画像au1 133

<幸せのはじまり”扉”>

「求めなさい

そうすれば、与えられる

探しなさい

そうすれば、見つかる

門をたたきなさい

そうすれば、開かれる 」

(ルカ11・9)

人間の悲しみや苦しみは、私たちにとって、

神さまの神秘を知る大きな意味があります。

この世は、悲しみの旅、苦しみの旅であり、

涙の谷を乗り越えて、強く生きてゆくためには、

神さまの愛と救いが必要 であります。

マリアさまは、悲しみの母であり、苦しみの母で

あります。

イエスさまの母となって、人間の救いに協力される

ために、大きな苦しみと大きな悲しみを体験され

ました。マリアさまの悲しみは、人間のどんな悲しみ

とも比較にならないものです。

ですから、人間の苦しみや悲しみを優しい心の母 と

して、理解して下さっているのです。

マリアさまの愛と救いに寄りすがりましょう。

マリアさまは、神さまの救いに導いて下さる

幸福の女神であります。

人間の不幸感を本当の幸福に導いて下さる

ただお一人の方であります。

マリアさまに愛と救いを求めて

マリアの家 、ルルドの泉にいらっしゃい。

天使