コガネグモは、クモ目コガネグモ科に属するクモです。最も広く知られているクモのひとつです。でも県内では草原が減少し、本種が見られなくなってきたので、要保護生物(Cランク)のカテゴリーに指定されています。

1,コガネグモ  2012/7/6

体長は雌が20~25㍉、雄が5~6㍉です。水田・草原・人家の周辺などに大きな垂直円網を張ります。

120706コガネクモ(西根)s

2,コガネグモの「隠れ帯」  2012/7/9

網の上に糸の帯でできた白いジグザグの模様をつけます。クモの姿を隠すものという意味で「隠れ帯」と呼ばれていますが、その効果があるかどうかは分かりません。また白帯(はくたい)と呼ぶこともあります。

120709コガネグモ(西根) s

3,カナブンを捕獲したコガネグモ  2010/8/17

トンボ・カマキリ・アブラゼミなどの大型の昆虫も補食します。

100817カナブンを捕らえたコガネグモ(自然生態園)s

*参考資料;千葉県レッドデータブック-動物編(2011年改訂版)
保護上重要な無脊椎動物 クモ類

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。