ツグミは、10月中旬東部シベリア方面から渡ってくる時は大群で行動しています。その様子を若狭の作家水上勉著「山の暮れに」(集英社)から引用しますと「その谷の上を、黒い粉をまいたように渡り鳥が走る。つぐみのむれだった。何万羽いるかかぞえきれない。三角形の空は急に幕を張ったみたいに暗くなった。」また鳴き声を”くくくっこけくくっこけと啼いた。”と書いています。

1,ツグミの初認(今冬)  2012/12/3

 地上で餌をあさっている時に危険を察知すると、胸を張って斜め45度の姿勢をとり周囲を見回します。その立ち姿がとても凛々しいです。

121203ツグミ(北総花の丘公園D)初認s

2,ツグミの特徴と食餌

 ツグミの上面は黒褐色です。眉と喉は淡黄白色で、胸から脇に黒班があります。地上で昆虫などを捕らえるほか、木の実も好んで食べます。

120201ツグミ(北総花の丘公園B) 正面s
                                                                                    2012/2/1                    

120306ツグミ(北総花の丘公園E)後ろ姿s
                                                                                      2012/3/6
3,ツグミの群れ  

 普段は一羽ずつでいますが春になりますと次第に集まるようになり、北方へと旅立ちます。

110216ツグミ(北総花の丘公園E)群れs 文字
                                                                                 2012/2/16
*ツグミは、1970年代以前は食用として大量に捕獲されて焼き鳥屋などへ提供されていましたが、現在は鳥獣保護法により禁猟です。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)