チョウゲンボウ(長元坊)はハヤブサと同じ仲間です。繁殖期以外は1羽で行動していることが多い留鳥または漂鳥です。

1,チョウゲンボウ(タカ目ハヤブサ科)  

広々とした農耕地では電柱に、また公園の高木などにも止まって、周辺を見回しています。

① 130112チョゲンボウ(発作)s
                                2013/1/12                                      
①-2 111228チョウゲンボウ(北総花の丘公園E)
                                2011/12/28
2,チョウゲンボウの特徴  

上面は褐色で黒い斑点があり、下面は淡黄褐色です。尾には数本の黒帯があります。特徴は頬の黒いひげ状斑です。尚、成鳥雄の頭と尾羽は靑灰色です。

②-1 111218チョウゲンボウ(西根)s
          鹿威しに止まる  2011/12/18                

②-2 120127チョウゲンボウ(北総花の丘公園E)s
               小枝に止まる  2012/1/27

3,チョウゲンボウの行動 

空中から獲物を見つけますと視点を獲物に注ぎ、翼の後側をあおぐ感じで羽ばたきながら一点に留まり、その後翼と尾を広げて真下に急降下してます。また枝などに止まり、獲物を見つけると同じく急降下して地面の昆虫などを捕らえます。

③ 120131チョウゲンボウ (北総花の丘公園)ホバリングs
           ホバリング  2012/1/30                       
④ 120128チョウゲンボウ (自然生態園)捕獲s
           獲物を捕獲  2012/1/31
*チョウゲンボウは本来、自然の崖の岩穴に営巣しますが橋桁・ビルディングなどでも営巣することがあるそうです。
参考:石部久著「小さなハヤブサの飛ぶ街」大日本図書
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)