ボントクタデ(凡篤蓼)

 

タデ科タデ属の一年草で全国の湿地・川原・水田等水辺性。名前の由来は辛みがないので“ぼんつく”(愚鈍)と呼ばれる。葉は広按針形で先は尖る。基部は楔形。両面に短毛。中央に八の字の黒斑あり。茎は紅紫色を帯び高さ50100センチ、円柱状に直立。

ボントクタデ1ボントクタデ2

托葉鞘は筒状で短毛、基部に伏毛。花は910月、上部が深紅色、下部が緑色。花穂は細く小花がまばらで、先が垂れる。

ボントクタデ3ボントクタデ4

見た目がヤナギタデと似ているが、決定的な違いは辛みの有無。そのほか花の色、茎や葉にも相違点がある。


参考文献:「野に咲く花」(山と渓谷社)

撮影場所はいずれも松戸市内            (文・写真 K.M.