ゴマ(胡麻)は「不老長寿の秘薬」と言われるほど栄養価の高い食物です。春に種をまいたゴマは、短期間に成長して60㌢~1㍍にもなります。夏になると葉のつけ根に釣鐘型の花を咲かせます。実は縦にやや長い形で、秋になって熟してくると自然に縦に裂けます。はじけた実から出てきた種を食べています。

1,ゴマの畑  2012/8/8

 台地の畑にゴマの花が満開です。「旱魃(かんばつ)にごまの不作なし」と云われていますが逆に多雨は生育が悪くなるそうです。

1,胡麻の畑(戸神)120808

2,ゴマの花  2012/8/8

 葉のつけ根に釣鐘型の花を咲かせます。これがゴマの花です。みなさんは見たことがありますか?

2,胡麻
3,胡麻の花

2,ゴマの蒴果  2012/8/8

 茎が伸びるにつれて一つずつ花が咲きます。萎れてしまうと実が詰まった蒴果ができ、秋にゴマの実を収穫します。

4,胡麻の実の詰まった房

*花の色は種の色とつながりがあり、白ゴマには白い花が、黒ゴマには淡いピンクの花が咲くことが多いようですが白ゴマや黒ゴマはどちらも同じ茎や房を付けていますし、花も同じに映ります。農家の人にお聞きしますと、見分ける方法は、”植えた場所を覚えておく事だよ!”と話しておられました。かっては日本では夏の風物詩だったのですが、最近ではほとんど見られなくなりました。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S・S)