続きです。
性格固定から入りますが、恐らく目当ての性格を引き当てるまで
かなり時間がかかると思って下さい。探り探りでやっていくので・・・。

動画上げました!かなり長いので分かりにくいところだけ
抜粋して見るのをオススメします。


※SW=ストップウォッチ

■ 性格を固定する
  ・ 結構忙しいです。
4
  ・ 行動予定を表にするとこんな感じです。

 1. 時間計算で求めた時間通りにソフト選択する [ 11年 10月 11日 10時 3分 15秒 ]
    起動と同時にエメタイマーを開始する。
 2. SW開始はエメタイマーがだいたい残り15~20秒になったら
    CギアONと同時にSW開始して下さい。
  ・ SW開始のタイミングですが、15秒と画像ではしていますが、
    実際はその辺テキトーでいいです。
    重要なのはストップウォッチで何秒測ることになるかです。
    ストップウォッチを開始するタイミングはテキトーで構いませんが、
    なるべく統一して下さい。15秒開始なら15秒でも構いません。
    私個人はエメタイマー残り16秒になったらストップウォッチ開始します。
    ただ10秒とかだとハイリンクにワープするのに間に合わないので
    15~20秒くらいが安定します
  ・ この画面で待機
   5
 3. エメタイマーが残り0になると同時にワープした!でAボタン
 4. 移動したらすぐポケモンの元へいき、ポケモンの3歩までの
    動きを観察してから
話しかけ、以下の画面でSW35秒まで待ちます
   6
 4. 35秒になると同時にバトルに入り、捕獲
    なお、この性格を合わせるための秒数ですが、
    割とアバウトでもOKです。とりあえずSWの目標秒数ぴったり
    めざしてバトルに突入してください。捕獲したら性格をメモします。
 5. 性格表を作る
    7
  ・ 秒数は自分のもので調整してください。
    待機秒数によっては35秒が間に合わないものもあると思うので、
    その辺は各自調整して下さい。
  ・ ○や□には方向が入ります。上下左右ですね
    最初にも言いましたが、森のポケモンが動くパターンは2つのみ
    そのため動く方向ごとにこういうリストを作っていきます
    ポケモンが1歩~3歩動くのをメモればいいです。
    初回は3歩目まで観察して下さい
    もしかすると2歩目まで同じという可能性もありえますので。
    1歩目から違えば、1歩目を見るだけでOKです。
  ・ 3歩目まで観察したら、話しかけてポケモンが動かないように
    固定してください。先ほどの仲間にしますか?の画面ですね
    話しかけずに放置するとどんどん性格値を消費します。
  ・ 動き方を○・□に入力し、性格を書き入れます。
  ・ どちらかが5秒ぶん埋まれば、一旦固定リストを見ます
    恐らくTimerズレしない方が先に5秒ぶん埋まると思うので、
    埋まりしだい固定リストを見ます

  例としてこのように出たとします。
8

  ・ 基本的に固定リストにちゃんとのっています。
    オフセットも同様にあるので、だいたい
    50+経過秒数ぶん+森のポケモンの動いた数
    の合計の位置くらいにあると考えてOKです。
    例えばSW35秒だったら50+35+3くらい=約90くらい
    ということ90前後かそれ以上にあると予想をたてておきます。
  ・ 完全にリスト通りに性格が出るわけではないです。
    1つ飛ばしや3つ飛ばし、規則的に並んでいないことも・・・
  ・ あとはリストを見ながら、1秒どれだけ消費か予想しながら
    多くの秒数を調べて、目的の性格になるまで探すのみです。

  例では、固定リストに似たような順番がありました
  9
  ・ この並びをみて、だいたい1秒で3消費くらいと推測をたてます。
  ・ 時間が窮屈だったのでSW秒数を46秒にしてその周辺を調べてみると
  9
   46秒でのんき、47秒でなまいき、48秒でおだやかと出たので、
   49秒で無邪気が出るんじゃないかと考え、49秒でやってみると、
   実際無邪気がちゃんと出ました。
   もう一度49秒で同じことをして、再現性を確認しました。
   再現性が出ないよ!という方は何か変なことしていませんか?
   例えば2歩までいつも見てるのに3歩目まで歩かせてしまった・・・
   など、常に同じ行動をして下さい。同じ行動で同じ現象が起こるのは
   乱数の概念
といっても過言ではないです。

 例の場合、
   森で下に動いたならば、常にSWを49秒にすれば無邪気が出る
 ということになります。

 このように、1秒単位でどの消費の性格が出るかを次々にメモって、
 リストから目標の性格を探し、推測から実測を行い、調整していきます
 なお、ペラップについてですが、同様に性格値1消費します。
 ですが、ペラップは調整用と考えてください。
 ペラップによる消費を何十も消費するのは得策ではありません。

 同じことをTimerズレしたリストの方でも調べていきます。
 そちらでも目標性格が出る秒数を見つければ、常に同じ性格が出る
 ことになります。

 一度目標の性格が出れば、あとは同じ秒数で行うだけです。
 同じ秒数であれば同じ性格が出ます。

 目標の性格が出る秒数が決まれば、あとは個体値を調整する作業です。

■ 個体値調整
 ・ 個体値はワープした!でAボタンを押した約6秒後に決定されます。
   約0.01秒単位で待機時間をぴったり合わせる必要があります。
 ・ 0.01秒単位でぴったり当てたとしても、ズレていることがあります。
   ここも根気・試行回数が多く必要です。
 ・ 具体的にはエメタイマーが残り0秒になるタイミングで押せているか
   ということです。エメタイマーは中々慣れないと難しいです。
   0秒になった瞬間にAボタンを押しているようでは遅いです。
   だいたい0.10~0.20秒前でAボタンを押すくらいでちょうど良いです。
   が、そこは個人の感覚なので頑張ってください。
   ここでは実際どれくらいズレているのかの確認方法を紹介します。

