キツネノマゴ(狐のまご)は野原や道ばた、畑などにごく普通に見られる15~50㌢の一年草です。 名前の由来はよく分かっていません。花言葉は、「可憐美の極致」です。

 1,キツネノマゴの群生  2012/8/19

 小さくありふれていることからあまり注目されませんが、よく見れば可憐な花をつけています。

1,120819 キツネノマゴ(北総花の丘公園E)s

2,キツネノマゴ(キツネノマゴ科)  2012/8/19

 茎は四角で、まばらに分枝し、葉と共に短い毛があります。葉は対生、長卵形です。

2,120819キツネオマゴ(北総花の丘公園)s

3,キツネノマゴの花  2012/8/19

 枝の先に短い穂状の花序を付け、淡紅紫色で8㍉ほどの唇形花を付けます。萼片や苞の縁には白い毛があります。

3,120819 キツネノマゴ(北総花の丘公園E)s
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)