BW・BW2の乱数調整において、オフセットについて知っておく必要があります。

Q:オフセットとは?
A:初期SEEDごとに決まっている性格値消費のスタート地点


具体的に例を上げて説明します。

初期SEEDが112CECF0923F4756だとします。
これをbwseedlistに入力し、固定リストを出力すると、
 消費数,性格,シンクロ,性格値,色違い
 0,まじめ  ,×,1C0EC1EE,
 1,まじめ  ,○,7FD1129E,
 2,がんばりや,×,FCAD0995,
 3,ずぶとい ,×,058DF62C,
 4,なまいき ,×,B743DD99,
 5,むじゃき ,×,E3421A59,

このように出力されます。
そしてこの初期SEEDの時間に起動して、すぐ固定シンボルと戦闘すると
 0,まじめ  ,×,1C0EC1EE,
の個体が出るか?というと、この個体は出ません

実際に戦闘し、個体を見てみると
 49,いじっぱり,×,26DA8018,
この個体が出ます。

リストでは0から始まっていますが、実際はこのようにリストの50前後の個体が出ます
この、消費が始まるスタート地点のことをオフセットといいます
別の言い方をすれば、実際に個体値が決まるまでの強制消費数と考えてもOK

なのでリストを見るときはこのスタート地点から、いくつ消費すれば希望の固体が手に入るか
ということを考えながら性格値消費を行う必要があります。
bwseedlistではオフセットを入力する欄があり、そこにオフセット数を入力すると、
そのスタート地点が0になったリストが出力できるようになっています。

また、このオフセット(スタート地点)は初期SEEDによって違います
先ほどの初期SEEDでは49でしたが、他の初期SEEDだとオフセットは違う数値になります。
逆にいえば、同じ初期SEEDであれば同じオフセットであると言えます。
ただし、乱数調整の種類が変わると少しオフセットが変わってきますので、
 ・ 同じ乱数調整を行うならばオフセットは同じ
 ・ 同じ初期SEEDで違う乱数調整を行うならばオフセットが違うこともある

このオフセットが存在する都合上、新たに乱数調整を行う際は必ずこのオフセットを調べなければなりません

オフセットを調べる方法は2つ
 ①実際に消費0の個体、消費1の個体、消費2・・・の個体を調べ、
   リスト上から、出てきた個体の並びを探し、オフセットを特定する
 ②ツールを使用してオフセットを特定する


①は最も確実で信頼できるオフセット特定方法です。
実際に出た個体と、計算上出る個体を照らし合わせてオフセットを特定するのでほぼ確実です。
が、Timerズレという乱数失敗現象が起こるので、それも加味しないといけません
②はツールが初期SEEDから計算してオフセットを算出してくれます。
そのため誰が使っても同じ結果のオフセットを導くことが可能です。
しかし実際はゲーム内で何かしら消費が起こる可能性があり、
何かしらの消費が起こってしまった場合はそのツール通りいきません。

特にツールは自分で実際にやっていない分、失敗した時は原因究明が難しいですし、うまくいかないことがあります。
ですので、当ブログでは乱数調整の種類によって、これらのオフセット特定方法を使い分けることにしています。

例えばID調整では余計な消費が起こることがないので、ツール使用を推奨しています。
孵化乱数では不定期NPCによる消費が起こるので、実際の検証を推奨しています。

このように、乱数調整の種類に応じてツールによる計算と実機による検証を使い分けるのが賢い選択だと思います。

<ある程度乱数調整の経験を積んだ方へ>
僕も完全に理解できているわけではないので不十分な点がありますが・・・

そもそもオフセットは、計算で出るオフセット数が真のオフセットであると言えます。
現在まで普及しているオフセットの意味は、実機検証によって生じる消費の開始位置だと思われます
どの乱数でも、オフセットは初期SEEDから算出でき、変化することはありません。
例えば孵化乱数。
実機検証で特定されたオフセット数は、真の意味でのオフセットではありません。
孵化乱数においては、
 ツールで出したオフセット+強制消費+不定期NPC消費分+その他消費=現在の意味でのオフセット
というのが本当のオフセット算出になります

このように、真のオフセットは計算で出せるオフセット数のことであるということを頭の片隅においておくといいかもしれません。