1. 青パネルを使う
 ・ 歩数調整・初期SEED調整準備編で青パネルを使いました。
   あのときと同じ検索をしてください。
   (能力の実数値は実際に乱数に挑戦して捕まえたものを入力してください)
   そして出てきた結果の、初期SEEDを見てください。
   先ほどもいいましたが、初期SEEDはaabbccccという構造です。
   今回はccccを見て、ズレを確認し、少しずつ秒数を調整します。
 
2. 緑パネルを使う
 ・ そのあと、緑パネルを開き、各種情報を入力していきます。
   個体値で表示にチェック、初期SEEDは目標SEEDを入力
   初期SEEDモードにチェック、消費は実際消費する分を入力、
   範囲を30にし、分秒ズレは0で、検索をかけます。
 例として目標db6fa63eで、実際に出たのがdb6fa634とします。
  2011827-131527
 a634を探します。すると画面一番上にありますね
 数えると目標より-10Fですね。
 1秒=60Fですので、10F==0.17秒ですね。

 この秒→フレーム変換方法ですが、WBCに計算するところがあります。
 各パネルの右下ですね。そこを使い、秒数を求めて下さい。
 ここからは個人でやりたいように調整していいのですが、2つの方法があります
 
 ① エメタイマーの時間を変える
  今の例だと、0.17秒早かったため、0.17秒遅く押す必要があると
  それで、エメタイマーの時間を0.17秒増やして、再度挑戦
  またズレると思うので緑パネルで確認、微調整をしていく・・・
  という方法です。
  この方法の注意として、ある程度誤差もあると考えてください。
  例えばさっきの例で、a63dが出た!じゃぁさらに0.01秒遅くするか!
  としたいと思うのですが、1Fズレは誤差の範囲で、時間を変える必要は
  ありません。この1Fズレは運というか誤差なので同じようにすればOKです。

 ② 感覚で時間調整する
  そんなまどろっこしいことをせず、自分の感覚を信じてやる方法です。
  方法といえねーよ!と思えるかもしれませんが、エメタイマーは
  が動いていて、視覚から時間を調整することができます。
  そのため自分の感覚でやってみる、というのもあながち
  変な方法でもないんです。しかし初期SEEDの確認だけはやるべきです。
  自分が早く押しているのか遅く押しているのか程度は把握しておかないと
  難しいです。

注意!個体値調整をするのですが、性格固定は毎回行って下さい。
ひょんなことから初期SEED一致したけど性格固定やってなかった!
ということがあったらかなりもったいないです。
常にSWも使って、性格固定をやりながら調整してください。

そして理想個体を引いて、性格が合っていればハイリンク乱数終了
ということになります。

流れを確認します。

1. ソフト選択、同時にエメタイマー開始
2. CギアOFFで続きから
3. 残り15秒くらいでSW開始、同時にCギアON
4. エメタイマー0秒になったらワープした!でAボタン、ポケモンの元へ
5. 動き方を見てから話しかけ消費、SWで何秒待つか確認
6. 時間がきたらバトルに入り、捕獲
7. 性格があっていれば個体値測定(実数値確認でも可)へ
8. 個体値測定で個体値が理想個体であれば終了、失敗なら1.から


こういう流れになります。

また、使いまわしに関して補足しておきます。
 同じSEED、つまり同じ個体値で同じポケモンをツモるときは
 同じ性格固定が可能です。さらに、目標性格を出すまでに
 出てきた性格も、その秒数で行えばちゃんと性格固定をすることが
 可能です。
 つまり同じポケモン同じ個体値異なる性格をツモる時は使い回せる
 ということですね
ただし、同じSEEDだけど違うポケモンをツモるときは注意して下さい。
 ポケモンによって消費が違うので他のポケモンのリスト通りいかない
 可能性があります。もちろんできる可能性もあるので、
 実際にやってみてできるかどうかを確認してみてください。
 つまり、異なるポケモンだと使いまわしがききにくいということですね
 ただ時間設定やらは使い回せるので、性格リストを作ることだけが
 また1から・・・ということになります。

以上です。

実際何度もやっていて感じたことを追記していきます。
・ Timerズレについて
  なんか森での動き安定しないなーって人にオススメするのは
  季節表示のスキップをしないことです。なんかよくわかりませんが
  全然Timerズレを起こさない気がします。私だけかも・・・

・ ペラップについて
  同様に性格値を1消費できます。
  ただ、すぐ下に目的の性格があるのに・・・!という時にしか使えないと
  思ってください。ペラップのステ見て閉じるのに割と秒数を食うので、
  SW秒数50秒くらいでないと使えないと思います
 
・ 森のポケモンの動き方
  2パターンのみなんですが、たまに違う動きをします
  それは起動ミスやら同じことをしていない等、何かしら原因があります。
  でも、一応その動きと性格はメモっておいて損はないと思います。 


よくある質問!
Q:性格調べのとき、毎回SEED一致させるの?
A:させなくていいです。とりあえず、SW○秒で×が出たっていうのを調べるだけなので。

Q:動き方が一定にならない・・・4種類くらいある
A:コメント>>21

※現在コメント返信は行っておりません。質問したい方はこちら