夜、メールが入りました。
「流れが悪い。到達目標が大きい。ダブルストレスです。助けてっ!!」っと。

大きな仕事に立ち往生している様子。

返信メールには「ダブルストレスを吹き飛ばすほどのトリプルパワーを注入しますよ。」と書きました。


この夜はもうすでに複数の遠隔のご予約の方がいましたから、急きょ順番や時間を考え、汗だくで遠隔。
真冬でも遠隔すると暑いこと、暑いこと。
でも終わるとすぐにその汗が冷えてくるからお風呂に直行です。


ストレスが高いと何より眠りが浅くなる…というより眠れなくなる。
だから当然、一番大事なのはぐっすり眠れるようにピリピリの交感神経を穏やかにしてあげること。

そして次に大事なのは腸を温め緩めてあげること。

人って緊張感はお腹に出ます。

極めつけは脾臓。
しっかり気を入れていい動きに変えていく。


翌朝の顔ははっきり違うはず。自信に満ちてるはずです。


夜にはお仕事うまくいったとの嬉しいメールが。

私自身が大きな仕事した気分になって、思わず「やったね!」って叫びたくなっちゃいます。







rurikokoro at 08:51 | Permalink???Comments(0)???Trackback(0)???心と気功鐔?遠隔気功 

痛みと心の関係

2013年06月06日
痛みは心やストレスと密接な関係を持っているということは、言われなくても知ってるよっという人がほとんどなのでしょう…。

でも、知ってたって、実際の痛みが出れば、そんなことは全く忘れて痛みに埋没してしまう。
そんなものじゃないかな。

だって痛いんですもの、痛みは自分で出してるんだよ…なんて言われたひには、立つ瀬がなくて泣きたくなってしまう。
当然ですよ、痛いんですもの。

どんな原因からであろうと、痛みは和らげることが先決。
和らいでから心との関係にも気持ちを向けるようにする。
それが本来の順番です。

痛みが強く出ているときは体だけでなく、内臓もガチガチに硬くなっています。
全身、中も外も肩こり状態です。

泣き言はちゃんと聞きます。励ましもします。辛さも否定なんてしません。
愚痴は言いたいだけ言えばいいんです。
辛くて何もできなければ、しなくていいんです。

ちょっと良くなったって、またすぐ辛さが戻って、気持ちの浮き沈みは大変なものです。

だけど、瑠璃の気功施術を続けていると、いつの間にかちゃんと柔らいできちゃうんです。
そう、ガチガチの硬さが柔らいでくると、心も和らいできます。

なぜかって?

気功は経絡の気の流れを良くし、五臓六腑の動きを良くしていくからなのです。
つまり、五臓六腑の肩こり状態をほぐしていくのです。

そうすると、いちいち、この痛みはあなたが自分で出してるんですよ…なんて言わなくても、実は自分で気づいてしまいます。
もちろん、ちゃんと言葉でそう話すことも、ままあります。
でも、痛みと心の関係をお話しするころには、かたくなな気持ちはなくなっちゃってますから気づきが早い。
そして、自分でどんどん改善策まで見つけちゃったりします。

五臓六腑の肩こり状態がほぐされていくときは、実は心の肩こり状態もほぐされていくのです。
同時進行というのは凄いものです。
心のバランスが取れれば痛みはどんどん薄らいでしまいます。
だって、心の辛さを痛みでごまかす必要がなくなって行ってるんですもの。

良くなったって、辛いことが続いたりするとまた出しやすいものです。
そんなときは、無理してないかな、私…って、振り返ってみましょう。





rurikokoro at 22:42 | Permalink???心と気功鐔?五臓六腑と気功 
昨年の暑さの影響で、今年の花粉は3倍とも7倍とも言われています。
しかも2月のこの時期、すでに飛び始めているそうで、マスクの人も増えだしました。

