チダケサシ(ユキノシタ科)は山野の湿った林縁や湿った草原などに生育する多年草です。

1,チダケサシの花序  2012/7/19

 花時には草丈50~70cmほどになります。細長い円錐塔状の花序です。茎に褐色の長い毛があります。

120719チダケサシ(松崎台公園)1s
2,チダケサシの葉  2012/7/19

葉は2~3回奇数羽状複葉で、小葉は倒卵形、先は尖らず縁に重鋸歯があります。

120719チダケサシ(松崎台公園)2s
3,チダケサシの花  2012/7/19

 花はふつう淡紅色です。花弁と萼片は5個、雄しべは10個、花柱は2個。特徴は花弁がへら状線形です。

120719チダケサシ(松崎台公園)3s
120719チダケサシ(松崎台公園) 4s

*野草の図鑑などには花弁が5個と書いてありますが、写真をご覧頂ければわかるように、花弁の数を数えることができる状態ではありません。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)