シメ(鴲)は、冬鳥または留鳥(漂鳥)です。平地から山地の林、樹林の多い公園などでよく見かけます。繁殖期以外は1羽で行動するものが多いようです。いままで複数でいるのを見たことがありません。

 1,シメ(スズメ目/アトリ科)  

 今冬、初認のシメは、低木の小枝の中に止まっていました。嘴が太く、体全体が太って見えます。冬羽は色がくすんでいます。雌雄は殆ど同色なので、その区別は目から嘴にかけての斑で行います。雄(♂)は黒くはっきりしていますが、雌(♀)は薄い褐色です。

①-1 121201シメ(浦幡公園)初認s
                  今冬初認のシメ     2012/12/1
121227 シメ♀(北総花の丘公園D) s
             シメ♀      2012/12/27

2,シメの採食  

 地上や樹上で草木の種子を採食します。

②-1 121207シメ種子を啄むシメ(北総花の丘公園D)s
                 落ちた種子を啄むシメ♂   2012/12/7 
②-2 121210シメ種子を啄むシメ(北総花の丘公園D)s
                                         2012/12/10

*シメは、北ヨーロッパを除くヨーロッパでは、年間を通して見られるごく普通の鳥だそうです。
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)

(続報)

シメと他の鳥の接近写真
③-1 121227シメとジョウビタキ (北総花の丘公園) s
                              シメ♀とジョウビタキ♀  2012/12/27
③-2 121227 シメとハクセキレイ(北総花の丘公園D)s
                                 シメ♀とハクセキレイ 2012/12/27
121229シメとアカハラ(北総花の丘公園D)s
                                    シメ♂とアカハラ  2012/12/29
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)