中国の環境汚染も大変なことになってるようで、その影響は日本にも及ぶということで、高機能マスクの開発も活発なようです。

毎年思うけど、マスクの値段は年々高くなっているようです。
それだけ高機能になってるからということのようだけど…。

マスクをしないと外に出られないというのでは、バリバリお仕事するのにも支障が出ちゃいますね。
お化粧だってとれちゃって、不都合が多いんじゃないかな。

でも、マスクしてれば安心して外に出られるというなら、それはそれでいいんだけど…。
出来ればマスクなしでやっていける自分になりたいものです。

幸いなことに、フェニックス気功院にお見えになってくださる方は、あんまり花粉で悩んでいる方は少ない。

今年、まだ、全然平気なんです〜、なんて声を聞くと、やったね!!って気分になります。

花粉に強くなるには、五臓六腑のどこがポイントかというと、それは当然肺。
肺を強くするにはどうするかというと、何となんと、腸の動きを良くしていくのです。

徹底的に腸を気でマッサージしていきます。
特に小腸を丁寧に。

腸が気持ちよく動き出すころには肺もぐっと広がって呼吸が楽になり、気持ちの硬さもほぐれてきます。

腎の動きを良くしていくことも大切です。特に副腎。

腸と腎が元気になってくれれば鬼に金棒。
原因物質の産生は減るし、反応しそうになっても副腎が助けてくれる。

それでもこの汚い空気、高いストレス。
住みやすい世の中になるのは大変です。
せめてうがいと手洗いだけは頑張ってやりましょう。




rurikokoro at 00:54 | Permalink???五臓六腑と気功鐔?ストレスと気功 

呼吸が浅い、息苦しい

2012年12月01日

呼吸のことなんて普段考えたこともないって人のほうがほとんどだと思うけど、フェニックス気功院にみえる方はかなりの方がちゃんと呼吸できてない。

施術が終わると「息するのが楽〜、ちゃんと呼吸してなかったんですね〜」の声はしょっちゅう聴かれます。


自分で自分の呼吸がおかしい、息苦しい、胸苦しい…なんて思うようになると、過呼吸とかパニック障害なんて名前まで付けられてしまうようになる。

人に会うのが怖い。外に出ることができない。電車やエレベーターなど、密閉された空間が嫌。

そんな思いに囚われ、フェニックス気功院まで来ることもままならず、でも来たい。
このままダメになりたくない。

なんでそんなに息苦しくなっちゃたか、わかります?

簡単に言えば冷えちゃったんです、体も心も。

私たちは様々なストレスにさらされているから、冷えとは縁遠くいることがとっても難しい。
なぜって、ストレスが高くなると、血管が縮んじゃうんです。
血管が縮んじゃえば血行が悪くなる。
血行が悪くなれば必要としているところにどんどん酸素を供給することができなくなる。
そうすると筋肉が硬くなってきます。
肺の筋肉だって硬くなっちゃいます。
すると、呼吸は浅くなっちゃいます。
呼吸が浅くなれば十分な酸素を取り込めないし、体中にどんどん酸素を送ることもできなくなっちゃいます。
結果、神経が疲弊して、ますます過敏にストレス反応しちゃう。

悪循環ですね。

お風呂にちゃんと入ったり、生姜を常用したり…と、自分でも努力してほしいけど、体の芯を温めるには気の流れをよくして肺の筋肉を柔らかくしてあげるのが一番。

自然に深い呼吸ができるって、とても気持ちのいいものです。
お薬飲む前に気の流れをよくしましょうね。




rurikokoro at 17:51 | Permalink???心と気功鐔?ストレスと気功 

胃が冷たい!?

2012年09月26日
夏の終わりに施術にみえる方って結構冷えてます。

なんでこんなに暑い夏に冷えたりするんでしょう。
それは冷房のせい。

お腹を触って自分で気づく位の冷たさでは相当中は冷えてます。
瑠璃が触ると胃がチャポンチャポンいう方もいます。

頭の方から気をどんどん流し入れていくと、胃や腸がギュっと言ったりキュリュキュリュっていったり、大忙しの方もいます。

音を発する方は結構多いので、賑やかですよ。

次第にお腹が温まってくると、気持ちも穏やかになってきます。

顔色も白っぽかったり黄色っぽかったりしたのが、きれいなピンク色になってきます。

ゆったりした時を過ごしてお帰りになる時は、なんだかお腹がすいた、おいしいもの食べたいって気分になるようです。

鏡を見て、そのすっきりとむくみのとれたお顔に大満足。

気持ち良い毎日を!


rurikokoro at 21:40 | Permalink???胃の不調と気功鐔?冷えと気功 
季節の変わり目になると体調のすぐれない人、多くなりますね。
特に夏から秋への変わり目は…。

