公園の中をエナガ(柄長)とシジュウガラ、メジロ、コゲラなどが混群で枝から枝へと移動するところによく出合います。混群を作ることによって、ほかの鳥が見つけたエサを食べることが出来たり、天敵を早く見つけることが出来るからだといわれています。

1,エナガ(スズメ科エナガ科)  2012/11/9

 スズメくらいの大きさで雌雄同色です。地鳴きは”ジュリ、ジュリリ”ですが他の野鳥のように明確名囀りはもちません。

① 121109エナガ(北総花の丘公園)s

2,エナガの尾  2012/11/9

 昆虫類、クモ類、木の実などを採食します。春は卵を温めているので、尾にくせがついて「し」の字形になるそうです。

② 121109エナガ(北総花の丘公園)s

3,群れになるエナガ  2012/11/9

 本種は群れで生活する野鳥です。繁殖中の短い期間だけつがいになりますが終わると大きな群れになります。

③ 121109エナガ(北総花の丘公園)s

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)