10月22日の朝、戸神防災調節池にオオハクチョウ1羽(成鳥)が昨年より一ヶ月早く飛来しました。11月初めの飛来数は4羽です。

1,オオハクチョウの家族(カモ科)  2012/11/3

 雌雄同色です。成鳥は全体に白色ですが、幼鳥は灰褐色です。

121103オオハクチョウの舞(戸神防災調節池)s
                                   
2,逆立ちしてマコモの茎根を食べるオオハクチョウ  2010/12/22

 この池では一切餌を与えていないので、自然の状態に近い生態を観察出来ます。

100122オオハクチョウの採食(戸神防災調節池)s
                                  
3,オオハクチョウンの飛翔   2008/11/21 

 飛翔するときは助走が必要です。鳴き声は”コホー、コホー。コオー、コ、コ”

081121オオハクチョウの飛翔(戸神防災調節池)s                                
 *オオハクチョウは、夏にシベリアやオホーツクの海で繁殖し、日本には越冬のため千島列島を経由して飛来します。この池の初飛来は2006年11月です。また最大の飛来数は今年元旦の12羽です。因みに最後まで居残った亜成鳥のオオハクチョウ1羽は、4月中旬頃に北へ帰っていきました。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)

(続報①)
11月初めに飛来した4羽のオオハクチョウは、戸神防災調節池から他へ飛び去りました。そして11月22日からは新たに2羽のオオハクチョウが飛来しています。また11月29日は、8羽のオオハクチョウが調節池に立ち寄って、暫くしてから北の方へ飛び去りました。
121129オオハクチョウ7羽+2羽(北総花の丘公園) s
                          2012/11/29
121129オオハクチョウの飛翔8羽(戸神台)後ろ姿s
                          2012/11/29

(続報②)
12月に入ってオオハクチョウの数が増えました。12/23現在13羽です。
121223 オオハクチョウ13羽(戸神防災調節池)

(続報③)

2月28日オオハクチョウの数が19羽となりました。北へ帰る日が近づいて
きたので、ファミリーが集結しているものと思われます。
130228オオハクチョウ19羽(戸神防災調節池)s

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)