続★日々のあれこれ

 日々のことをつづっていこうとおもいます  TOP、気分転換に変えてみました  

金華冰廳 (3)

ホテルから十分徒歩圏内にある 超人気の名物パン菠蘿油(=パイナップルパン)が
有名な金華冰廳。
菠蘿油とドリンクで朝ごはんでもしようかな~と行き、どれだ?とメニューとにらめっこ
そしたら、相席になったお兄さんが これだと 指さすんです
朝のセット32元(冷たいドリンクの場合は3元加算だったかな?)
金華冰廳 (2)
そして、注文をとりにきたおねえさん(おばさん)もこれだと指さし
さぁ、どれにする?あんたは何たのむのさ?と意気込んでいる風で
パイナップルパンと飲み物、、、、ってなんとなく言いだしづらくなり、
しかも、それほどめちゃ食べたいわけでもなかったし、
せっかく 二人から(親切に?)オススメを教えてもらったので
チャレンジすることにしました。

でてきたのが冒頭のモーニングセット

金華冰廳 (4)
そうだよね、かいてあったよね。出前一丁って・・・
おなかの調子が①いまひとつなんだけど、朝からインスタントラーメンって
どうなのよ?
出前一丁はトッピングがえらべて、雪菜肉操にしたので 想像とおりの
高菜と細切り肉なんですが でも、それだけじゃないんです。
ニンニクの粗みじん切りもそこそこ入ってるじゃ~~ん!!?
朝からニンニクってどうなのよ、香港人!?
・・・これ絶対オナカによくないよね、、、と引きながらたべてっみると、
あら、おいしい♪(笑)
朝の汁物って案外いいもんだし、
インスタントラーメンにニンニクいれるの結構イケルかも(朝はちょっとだけど)
と、思っちゃいました。
金華冰廳 (5)
ハムエッグ・ソーセージも、普通で悪くない。
で、のみものはアイスミルクティー。やっぱりここでも大容量なので
それはほとんど残しちゃいました。

金華冰廳 (1)
これは 別の日にテイクアウトした菠蘿油。これが超有名。
真ん中にバターがはさんであるんで、たべるとずっしりきます。
正直めちゃおいしいっていうほどでもないのだけど、なんか
行ったらたべとかねばっておもうのでした。

ネットで検索するとわんさかでてくるけれど、日本語のものは ごくわずかなのが不思議
ネットに掲載する人があまりいないというだけで、かなりの日本人(住んでる人?)は
知ってそうと思うの。もしかして、これ以上人気がでないように書いてないのか、、、
とさえ思う。。。でも書いちゃう。私のブログはアクセス数少ないから、大丈夫でしょ?

私が行ったときは10時。開店したばかりだったけれど、すでに3組のお客が。
午後にはうりきれるというから焦っちゃいました。
檸檬王 (2)
これがお店  箱型店舗 「盒仔檔」っていうんだそうです。
檸檬王 (4)
前に並んでいたお客と一緒に 試食もさせてもらい
目当ての甘草檸檬は おいしいとわかったのですが、
そのあと試食させてもらったのが、まずくてこっそり後ろ向いて吐き出しちゃった。
ごめんなさい。これは漢方寄りすぎる。なんだか聞いたのに あまりの衝撃的まずさ
に忘れてしまった。冬薑だったかな・・・いやその隣のだったかな・・・
檸檬王 (1)
おじさんに写真とっていい?ときいたら快くポースとってくれました。
檸檬王 (3)
これで150g 50HK$
中にレモンのドライフルーツのようなもの(甘い)のと、
オリジナルの甘草粉がはいっていて自分でまぜてたべるというもの。
私は甘草は使わず食べようとおもって買ったけれど、
この粉、くせがないのと、甘草ってのどによいの?てことで
いま、まぜちゃいました。あってもなくても味はあまりかわらないかも。

そういうのが好きな人にとって、これ自分のお土産にいいとおもいます
 あえて店の名前入れないのであとは画像をみて理解してください

蓮香楼 (5)
割と早く目がさめたけれど、ホテルの部屋でぐだぐだしてたら結構いい時間になってました

前回も行ったことのあるおじさん度高い蓮香楼です。
この前行ったから、なんとなく勝手もわかっているんで、どうしよ~かな~
なんて迷いつつ、なんとなく足が向いてしまったので入ります

蓮香楼 (1)
今回は 席に案内されたと同時に、ジャスミン茶が運ばれ、
しかも、店のおじいさんが、器も茶器も箸もぜーんぶ目の前で
洗ってくれて、はいどーぞ!みたいにしてくれちゃいました。
この前みたいに自分でやりたかったし、お茶もどうしようかな~なんて
かんがえてきてたんで聞いてほしかった気持ちもあるのですが、
ま、親切心からやってくれたんだから、ここはありがたく受け入れましょう。
蓮香楼 (4)
ワゴンがやってきたので見せてもらったけれど、
この中には好きなのがなかったので あっちのワゴンをみにいこっと。
蓮香楼 (2)
とってきた~~ 
これこれ、私、これがすきなの。
エビだけのもおいしいけれど、これだといろいろ入っているから楽しめるんだ。
・・・ってこの前のと同じだと思っていたら、違ってた。けどおいしかった。
蓮香楼 (3)
プリンを持っている人をみかけたので、探してもってきました。
温かいプリンは卵の味がする甘さ控えめなプリンでした。
隣の席には日本人女性2人組だったけれど、
これをみて「あ、ぷりんだぁ」と二人でひそひそ話していました。
私は日本語を一切しゃべらなかったから(ひとりで行ったから)、
もしかして日本人ってわからなかったかなぁ~。
そんなことないよね?同じ日本人だよ、わたし。

