下手賀沼と繋がる下手賀川の水際から河川敷にかけて広がるヨシ原と近接する田んぼに冬鳥のカシラダカ(頭高)が数多く飛来しています。群れで行動しているので、危険を感じると一斉に飛び上がってヨシ原の中に避難します。

1,カシラダカ(スズメ目ホオジロ科)  2013/1/12

スズメ大の濃い褐色の鳥です。頭に短い冠羽があり、眉、頬、のどが白いのが特徴です。地鳴きは”チッチッ”。

① 130112カシラダカ(発作)s
② 130112カシラダカ(発作)s
②-2 130112カシラダカ(発作)s
③ 130112カシラダカ(発作)s

2,カシラダカ  2013/1/12

草むらや地上で種子を啄んで食べます。水田では落ち穂やエノコログサなどを拾って食べます。

④ 130112カシラダカ(発作)s

*日本で見られるカシラダカは、ロシアのアナデイール地方とカムチャッカで繁殖するそうです。
参考:樋口広芳他編集「日本動物百科 鳥類Ⅱ」平凡社
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)