丘陵や日当たりのよい荒れ地に生える多年草。タケニグサ(竹似草)の名前の由来は、茎が中空で、竹に似ているからだと云われています。

1,タケニグサ(ケシ科)  2012/8/27

 茎は中空です。高さ1~2㍍になります。茎や葉を切ると黄色の乳液が出ます。有毒で害虫の駆除に用いました。

1,120827タケニグサ(北総花の丘公園)s

2,タケニグサの葉  2012/8/27

 葉は互生し、広卵形で羽状に中裂し、裏面は特に白いです。

2,120827タケニグサ(北総花の丘公園)s

3,タケニグサの花とクマバチ  2012/8/27

 大きな円錐花序をつくり、白色の小花をたくさんつけます。花には花弁がありません。

3,120827タケニグサ(北総花の丘公園)s

参考資料:菱山忠三郎著持ち歩き図鑑「身近な野草・雑草」(主婦の友社2007/4)
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)