ガの仲間の形態と生態は変化に富み、一言でその特徴を表現するのはとても難しいです。そこでシャクガ科(尺蛾科)幼虫の特徴の一つを紹介します。シャクトリムシ(尺取虫)と呼ばれるシャクガ科の幼虫の独特のユーモラスな歩き方です。

シャクトリムシの歩き方 2012/6/21

  人が大凡の長さを測るとき、指を同じ長さに開いたり閉じたりしながら数えてゆきます。そのことを「尺をとる」といいますが、その指の動作に、シャクトリムシ(尺取り虫)の歩き方がとても似ています。    

120621シャクトリムシ(自然生態園) 1s
120621シャクトリムシ(自然生態園) 2s
120621シャクトリムシ(自然生態園) 3s
                    写真のシャクトリムシは未同定です。

*英国ではLooper(ループをつくるもの)、アメリカではInchworm(インチを測る虫)と呼ばれています。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)