谷津の斜面林の中に赤色のぶどうの房のようなぶら下がった果実が目立つ樹木があります。高さ10~15㍍の落葉高木イイギリ(飯桐)です。成長が早いので街路樹などに植えられます。

1,イイギリ(イイギリ科)  

 山地のやや湿気のあるところで生育します。樹皮は灰褐色です。なめらかで褐色の皮目があります。葉は単葉で、卵心形です。葉柄の先端に蜜腺が肥大して粒状になった腺点があります。葉裏は粉白色で、脈は赤みを帯びます。

① 121109イイギリ(白幡)s
                                                               2012/11/9    
                                      
② 120524イイギリ(北総花の丘公園B)s
                                                                  2012/5/24
2,イイギリの花と果実  

 雄花をつける株と雌花をつける株がある雌雄別株です。ときに雌株には雌花と両性花をつけるという雌雄雑居性もあります。4~5月枝先に円錐花序が垂れ下がり、芳香のある花が多数つきます。花には花弁がありません。写真は雌花で、球形の子房の基部を退化した雄しべが取り囲んでいます。果実は直径8~10㍉の球形です。葉が落ちたあとも果実は長く残ります。
③ 120524イイギリ(北総花の丘公園B)s
                                                              2012/5/24 
                                        
④ 120107イイギリ(北総花の丘公園B)s
                                                               2012/1/7

*葉が桐の葉に似ていて、昔、ご飯を包んだことから飯桐の名がついたそうです。
参考:太田和夫他解説「樹に咲く花 離弁花②」(山と渓谷社、2009/10)
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)