ハナタデ(花蓼)(別名 ヤブタデ)

 タデ科タデ属の一年草で、名前の由来のとおり、林縁や林の中のやや湿ったところに多い。茎は円柱状で無毛、分岐し下部は横ばい。高さは3060センチ。葉は互生で長さ39センチの卵形ないし長卵形で縁に長毛。先が急に細くなり尾状に尖るのが特徴。葉柄は短く、黒斑がある。

ハナタデ1
 ハナタデ2
 花期は910月。花序は細長く伸びて直立し淡紅~白色の小さな花をまばらにつける。実は3稜形の瘦果で黒色。イヌタデに一番似ているハナタデは葉幅や花序の長さに変化が大きく、イヌタデのように花が密につくものや色に濃淡があるものもある。

ハナタデ3

参考文献:「野に咲く花」(山と渓谷社)

撮影場所はいずれも松戸市内                                  (文・写真 K.M.