コガネグモ科のナコガネグモの幼体と成体の比較、よく似たサツマノミダマシとワキグロサツマノミダマシの比較です。

1,ナガコガネグモの幼体と成体   

   幼体時は白または灰白色ですが、成体になると腹部は白色に加えて黄色と黒色が入り、縞々のクモになります。幼生はジグザグに糸を張ったゆがんだ円盤状の網を張ります。成虫の網は縦に伸びたジグザグのリボン状です。
110726ナガコガネグモの幼体(別所)s
                 ナガコガネグモの幼体 2011/7/26
091005ナガコガネグモ(白幡)s
           ノシメトンボを捕獲したナガコガネグモ 2009/10/5

2,サツマノミダマシとワキグロサツマノミダマシ  

 2種共に腹部の上面が緑色でよく似ています。サツマノミダマシは腹部の下面も緑色です。ワキグロサツマノミダマシは、ワキグロと名前にあるように腹部の下面が黒色です。
120625ワキグロサツマノミダムシ(西根) s
              サツマノミダマシ 2012/6/25
100919ワキグロサツマノダムシ(自然生態園)s
            ワキグロサツマノミダマシ 2010/9/19

*どちらも生活環境と習性がよく似ており、日中は網を畳んで葉上で休んでいます。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)