12月8日里山水系ウォーク「ぐるり結縁寺」を開催しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