今年のように残暑も長く厳しく…、そんな夏の終わりはぐったりしやすいものです。

外は暑いのに、会社では冷房でしっかり冷やされ、でも自分が冷えているってことには全く気付かず、夜もシャワーですませちゃう。

こんな日が続くと体は確実に疲れを溜めこみます。

それが噴き出すのが涼しくなった時。

その前から不調を感じ始める。
それが季節の変わり目の体調の悪さなのです。

体がしっかり自分自身を把握していると、早めに体調の変化を感じ取れますので、施術経験者の方たちの動きは早い。

忙しいお仕事の合間をぬって施術に駆けつけてくださいます。
でも、残念ながら冷え切った体の芯はそう簡単には元通りになりません。

間をほとんど空けずに続けて施術をすると、ビックリするくらいスッキリします。

お帰りになる時のすっきり顔は素敵。
むくみも綺麗に取れてしまっています。

こんな皆さんの笑顔に会いたくて用意したのが「季節の変わり目キャンペーン」。

ほとんど2回でスッキリするのに3回セットにしたのは、最後の1回は体調を落とさないためのダメ押しのため、あるいはあまりに体調が落ちていて2回ではすっきり感が足りなかった方のため、そしてお財布にも優しくしたいから。

だんだん3回セットの良さを解ってくださり、このキャンペーンの時だけみえる方が増えちゃった。

でも、季節の変わり目は気功施術を受けるにはベストなタイミングなわけですから、利用してくださるのは嬉しい。

きちんと体と心のメンテナンスをして1年中すっきりで行きましょう!!




rurikokoro at 09:52 | Permalink???むくみと気功鐔?冷えと気功 

介護者には癒しが必要

2012年07月02日
最近は介護年齢も幅広くなってきているので、当然、介護する方の年齢にも幅が出てきている。
老々介護状態の方も増えている。

フェニックス気功院におみえの方の中にも、介護疲れに陥ってる方が何人もいらっしゃる。

特に90代になってる方を介護されてる方の不調は体力面、精神面、どちらをとっても凄まじい。

自分自身、どんどん年齢を重ねているわけだから、きつさも嫌増すことになる。


自分では眠ってるつもりでも、ちゃんとした眠りをとれていない方が圧倒的に多い。
つまり、神経が休まっていないということで、体はだませても、心はだませない。
これがますますストレスに弱くなっていく原因となり、気持ちの締め付けにつながってしまう。
でも、逃げ場も逃げ道もない現状。

様々な行政上の手助けはあっても、本当の安らぎはもたらしてくれない。

たとえ一時であっても、この現状を忘れる時間を持つことが一番。

一時の積み重ねが必ず落ち着いた自分に戻してくれるから。


私にできることは、この一時を与えてあげること。
ほんの短い間でも、ふっと心地よさに身を任せてしまうと顔が変わる。

気功施術をしていて、この顔の変わる瞬間を見るのがとても嬉しい。

眉間のしわが取れ、穏やかな寝息が聞こえてくると、あっ、また頑張ってくれるなって、ホッとする。


ポイントは脾臓。
ここの緊張が取れるとスッと楽になる。

やっぱり脾臓は心と直結してるなって、改めて思う。





rurikokoro at 22:54 | Permalink???介護と気功鐔?ストレスと気功 

地黒かと思ってた!?

2012年02月17日
色の黒さって諦めの一つ?

眼の下のくまも、ツヤの無さも、カサカサ感も子供の時から?


赤ちゃんて、本当に気持ちのいい肌してる!!

それって当然?


今のあなたが暗〜い肌なのも当然って思っちゃうの?


赤ちゃんの肌は無理でも、少しでも明るく輝く肌に戻りましょうよ。

それにはまずは便秘とさよならすること。ぐっすりたっぷり良く眠ること。


地黒だと思ってた〜と言った方の便秘歴も長い。
でも、幸いなことにお薬の世話にはなってない。

これってすごいこと。

お薬を常用しちゃってる人の便秘体質を変えていくのは結構大変なこともあるけれど、使ってないなら話は早い。

瑠璃の気功施術は、なんたって徹底的に腸を動かしますから、必ずいい物が出るようになってくる。

黒ずんだ肌は、肝臓や腎臓の調子も落ちていることの方が圧倒的に多いので、そちらもどんどん動かす。

それぞれがちゃんと動くようになれば、機能も当然のごとく高まってくる。
つまり、出るものが出る。
老廃物の処理が進む。
解毒も進む。

こうなったら、地黒でいる方が難しくなる。


ほら、今日もお顔に明るさが出てきてる!!





rurikokoro at 21:12 | Permalink???便秘と下痢と気功鐔?顔色の悪さと気功 
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