ススキに似ているが故にオギは意外に知られていません。かく言う私もつい最近まで両者の違いをはっきり認識しておりませんでした。水辺でふさふさとした銀白色の大きな穂が風に揺れる様は秋の深まりを感じさせてくれます。

オギ(荻) 別名オギヨシ

イネ科ススキ属の多年草で、水辺や湿地に根茎を左右に長く伸ばして群落をつくる。根茎から1本ずつ茎を出してススキのように株立ちしない。高さは1~2.5メートルとススキよりも背が高い。名前の由来は不明。
オギ1

葉は線形で厚く、上面はざらつく。長さ50~80センチ、幅は2.5~4センチとススキより広い。縁はざらつくがススキのように触れると手を切るほどではない。
オギ2
花期は9~10月。花序の軸から放射状に多くの枝を出し、たくさんの小穂をつける。花序は穂状で、小穂基部の基毛は銀白色で柔らかく、その長さは25~40ミリと小穂の3~4倍もある。
オギ3
オギ4 

ススキとオギを見分ける方法の一つに、小穂に芒(のぎ)の有無がある。オギには芒(のぎ)がないが、ススキにはノギがあって直角に折れる。また小穂の基毛のボリュームや色合いに差異がみられる。
オギ6
参考文献:「野に咲く花」(山と渓谷社)
撮影場所はいずれも松戸市内     (文・写真 K.M.)