近郊の公園とその周辺にある谷津の斜面林の中や縁に、ツクバトリカブト(筑波鳥兜)の青紫色の花が咲いています。

1,ツクバトリカブト(キンポウゲ科)  2012/11/1

 トリカブトの名は,花の形が舞楽の演者がかぶる鳥兜と呼ばれる兜に似ていることからつけられたようです。。

121101(北総花の丘公園C) 1s

2,ツクバトリカブトの花の形  2012/11/1

 日本にはトリカブトの仲間が20種あると云われています。その区別はとても難しいです。植物専門家の話しでは、千葉に自生するトリカブトの殆どはツクバトリカブトだそうです。

121101(北総花の丘公園C)2s
                                 
3,ツクバトリカブトの萼片 2012/11/1 

 花弁のように見えるのは萼片(がくへん)で5個あります。上側の一個がかぶと状になります。

121101(北総花の丘公園C)3s
  *トリカブト事件で有名になったように、根は猛毒です。昔はその汁を弓矢や吹き矢の先に塗って相手を殺傷したと云われています。また毒は根だけではなくて,花やタネにもあるので,決して摘み取らないようしましょう。特に、若葉の頃はニリンソウなどの山菜と似ているため,間違えやすいので、注意が必要です。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)