オカヨシガモ(丘葦鴨)は冬鳥です。地味な色彩のためニュータウンの調節池では他のカモ類に混じっていると目立ちません。

1,オカヨシガモ(カモ目カモ科)  2013/2/3

成鳥の雄は、黒い嘴で、頭から頸は褐色です。胸は灰色と黒褐色の小紋模様です。尾筒(びとう)と呼ばれる尾羽の付け根部分の上面(背側)も下面(腹側)も黒いです。足は黄橙色です。

① 130203オカヨシガモ(滝野)s 

2,オカヨシガモの雌雄  2013/2/3

雌雄とも翼の光沢のある部分は白いです。雄の尾筒は黒ですが雌は淡褐色です。オカヨシガモの雌はマガモの雌によく似ているので、単独で泳いでいると見分けが難しいです。

② 130203オカヨシガモの雌雄(滝野)s 

3オカヨシガモの採餌 2013/2/3

昼間は休息していて、夕方に飛び立って近くの水田などでイネ科の植物の種子を採食するようです。

③ 130203オカヨシガモ(滝野)採食s 

参考:叶内拓哉写真・解説「日本の野鳥」(山と渓谷社2009/9)他
写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)