秋の斜面縁の道ばたにヤマハッカ(山薄荷)が群がって生えていました。紫色の穂状の花の彩りは存在感があります。

1,ヤマハッカ(シソ科)  2012/9/26

 高さは60~90㌢の多年草です。枝先の長い花穂に青紫色の小さな唇形花を数個ずつ数段につけます。

1,120926ヤマハッカ(結縁寺)s

2,ヤマハッカの茎と葉  2012/9/26

 茎の稜に下向きの毛があります。葉は対生し、長さ3~6㌢の広卵形で粗い鋸歯です。
2,120926ヤマハッカ(結縁寺)s

3,ヤマハッカの花  2012/9/26

 花冠は長さ7~9㍉で上唇は4裂して立ち上がり、濃い青紫色の線状の斑点があります。下唇は2裂して前方へつきだし、ふちは内側に巻いています。雄しべ4個と雌しべは下唇の中に包まれています。また萼はほぼ等しく5裂します。

3,120926ヤマハッカ(結縁寺)s
*アキノタムラソウと同時期で同じ紫色、似たところがありますがアキノタムラソウは複葉、花は輪生するのに対し、ヤマハッカは単葉、花は茎の片方に片寄って集まります。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)