3月1日(土)RCN主催で里山保全に欠かせない刈り払い機の講習会を開催しました。この講習会は、ドコモの市民活動団体への助成事業(環境分野)の助成を得て開催しました。

当日は、時折小雨のぱらつくあいにくの天気でしたが、千葉県森林組合からお越しいただいた講師の木村正敏さんの軽妙な語り口と実践に裏打ちされた講義のおかげで愉しく有意義な講習会となりました。

今回、講師の派遣やヘルメットの貸し出しなどの支援していただいたちば里山センターから理事の小西さんと事務局長の松永さんもお忙しい中お越し下さいました。

やはり、何事も基本が大切、今まで自己流で使ってきた刈り払い機の操作についてなるほどと思うところがたくさんありました。特に刈り払い機の構造や整備、安全に関することなども知らないということは恐ろしい事だと思いました。

参加された皆さんお疲れ様でした。講師の木村さんありがとうございました。

IMG_1473

前半は、刈り払い機の構造や安全に関することを座って聴きます。

IMG_1480

続いて実際に機械を触りながら説明を聴きます。IMG_1491

燃料を入れてベルトをセットしてヘルメットを被ってエアー刈り払い

IMG_1503

いよいよ草深の森で実習です。

IMG_1508

講師の木村さんから「こんな風に地面と平行にリズムよく・・・」
IMG_1515

オレンジのヘルメットが決まってます!

IMG_1522