細流が流れる斜面林縁に美しい朱色のフシグロセンノウ(節黒仙翁)の花が咲いていました。木陰の湿潤地を好む多年草です。”仙翁”という名の由来は、京都嵯峨にある仙翁寺で見つかったためと言われています。

1,フシグロセンノウ(ナデシコ科)  2012/7/29

 茎40~90㌢の高さになり、上部で分枝し、5弁の平らに広がった花を付けます。

120729フシグロセンノウ(結縁寺)1s ○印

2,フシグロセンノウの葉と茎の節  2012/7/29

 葉は対生で、先端が尖っています。また縁には繊毛があります。

120729フシグロセンノウ(結縁寺)2s 文
120729フシグロセンノウ(結縁寺)3ナツアカネ♀s
              撮影中にナツアカネが飛来して止まりました

*生息地保護のために詳細な地名の問い合わせには一切お答えすることができません。
 
(写真・文 S.S.)