印西にある小さな枝谷津には斜面の林と谷底の湿地があり、多くの種類の植物を育んでいます。そして水辺のある谷津ならではのトンボなどが生息しています。

1,小さな枝谷津の湿地 2012/5/21

 谷津を流れる水の水源は大半が湧水です。湧水が流れる細い水路と湿地のあちこちに溜まりがあります。

上谷津・西の入り

2,ニホンカワトンボ橙色翅型 2012/5/21
     ニホンカワトンボはカワトンボ科カワトンボ属に属する中型のトンボです。赤色の翅が綺麗なカワトンボです。

斜面縁の細流
*ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの違いは、縁紋の長さとかその位置などと言われていますがその識別はとても難しいです。

120521カワトンボ橙色翅型♂(武西・上谷津 )
 

*印西市内には数多くの谷津があります。しかし宅地開発が進んで住宅で覆われたものや埋め立てられて畑や公園などに変わっています。そのために昔のままの自然豊かな谷津は年々少なくなっています。    (文・写真 S.S.)