数千〜数万羽のムクドリがつくる群れは驚くべき動きをします。その動画(注)は、アイルランドのシャノン川で撮影されたものです。海の中のイワシとかの小魚の群れと同じような動きです。個々のムクドリは、「隣の仲間が動くと、自らも動く」という比較的単純なルールに従っているそうですが、それにしても千羽の群れでほぼ同時に起こっていることが不思議です

1,ムクドリの休息  2011/10/25

 ミクドリは、スズメとハトの中間ほどのスズメ目ムクドリ科の留鳥です。

111025電線にムクドリ(草深)s
111025電線にムクドリ(草深)ss
                   夕方、電線に止まるムクドリの集団

2,ムクドリの食餌  2012/7/16

 雑食性で、植物の種子や果物、虫の幼虫などを好んで食べます。

120716ムクドリの群れ(北総花の丘公園E)s
120716餌を食べるムクドリ(北総花の丘公園E)ss
                刈られたばかりの芝生に群れるムクドリ

3,ムクドリの飛翔  2012/7/16

 地鳴き声は、「ジュ」、「ジュル」「ギュ」、「ギル」などいろいろな声を出します。

120716ムクドリの飛翔(北総花の丘公園E)s
120716ムクドリの飛翔(北総花の丘公園E)ss
                     人の気配で一斉に飛び立ったムクドリ

*ムクドリは、日中数十羽の小群で分散して、昆虫や木の実などの餌を採っていますが、夕方になると集まります。近隣の市街地、駅前などにもムクドリの大規模な集団ねぐらがありますが捕獲や駆除などを行うのは困難な状況です。また抜本的な解決方法も見つかっていないようです。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)
 
(注) 引用元;WIRED NEW・・・1993年米国創刊の世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア。サイエンスの特集「美しすぎるムクドリの群れを科学する」 (http://wired.jp/