4月23日土曜日、草深の森で、ケビンさんの案内で春の植物観察会を開催しました。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
草深の森は、10年ほど前まで篠竹がびっしりで中に入れない暗~い森でした。RCNが少しづつ整備を始めてずいぶん明るい森になってきました。
そう、ちょうど昔の森が薪や柴を使ったり、炭焼きやシイタケのホダ木に利用されてきたときのように草を刈り、木を間引くことで森が蘇りました。
草を刈って日がさすようになると林床の植物が還ってきました。
今日の観察会では、いろんな春の植物が観察できました。
草深の森は、四季折々楽しめる自然公園です。でもやっぱり春が一番ですね!
春の植物は、まだまだ楽しめます。来週はまた違う花が咲いていることでしょう。

森の植物は、森の中でしか咲けません!
何も持ち出さない!持ち込まない!
来年も再来年も子供も孫も・・・楽しめるように!
P4230004
ウラシマソウの男の子女の子の解説をするケビンさん
P4230006
森の緑は今が一番きれいです!
P4230008
キンランもずいぶん増えました(^^)v
P4230011
ハナイカダ
P4230014
本日の講師:ケビン・ショートさん
http://rcn-forum.org/99_blank001.html