里山は今まさに秋を迎えようとしています。一方、田んぼといえば、一面穭田で青々としており何かふしぎな感がしないではありません。そんな田の畔には葉の形が樹木のウコギの葉に似ていることからタウコギと名付けられた地味な花が見られます。樹木の葉の形をネーミングとした秋の野草にはエノキグサがあります。

タウコギ(田五加木)

キク科センダングサ属の一年草で、田の畔や湿地に多くみられる。戦後は除草剤のせいでめっきり少なくなった。高さ0.2~1メートルで、茎の色は暗紫色。葉は対生、長さ5~13センチの葉が3~5に深裂し縁には鈍い鋸歯がある。茎の上部のものは単葉で裂けない。

121028タウコギ(印西)1
  花期は8~10月。頭花は黄色で茎先に1個ずつつく。全て両性の筒状花。はじめは直径が7~8ミリだが、花の後2.5~3.5センチと大きくなる。緑色の総苞片は長さが1.5~4センチで小さな葉のように見えて目立つので見分けやすい。
121028タウコギ(印西)2
 そう果は熟すにつれて扁平でやや幅広となり、先端の2本の冠毛に逆刺がある。そう果の長さは0.7~1.1センチあり放射状に開く。そう果の先端に刺のある下向きの芒(のぎ)状の冠毛が2個あり、動物などにくっついて散布される。
121028タウコギ(印西)3
 仲間にはアメリカセンダングサがある。タウコギとの違いは、舌状花の有無、そう果の形状などにある。

参考文献:「野に咲く花」(山と渓谷社)
撮影場所はいずれも印西市内  (文・写真 K.M.)