これで もうおなかいっぱい。
さっさと店を後にして、そろそろ10時になるところ。
檸檬王のお店が始めるころだ、いこ~っと!

ホンハムのスーパーで買い物をし、大荷物でホテルへ戻る途中
コンビニで部屋で飲むお茶とアイスを買いました
コンビニで (2)
ミロのアイス~~! アイスを食べる気なかったんですが
ふと目にとまってしまい、なんか元気がでそうな気がしてつい買っちゃった
コンビニで (3)
中はこんなかんじ。味はあのままですので、おいしいよ(笑)

コンビニで (4)
飲み物は無糖のお茶とフルーツジュース
キウィジュースもおいしいんです
お茶は見慣れたコレを、、、、、ん???
コンビニで (1)
津路って・・・・メーカーですか?
これ、ぜ~ったい あのメーカーに似せてません?? 
今はパッケージかわったけれど、、、あれとそっくりですよね?
ウーロンってカタカナで書いてあるし。
ま、無糖なので買っちゃいましたけどね。
これ旅行中2回か3回買ったような・・・なんか見慣れてるんですもん(苦笑)

文記 (1)

香港最初のごはんは 1日目の夕ご飯
行ってみたかった紅磡(ホンハム)街市2Fにある文記へ行ってきました。
この街市っていうか、熟食ってところに、とっても興味があったのです。
行ってみたい!たべてみたい!
誘惑に勝てず、食べきれなくてお残し前提で 思い切っていってみたらば、
わぁ!ひとがいっぱい!  一瞬ひるんだが、すんなり席に通してくれた。
おばちゃん店員に「ヤップンヤン?(日本人?)」ときかれたので うん!てうなずいた。
(入り口近くの末席の小さな席だが店員さんもそばにいるし、一人だから、
  初心者でびびりの私には ここがちょうどよかったかもって思う)
メニューとにらめっこ。決めているけど、それがどこにあるのかな~と探す
文記 (3)
飲み物はと、、、、アイスレモンティー(檸檬茶)にしようっと

文記 (4)
ここで食べてみたいのは、下から三番目「咕嚕肉」。
 さてなんでしょう?(答えはのちほどね)
「京都骨」ってなんだろう。ちょっと気になるわぁ~
文記 (5)
ここで頼むのは粥粉麺類の上から4つ目 瑤柱蛋白炒飯
 なんとなくイメージできるよね。でも、これが先にきめておかないとその場で
すっと頼めないものなんですよ(私はね)
文記 (6)
これは下から5番目のなんちゃら四季豆。
他にも食べてみたいものがあるんですが、
これでも十分多いので今回はこれだけにしました

文記 (7)
ってことでアイスレモンティー 香港はレモンの分厚いスライスがたっぷり
入っていて、それをガシガシつぶして飲むんだそうです。
ワイルドだわぁ~
文記 (8)
頼んだお料理がそろいました! すごい量です。 一人で宴会だよ、こりゃ・・
文記 (10)
そう、酢豚なのでした。
日本にいてもほとんど食べない酢豚なんですが、たのんでみたかった
クセなく甘さも丁度よくおいしかった~
文記 (9)
ほぐした貝柱と卵白のチャーハンかな?
青いのは瓜かキュウリか?これがポリポリアクセントになって
今までにないチャーハンでおいしかった。
文記 (11)
この前 中華街でたべたものと似ている、いんげんいため!
おいしい。インゲンが前より好きになりました
インゲンってこの食べ方が一番おいしいかも!

この3つ、交互に食べると、止まらないんです。食魔のトライアングル~~
だけど、一人旅、ここで食べすぎたらやばいとおもい
ある程度食べて満足したところで 食べるのをやめることができました。

お会計はわかるように 60×3+15=195HK$ (約2925円)
一人で食べても2人でも3人でもあまり変わらない合計金額だと思う。
一人だと 決して安くはないけれど
日本でこれだけ食べること考えたら安いし、全部おいしかったので満足です♪

お店のひとも、かんじわるくなかった(思ったより親切だったような)
次は数人で行きたいな。
文記 (2)
 よく考えたら海鮮飯店だったからチャーハンにちょっと貝柱はいってたけど
 海鮮をたのむべきだった?(ま、いっか 笑)


