奈良県の國栖(くず)が葛粉(根からとった澱粉粉)の産地であったことが語源のようです。根を干して作った漢方薬“葛根湯(かっこんとう)”は風邪薬ですし、葛粉からは”葛切り”や”くず餅”が作られ、古くから食べられています。また茎からとった繊維で織った布を葛布と云います。

1,クズ(マメ科)  2012/9/4

 山野に普通に見られます。旺盛な成長力で繁茂する蔓性の多年草です。

1,120904クズ(結縁寺)s

2,クズの葉   2012/9/4

 葉は3小葉からなり、裏面に白い毛が密生しています。夏の晴天時、中央の葉を右か左にねじり、両側の葉をたたみ込むように動かして直射日光を減少させています。また葉は白色の裏を日光に向けます。

2,120904クズ(結縁寺)s

3,クズの花   2012/9/4

 房状の紅紫色の花を咲かせます。豆果は褐色です。

3,120904クズ(結縁寺)s

  *今から百年以上前にアメリカの博覧会で紹介されて、その後緑化植物として北米大陸の各地に進出しました。しかしいまでは”グリーンスネーク”とあだ名されるほど大繁茂したために、「駆除すべき害草」に指定されました。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)