公園の小さな池と池を結ぶ水路にトウキョウダルマガエルとそのオタマジャクシが集団で潜んでいました。1カ所でこのようにまとまった数のトウキョウダルマガエルを目撃したのは初めてです。気付かれないように望遠で撮りました。

1,トウキョウダルマガエルのオタマジャクシ 2012/6/18

 ある程度大きくなると、体にたくさんの黒い斑点が目立ってきます。他のカエルのオタマジャクシには斑点がありません。

120618オタマジャクシ松崎台公園)s

2,トウキョウダルマガエル(アカガエル科) 2012/6/18

 体長は5.5~7.0㌢です。体色は、緑色、茶色などさまざまですし、模様も個体によって大きく異なります。

トウキョウダルマガエルの正面s
水路のトウキョウダルマガエルの一団s 文字入り
 *トウキョウダルマガエルの好適環境は、長期間、安定した湛水が継続し、適度な植生が存在する環境と云われています。この公園の池と水路はまさしくその環境のようです。

写真は、印西市内です。  (写真・文 S.S.)