このあと近くの激安スーパーへ(と私は呼んでいるが 正式名は家興超級市場
宿近くのスーパより安いものはこっちで購入
ほとんどこっちの方が安いため、大荷物になってしまったけれど
安く買えてニンマリしながら帰りました。
スイーツやさんもいきたかったけれど、おなかもいっぱい、荷物もいっぱいであきらめました


文記海鮮飯店 紅磡
 前回は紅磡にいくのに、旺角東駅から電車?で紅磡へいきましたが、
 今回はMRTで黃埔站までいき歩きました(地下鉄のびた?まえからあった?気づかなかったな) 
 こっちのほうが近いかも。

バックパッカーの聖地だとか、悪の巣窟とか、いろいろうわさが絶えない重慶マンション
ですが、両替のレートがいいことでも有名なので怪しげな色の黒い人がいっぱいいる中、
バックをしっかり手で押さえながら両替に1回は行きます。
びびりながらも、しっかりレートをチェックしてよさげなところを探します。
重慶マンション
今回は2F(香港でいう1F)のこのお店で両替しました。
ドアを閉めた中で両替するので、通路でそのまま両替するより気持ち安心できます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

両替が済んだらさっさとここを離れ、上海街へ行くことにしました
ここは合羽橋のようなところです。目当ては型抜きです。
あった~~!!
上海街 (2)
こんなのがうじゃーってあるんです
隆さんとかいたら、型抜きありますよ~
福もあるから福ちゃんにいいかもね!
東とかもあったので東さんもいけるでしょう
上海街 (1)
中央にいるタヌキや猿、にわとりが気に入りました。
クッキーというより野菜の型抜きにしか使えそうもありませんが
なんとなく記念に1つだけ買って帰ることにしました

ほか、製菓材料店ではクッキー型を1つだけ買いました。結構安かったです。

あと、この日は買わなかったのですが、最終日にもう一度この通りを通ったときに
煲仔飯をみつけ、安さに思わず買っちゃいました。

他にも食器とか、鍋とか包丁、まな板とかあるので好きな人は楽しいと思いますよ
そういえば初めて香港にきたとき、この街で中華包丁買って帰り野菜を切るのに重宝
してました。あれはいまどこにあるんだろう・・・実家にあるのかな~

ホリデー
2年ぶりの香港へいってきました
冒頭の画像はスタンレーにいったときの海の景色です。
香港島の栄えているほうの裏側は、バスで30、40分ほど乗るとこんな
穏やかな風景になります。(海沿いの店は欧米風で観光地化されていますが・・)


今回は2日早く一人で香港入りし、3日目にみんなと合流→5日目朝飲茶したら
一人で先に帰国というスケジュール

で、羽田からANAでいくことにしたのですが、
飛行機のドアが閉まり、動き出した途端 油圧がなんちゃら、、、で、
私たち乗客の乗せたまま飛行機は戻って整備となりました
座席についたまま待つこと1時間半? 松山千春はいなかったので歌はなし。静かでした。
旅行数日前から寝不足が続いていた私は、眠くて飲み物のサービスも気づかず
熟睡してしまいあまり苦痛ではなかったです。
結果2時間遅れの到着となり、少し予定がくるっちゃいました。
無事到着したからいいけれど、 こんなこともあるんですね~~

さ、前回残っている香港$で SIMカードとオクトパスカートを買ったら
バスでホテルへ向かいます
香港SIM
SIMカードは空港内の1010SHOPにて購入。
今回は4泊5日なので5日間88HK$を購入(約1320円)
最初8日間118HK$を渡されたので5日間のはないの?と言ったらだしてくれました。ホッ
 初期設定不要。カードを交換すればよいだけでした
オクトパスカード
オクトパスカート 150HK$ (うち50HK$がデポジット)(約2250円)
  いわゆる香港版スイカ(パスモ)みたいなもの
香港A21
私の泊まる宿の目の前がA21のバス停なのでA21にてホテルへ向かう
たぶん33HK$でした(約495円 やすぅ)

ホリデー2

旅に出ています

毎日おいしいものたべて 足はクタクタ でも元気です

ホリデー

足はクタクタ 心はピカピカ

ただいま 国外逃亡中~~ 

アクアリウムその1 (2)

終わってしまったので、今更ながらなの記事ですが
9月半ばに日本橋で開催されていたアクアリウム2017にいってきましたアクアリウムその1 (3)
はじめて行ったのですが、幻想的でキレイでした
アクアリウムその1 (4)
キレイだし写真もOKなんだけど、
これだけの数の金魚の寿命はどうなっちゃうのかな?とか
金魚にとってこの照明は大丈夫なの?とちょっと心配になる気持ちも・・・

アクアリウムその1 (6)
しかし、ここまできれいに鑑賞できるなんてすごい

アクアリウムその1 (1)
呼吸できてる?と思っちゃう

アクアリウムその1 (5)

アクアリウムその1 (7)
江戸切子の鉢が素敵だったりして・・
アクアリウムその1 (8)
これはアクアリウムの ほんの初めの部分です。

ネタ切れなので、もう一回くらいアクアリウムの画像をアップして
ごまかそうかな~なんておもっています(苦笑) その際は ご了承ください。

↑このページのトップヘ