いつも訪れる雑木林の中には似たような野草がたくさんあります。たとえばアマドコロの仲間です。初めて出合ったアマドコロやナルコユリ、ミヤマナルコユリとホウチャクソウ(ユリ科チゴユリ属)などの見分けは難しいです。また自分の知らない野草に出合うことも多々あります。そんな時はやはり図鑑を頼りに調べるしかありません。お薦めは山渓ハンディ図鑑「野に咲く花」(山と渓谷社)です。使い易くとてもたよりになる図鑑です。事例としてギンランとササバギンランの記載内容の一部を転記します。(写真はいずれも印西市内)

1,ギンラン  2012/5/7

 キンランやササバギンランより全体に小型、苞は短く長いものでも花序より短い。

120507ギンラン(北総花の丘公園D)

2,ササバギンラン  2012/5/7

 葉が長く笹の葉を思わせる。茎の稜上、葉の裏面やふち、花序、子房に白い短毛状の突起があるので、茎や葉が無毛のギンランと区別できる。また下部の苞は葉状で長く、花序と同長またはやや長い点も異なる。

120507ササバギンラン(草深の森)

どちらの野草も持ち帰って庭に植えたり鉢植えにしても育ちません。見つけても心に焼き付けるか少し離れた場所からの写真撮影にとどめて下さい。

(文・写真 S.S.)